THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都慶應義塾大学病院

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

03-5363-3719(看護部)

【掲載中】特集ページ「チーム医療」
消化器クラスター病棟(2016年入職)
Sさん(左)
埼玉県出身 慶應義塾大学卒業
消化器クラスター病棟(2019年入職)
Dさん(右)
福岡県出身 福岡大学卒業

Sさん、Dさん

個々の自律と成長を支援する
「発達モデル」に応じた研修を
受講することで、
ジェネラリスト・ナースとしての
基盤を築く

集合研修で習得した知識と技術を
臨床での看護実践につなげる

S 就職を決める際、何を基準に選択しましたか。

D 地元の病院も検討しましたが、最先端の医療を学べることと、個々のペースに合わせて、ジェネラリスト・ナースとして成長できる環境がポイントでした。

S 当院では「発達モデル」を用いて、自律したジェネラリスト・ナースの育成に取り組んでいます。経験年数ではなく、成長の目安として位置づけているもので、自分のペースで成長できることが魅力です。参加した研修で役立ったものはありますか。

D 基礎看護技術研修での輸液ポンプの扱い方や皮下注射などは、臨床現場ですぐに活用できました。研修前にe-ラーニングで技術の流れを確認できたので、スムーズに受講できました。また、クリニカル・シミュレーションラボでの自主トレーニングは、指導者のもとで復習を行えるため、技術が確実なものになりました。

S Dさんは、徐々にできることが増えていき、技術も着実に習得しています。病棟ではプリセプターだけでなく、チーム全体で新人を育てる環境が整っていますが、先輩たちからの指導はどうでしたか。

D 疑問点はプリセプターにすぐに確認できたので安心でしたし、病棟全体で見守ってもらえ、さまざまな視点からのアドバイスを受けられたことで視野が広がりました。皮膚・排泄ケア認定看護師の方とストーマのある患者さんのケアを行う機会があり、患者さんに合った装具の選び方や自宅での自己管理の指導方法など、専門性の高い知識・技術を学べたことが印象的でした。

S 実践で専門・認定看護師から、専門的なスキルを習得できるので、自己の学びを深められる環境があります。

急性期でも入院時から
退院を見据えた看護が必要

S 患者さんとのかかわりの中で印象的だったことはありましたか。

D 手術後、食事が摂れなかった患者さんが、流動食から普通食になるまで回復し、退院後の生活指導までの過程にかかわることがありました。患者さんから「あなたに一番お世話になった」と言われたことはとても嬉しく、印象に残っています。

S 患者さんとの関係も良好なようですね。術後の急性期の患者さんに入院時から退院を見据えた看護を行うことは大切です。では最後に今後の目標はありますか。

D 消化器疾患の知識・技術を身につけ、手術後の患者さんに起こりうるリスクを考え、合併症予防に努めることです。患者さんの退院後の生活を見据えた看護を実践できる看護師になりたいと思います。

S Dさんは、患者さんの気持ちに寄り添った看護が実践できているので、成長を感じています。今後は日々、患者さんに接する中で、「いつもと何かが違う」という疑問を大切にしてください。そのためには、患者さんと向き合う時間を持つことがとても重要です。私自身の目標は、リーダーナースとして、チーム全体をまとめる力をつけ、看護の質的向上を目指すことです。今後もチーム全員で、患者さんによりよい看護を提供していきましょう。

ベッドサイドで酸素流量計の準備についての指導。疑問点もすぐに解決できるので、正しい知識・技術を習得できる。生命に直結したケアのため、細心の注意が求められる。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東57% 九州17% 東北9% 中部9% 近畿4% 四国2% 沖縄2%
2019年入職の当院ナース
※内部生を除く

周囲のスタッフや同期、友人に支えられ、
目標に向かって頑張っています

脳神経外科病棟
富山県出身
Mさん

 当院を選んだ理由は長い歴史があり、教育環境が整っていることでした。
 大学時代の友人は地元で就職した人が多かったため、入職当初は寂しさを感じていました。しかし、友人が東京まで会いに来てくれたり、遊ぶところもたくさんあったりで今は楽しく生活しています。
 病棟ではプリセプターだけでなく、スタッフ全員から指導してもらえているので安心でした。同期も大切な存在で月に1度同期会を開き、悩みを相談しています。今後は脳神経領域の学びを深めることが目標です。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 病棟でのカンファレンス。医師をはじめ他職種との連携もスムーズで、医師にも質問しやすい風通しのいい環境がある。Dさんも積極的に意見を述べられるまで成長した。
  • 病棟薬剤師からは、薬剤の種類、投与量、投与方法などを学べ、疑問がある場合は確認できる環境がある。患者さんの情報共有など、連携もスムーズに行われている。
  • 初めてのプリセプターだったSさんは、できている部分をフィードバックすることを心がけたという。Dさんは、プリセプターは頼りにできる存在だったという。休憩時間はプライベートの話でリラックスしている。
  • 電子カルテを見ながら、医師に患者さんの対応について相談する。

Special Topic 3

このページにも掲載中!

特集【チーム医療】を読む