THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-3762-4151(代表)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-22-36
03-3468-1251(代表)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
043-462-8811(代表)
【掲載中】特集ページ「教育研修制度」
大森病院 特定集中治療室(2018年入職)
三島さん
長崎県出身 長崎大学卒業

三島さん

専門看護師・認定看護師などの
スペシャリストと、
いつも支えてくれる先輩から
「心によりそう看護」を
学んでいます

ICUからの早期離床で回復を促す。
患者・家族の立場に立ってケアを考える

 高校の頃から救命救急に興味があり、ERのある当院に入職しました。配属されたのはICUで、高度な医療機器が多く薬剤も多岐に渡り、最初はとにかく緊張と不安ばかりで、自分には対応できないと落ち込んでいた時期がありました。そんな私を見た先輩たちが気がねなく話す機会を設けてくれ、つらい気持ちを聞いてくれました。いろいろなアドバイスをもらい、支えてくれる先輩がいるという安心感が生まれ、仕事を頑張ることができています。
 ICUには専門看護師や認定看護師、さまざまな資格を持った先輩が多くいます。いつでも相談をすればたくさんのことを教えてくれます。院内で開催している勉強会にも積極的に参加し、学びを深めています。できることが増え、仕事が楽しいと思えるようになりました。
 ICUでは侵襲の大きな手術後の患者さんも多く、人工呼吸器が装着されたり、さまざまな管が挿入されています。先輩たちは、そのような患者さんに対しても、早期からの離床を促すために医師、理学療法士などの多職種と連携し、患者さんの回復過程を促進させる看護を実践しています。そうした先輩たちの看護を見習い、自分も患者さんにケアできるよう取り組んでいます。
 また、鎮静下にある患者さんも多く、表情やモニターのバイタルサインの変化に注意し、患者さんからのサインを見逃さないように心がけています。面会に来られるご家族の方々にも注意を向け、患者・家族の立場に立って考えられる看護師になりたいです。

急性・重症患者看護専門看護師の山田さん(左)に、人工呼吸器の管理について指導を受ける。専門看護師や認定看護師といったスペシャリストから、日常業務の中で直接指導が受けられる恵まれた環境にある。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東50.0% 北海道・東北20.8% 中部12.9% 九州・沖縄10.3% 近畿・中国4.3% 四国1.7%
2019年入職の当院ナース
※新卒本校生除く

休日はリフレッシュも兼ねて
さまざまな場所に出かけ東京を満喫

長崎県出身
大森病院 特定集中治療室
三島さん

 東京で初めての一人暮らし。環境が一変するため、うまくやっていけるか入職前は不安でした。でも、東京に出たいという気持ちが強かったのですぐに東京の生活にも慣れて、楽しく過ごしています。また、大森病院は空港へのアクセスが良いので、長崎への帰省時にとても便利です。
 仕事でつらいことがあった時や夜勤後は、気持ちを切り替えるためにいろいろな場所へ出かけます。同期と外出することでリフレッシュでき、精神的な支えにもなっています。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 心電図モニターの波形をチェック。スキルアップのための資格取得を目指し、目下勉強中。
  • 森師長補佐(右)にわからないことを確認してメモを取る。できないことばかりで落ち込んでいる末若さんに、師長をはじめ病棟の先輩みんなから声をかけてもらえたことで、つらい時期を乗り越えられたという。
  • 看護技術は臨床で必要になる頃に研修で学べるよう設定されている。
  • チーム医療の研修では、入退院支援部門を見学し、入院前支援の面談の仕方や退院支援に向けてのカンファレンスなど、病棟看護師としての役割を学ぶ。

Special Topic 2

このページにも掲載中!

特集【教育研修制度】を読む