THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

神奈川県北里大学病院

〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

042-778-8111

集中治療センター RST・RRT室(2007年入職)
小山 明里さん(左)
新潟県出身 北里大学卒業

小山 明里さん

災害発生、多数傷病者に備えるため
チームで力を合わせ活動する。
DMAT隊員としての喜びとやりがい

DMATの活動、平時の病院防災、
RST・RRT室の業務、今はどれもが楽しい

 私はGICU7年、RST・RRT室1年、救急病棟・救急外来に4年間勤めた後、2019年から再びRST・RRT室に配属になりました。DMATに入ったきっかけは、災害医療に興味があったこと、救急病棟・救急外来時の師長がDMAT隊員として活動している姿に惹かれたこと、そして何よりも、ひとつの目標に向かいチームで協力して取り組むことが好きなので、災害時や多数傷病者に対し皆で力を合わせて対応、支援を行いたいと考えたからです。
 普段はRST・RRT室の専従スタッフの役割を果たしながら、DMAT 隊員としても活動し、県や国が行う訓練や技能維持研修を受けています。さらには災害対策リンクスタッフとして対策や企画を行う平時の病院防災に取り組むなど、日常業務は多岐に渡ります。
 私は隊員になって4年になりますが、DMATは隊員になっても、災害現場への出動が、日頃より頻繁にあるわけではありません。これまで国内での災害発生時、いつでも出動できるよう準備をして待つという「出動待機要請」を受け、待機したことは何度もありますが、実際に現場へ出動したことはまだありません。
 当院は災害拠点病院なので、災害時に病院機能を維持できるようにすることと、多くの傷病者を受け入れる対応力が必要です。近隣で発生した多数傷病者現場に出動し、負傷者の受け入れを行う場合もあります。こうした有事に備え、常に準備と訓練を怠らないようにすること、加えて院内スタッフの災害への意識を啓発することも大切な業務です。DMATはむしろ地道な活動と言えます。
 しかし、このような活動も私にとってはとてもやりがいあるもので、院外の訓練では気づきも多く、DMAT活動と日常業務の全てが刺激となっています。今は日々、自分のできることを一生懸命に頑張ろうと思っています。

災害対策リンクスタッフの一員として、
院内に災害対策の意識を根付かせたい

 当院では、災害医療の取り組みとして、4年前に災害対策リンクスタッフ会が結成され、各部署に災害対策リンクスタッフを配置しています。
 この会では、看護師だけでなくメディカルスタッフも対象にした院内災害研修を開き、DMAT隊員が講師を務めます。リンクスタッフが研修で学んだことを各部署に持ち帰り、災害時に何ができるのかを常に意識してもらえるような動機づけを行っています。
 こうした働きかけが実を結び、各部署のスタッフは、災害時に何を優先させるのか、どの業務を削るのかを考え、災害モードにおける看護ケアについて、あらかじめ考え備えています。スタッフに災害への備えの意識が根付いてくると、さらにやりがいを感じます。
 災害医療に興味があれば、どの部署にいても、どの職種でも自分の得意分野で力を発揮することができると思います。ぜひ当院で、自分なりのDMAT隊員を目指してほしいです。

出動時物品を点検する。
北里大学病院のDMATは28名。医師と看護師、薬剤師や理学療法士、臨床工学技士、事務職員でチームを編成する。
DMATスタッフと一緒に。現在北里大学病院のDMATは28名。医師と看護師、薬剤師や理学療法士、臨床工学技士、事務職員でチームを編成する。

急性期だけが災害医療ではない。
DMAT の看護師には自律性が必要

 最近「災害医療に興味があり、DMAT隊員になりたい」という新人が増えてきました。DMAT隊員になるために救命救急病棟を希望する新人が多いのですが、急性期だけが災害医療ではありません。むしろ中長期的な対応が求められることが多いです。
 DMATの看護師は自律した看護師であってほしいと思います。災害時の混乱している時に、指示がなくてもある程度求められることを実践できる看護師、必要な報・連・相を行い、自分を律して行動することが求められるからです。そのためにも、まずは毎日の看護実践が重要です。日頃できないことは災害時にもできないので、自律した看護師を目指して、日々研鑽を積んでください。

看護管理室 DMAT隊員養成研修インストラクター
梶山 和美さん

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 小山さんは今年からRST・RRT(呼吸療法サポートチーム・急変前に対応する初動チーム)室の主任を務める。「この人に相談すれば、きっと解決してくれると言われるような主任を目指したい」。
  • ユニフォームの背中には、「DMAT Logistics Team」と書いてある。これは本部機能をサポートするチームで、主に情報収集や各関連組織との連携体制構築などを行う。ロジスティック研修を受けた人しかなれない上級の資格である。
  • 新人看護師集合研修―みんなでグループワーク
  • 新人看護師集合研修―多重課題シミュレーション
  • シナリオを用いたフィジカルイグザミネーション研修
  • 2019年度入職看護師部署別集合写真