THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都国家公務員共済組合連合会 虎の門病院

〒105-8470 東京都港区虎ノ門2-2-2

03-3588-1111

【掲載中】特集ページ「看護部長インタビュー」
混合病棟(2016年入職)
松山 悠紀さん
大阪府出身 京都大学卒業

この病院のナースを見る

松山 悠紀さん

草部 友香理さん

松山 悠紀さん

看護は奥が深く
正解はひとつではないけれど、
根底にある「患者さん中心の看護」
を大切に、
患者さんとの信頼関係を構築する

幅広い疾患の知識・技術を身につけ
プライマリ・ナースとして成長したい

 入職後はICUに配属され、今年から混合病棟に異動。病棟では、あらゆる疾患・年齢層に対応するため、さまざまな看護が求められます。同時に患者さんが安全に確実に治療を受けられるよう、個々のニーズに合わせた対応が必要となります。
 以前、白血病の女性の患者さんをプライマリ・ナースとして受け持ちました。余命数週間という時、ご本人は気管内挿管せず穏やかに過ごすことを選択しました。朦朧とした意識の中、「どのくらい生きられるか」と聞かれました。告知はできない状況だったため「早くよくなってほしい」と伝えたところ、ご自身で余命を察したのか「ありがとう」と返事をされました。その数日後に亡くなられましたが、その時の対応について悩みました。患者さんとの関係性も築けていたため、その気持ちに正直に向き合いたいという思いもありました。
 その後、先輩からフィードバックを受け、さまざまな視点から意見をもらいました。患者さんにとって何が最善かという正解はひとつではないこと、「患者さん中心の看護」の難しさを改めて実感した事例でした。
 看護は奥が深く難しい仕事ですが、正解がないことも魅力であると感じています。個々の考え方も異なりますが、「患者さん中心の看護」という根底にあるものは変わりません。患者さんがどうしたらよくなるか、その思いに近づけるかを、常に考えて看護に取り組んでいます。今後は幅広い疾患の知識や技術を身につけ、プライマリ・ナースとして成長することが目標です。

プライマリ・ナーシングでは、責任を持って自分が受け持つ患者さんのケアプランを立てている。入職当初は患者さんのケアプランを立てることができなかったが、現在は患者さんやご家族から情報収集を行い、話し合いを重ねてプランを立てられるまで成長した。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東53.3% 中部12.6% 東北10.0% 近畿6.7% 九州・沖縄4.7% 中国4.7% 北陸4.7% 北海道3.3%
2019年入職の当院ナース

プライマリ・ナーシングと充実した教育制度。
私の求めるものがここにありました

愛知県出身 血液浄化療法室
小嶋 柚稀さん

 当院に就職を決めた理由はプライマリ・ナーシングを行っていることと、教育体制の充実でした。初めは配属された部署に同期がいなくて不安でしたが、先輩たちが仕事だけでなく生活面も気にかけてくれて不安が軽減。いつでも相談しやすい環境があるお陰で、安心して仕事に取り組めました。
 今後は、ナースとしての知識や技術を磨くとともに、「患者さん中心の看護」とは何かを考え、プライマリ・ナーシングを実践できるナースとして、成長したいと思います。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • これまで新人として指導を受けてきたが、現在はリーダーの役割についても学んでいる。
  • 退院されるときに、患者さんやご家族から感謝の言葉をもらえたときは、やりがいを感じる。
  • 銀座や赤坂、六本木といった街にほど近い好立地が魅力の本院。
  • 渋谷、自由が丘、二子玉川、南町田アウトレットに便利な立地。緑も豊かな環境にある分院。

この病院のナースを見る

松山 悠紀さん

草部 友香理さん

Special Topic 1

このページにも掲載中!

特集【看護部長インタビュー】を読む