THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都国立国際医療研究センター病院

〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1

03-3202-7181(代表)

個室病棟(2016年入職)
伊 美恵さん
埼玉県出身

この病院のナースを見る

伊 美恵さん

坂爪 みどりさん

伊 美恵さん

先輩の実践を見て実感した
看護の力。
ジェネラリストとしての力を養い、
その人らしい生活が送れるよう
支援したい

一つひとつの行為が命につながる。
日々感じる責任の重さとやりがい

 現在、さまざまな疾患を持つ患者さんが入院する個室病棟で勤務しています。
 当院は救命救急センターがあり、私の病棟でも急性期の患者さんを多く受け入れています。どのような状況で入院された患者さんでも、入院時から退院を見据えてのかかわりを大切にし、退院後、その人らしい生活に戻れるよう支援に取り組んでいます。
 入職直後は先輩と一緒に患者さんの訴えを聴き、症状を観察して患者さんにとってよい看護とは何かを考えながらかかわっていました。緊急で入院した急性期の患者さんとのかかわりでは、病状の変化を捉えてどのような急変にも対応できる力が大切だと感じました。また、先輩の看護実践から学ぶことも多く、私たちの判断一つひとつが患者さんの命につながっているのだと、責任の重さと大きなやりがいを感じます。
 入職2年目、若い末期患者さんの接し方で悩んでいた時、先輩たちは何気ない会話から患者さんの苦痛や不安を聴き受容しながら安楽な体位を工夫したり、苦痛を和らげる方法を患者さんと相談しながら行ったりしていました。すると患者さんの気持ちも和らいだのか、「家に帰りたい、頑張りたい」という思いが聞かれたのです。そのかかわりを見て、話を傾聴し、思いを受容しながらケアを行うことの重要性を学ぶとともに、看護の力を強く実感しました。
 看護は幅広い知識や技術が求められるので、多くの研修・勉強会に参加し、どんな患者さんにも対応できるジェネラリストとしての力をつけられるよう頑張ります。

先輩と点滴をダブルチェック。「注意が必要な薬剤は先輩が事前に教えてくれるので安心です」。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東67% 九州・沖縄10% 中部6% 近畿6% 中国・四国6% 東北4% 北海道 1%
2017~2019年入職の当院ナース

優しい先輩と同期との強い絆。
温かな人間関係が築ける職場でキャリアアップ

長野県出身
9F西病棟
石川 結花さん

 現在、副看護師長としてスタッフへの指導や師長代行などを行っています。
 私も上京したばかりの頃は、右も左もわからず大きな不安を抱えていました。しかし、同期も同じ状況とわかると私一人じゃないと思え、前向きになることができました。入職後は先輩たちの温かなサポートに救われ、同期とはずっと励まし合ってきました。7年経った今でも忌憚なく話ができる同期は強い味方。新たな目標に向けての大きな力になっています。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 伊さんは患者さんの生活背景を把握し、在宅療養を困難にする問題を看護の視点から考え、その人に必要なケアの提供を心がけている。
  • 精神科病棟でも心のケアだけでなく、たくさんの看護技術が学べるため、勉強になり看護の幅が広がると考えている。
  • 新人の頃、落ち込んだ時に患者さんや家族から励まされ、多くのかかわりの中に看護のやりがいを感じて頑張っている。
  • 「患者さんの状態が良くなったのを見るのは大きなやりがい。現場で活躍できる認定看護師にも関心を持っています」。

この病院のナースを見る

伊 美恵さん

坂爪 みどりさん