THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都東京都立病院

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎24階南側

03-5320-5821

【掲載中】特集ページ「看護部長インタビュー」
松沢病院 精神科・急性期病棟(2014年入職)
手島 海里さん
北海道出身 名寄市立大学卒業

この病院のナースを見る

岩崎 友香さん

手島 海里さん

田中 里紗子さん

患者さんと
時間をかけて向き合うことが、
本人の持てる力を
引き出すことにつながる

多職種によるチーム医療で
退院に向けたサポートを行う

 私は精神科急性期の男性病棟に勤務し、統合失調症、うつ病、強迫性障害などに罹患した患者さんに看護実践しています。患者さんは、幻覚や妄想をはじめ強迫観念や強迫行為など多岐にわたる精神症状を抱えながら、入院生活が長期化してしまうこともあります。
 以前、担当した統合失調症の患者さんは、看護師への暴言・暴力などの問題行動があり、私は何度も面談したのですが行動変容が見られず、どのようにかかわればよいか悩んでいた最中に転院されました。後日、「手島さんのおかげで入院生活を乗り越えられた。今後は自分の未来に向けて頑張りたい。時間をつくってもらい、すみませんでした」といううれしいメッセージが届きました。時間をかけて向き合い続けたことが、患者さん自身の気づきや強みを引き出す結果につながったのだと実感しました。
 精神障害者が安心して地域で生活するためには、多職種が協働して患者さん一人ひとりの課題を共有し退院支援することが重要です。私は、患者さんに最も身近な担当看護師としてチーム医療の中心的役割を担い、患者さんの意思が尊重されるように、地域の訪問看護師や福祉の方々と一緒に関係者会議に参加しています。また、入職5年目からは教育委員として、院内研修の企画・運営や部署の後輩育成に携わるようになり、自分自身が成長していることに気づけました。将来はさまざまな部署を経験し、精神科看護の専門性を高めていくことを目標に、看護実践の幅を広げたいと思います。

「何事も患者さんのせいにしてはいけない。自分自身が変わったら、できることは必ずあるはずだ」という先輩からのアドバイスを胸に刻んでいる。
自宅への退院が難しい患者さんは、施設やグループホームなど、必要なサポートを考えていく。

この病院のナースを見る

岩崎 友香さん

手島 海里さん

Special Topic 1

このページにも掲載中!

特集【看護部長インタビュー】を読む