> 東京都立病院(新田 美穂さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都東京都立病院

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎24階中央

03-5320-5821

Special Topic 1 このページにも掲載中!「看護部長インタビュー」を読む
神経病院 ALS、パーキンソン病、多系統萎縮症等神経難病病棟(2018年入職)
新田 美穂さん
東京都出身

この病院のナースを見る

写真

田中 麻里菜さん

写真

新田 美穂さん

写真:新田 美穂さん

言葉で表現することが難しい患者さんの
思いをくみ取り、笑顔が生まれる一端を
サポートすることが看護の醍醐味

患者さんの人生や生活に寄り添い、
よりよいものにすることが役割

 入職の決め手は、実習でカンファレンスを見学した際、意見交換を活発に行い雰囲気がいいと感じたことと、インターンシップで摂食嚥下に興味があることを話したら、認定看護師の活動の様子を見せてもらえたことでした。
 病棟での日常業務は、血圧測定、清潔ケア、点滴、食事介助、人工呼吸器患者さんの看護など多岐にわたります。
 言語でのコミュニケーションが難しい患者さんに対しては、文字盤を用いて対話することもあります。個人によって言葉の使い方、目線の合わせ方などが異なるため、日々の患者さんとの積み重ねが大切です。初めは患者さんが伝えようとしていることを理解できませんでしたが、患者さんの生活のリズムを考え、そのとき望んでいることを分析した結果、呼吸器を装着した患者さんから「文字盤を読むのが上手だね」と言ってもらえました。患者さんの気持ちに寄り添えた喜びを感じました。
 神経難病は、完治には至りませんが、生活介助を行う中、笑顔で「今日は楽しかった」と、患者さんが満足されたときにやりがいを感じます。患者さんの人生や生活をよりよいものにすることが、神経難病看護の醍醐味だと思います。
 当面は基礎コースを終了し、根拠と自信を持って看護が行えることが目標です。そして将来は、興味のある摂食嚥下の領域の専門知識や、援助的コミュニケーションスキルを習得したいと考えています。

写真
プリセプターをはじめ、病棟全体で新人を支えている。師長にもいつでも相談できるので安心。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                不安や悩みを抱える妊婦さんに寄り添った看護を実践するスタッフ。チーム全体で常に情報を共有できる環境がある。
  • 写真:
                慢性期病棟でも、看護師に必要な基本的看護技術を習得できるので安心して成長できる。
  • 写真:
                病棟での専門性の高いケアとともに、ジェネラルコースのがん研修では、多角的視点から知識を学ぶことができる。
  • 写真:
                病棟では看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーのほか、保育士との連携も重要となる。

この病院のナースを見る

写真

田中 麻里菜さん

写真

新田 美穂さん

Special Topic 1

このページにも掲載中!

特集【看護部長インタビュー】を読む