> 順天堂大学医学部附属浦安病院(佐藤 楓さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

千葉県順天堂大学医学部附属浦安病院

〒279-0021 千葉県浦安市富岡2-1-1

0120-876-222

循環器内科、心臓血管外科病棟(2018年卒業)
佐藤 楓さん
岩手県出身 花巻高等看護専門学校卒業

この病院のナースを見る

写真

田川 美紗さん

写真

佐藤 楓さん

写真:佐藤 楓さん

日々の看護実践の積み重ねの中で、
先輩から専門的な知識・技術を習得。
1年間で大きく成長できる環境がある

患者さんの異変を見逃さない観察力と
早期対応が求められる現場

 就職先は地元か関東圏か迷いましたが、先輩から初めは最新の医療を学べる環境がいいとのアドバイスを受け、当院のインターンシップに参加。看護師だけでなく医師や他職種との連携もよく、明るい雰囲気だったため就職を決めました。
 病棟では新人教育支援初級者の先輩だけでなく、スタッフ全員で親身に指導してもらえる体制があります。いつも気にかけ声をかけてくれ、1日の終わりに一緒に振り返りを行い、不安なことはないか気遣ってもらえているので心強く感じています。
 循環器疾患では心電図を読むことが欠かせません。初めは正しい波形しかわからない状態でした。その後少しずつ理解できるようになり、この波形は異常ではないかと質問できるようになったり、普段と異なる変化があれば、すぐに状態を確認したりするようになりました。
 現場では、患者さんの細かな異変を見逃さない観察力が求められます。患者さんが「背中が痛い」と訴えたら心疾患などの疑いもあるため、いつから、どのような痛みを伴うかを確認し、すぐに医師に報告することも看護師の役目です。患者さんの一言が、重大な疾患につながる場合もあるため、異常の早期発見と早期対応が重要だと感じています。
 まだ、患者さんを表面的にしか見られていませんが、今後は患者さんの全身状態を深く観察できる知識や技術を養うとともに、患者さんの思いをくみ取れる看護師として成長したいと思います。

写真
常に患者さんの目線に合わせ、自分の姿勢を調節して会話を行うことを心がけている。

「全国から集まる先輩ナースたち」ハイリスク分娩を学べる病院で幅広い看護力を身につける 大学病院は緊急搬送にも迅速に対応でき、ローリスクからハイリスクまで幅広い看護を行えることが魅力的でした。知り合いのまったくいないところで社会人生活をスタートさせるのは少し不安でしたが、先輩方のフォローや同期と励まし合っていける環境があったので乗り切れました。現在、助産師として活動中。入職後に取得したNCPRの資格も生かし、妊婦や患児に寄り添った看護を提供したいと思います。[出身地内訳2019年入職の当院ナース]関東29% 九州・沖縄16% 東北13% 中部13% 北海道11% 中国11% 近畿4% 四国3%

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                全診療科に対応するため、術前術後ケア、ターミナルケアなど、さまざまな知識と技術が求められる。
  • 写真:
                先輩からの励ましがあったので、落ち込んだときも乗り越えられたという。
  • 写真:
                医師や看護師が直接現場へ出向き、救命率の向上を図る。
  • 写真:
                平成29年7月に新棟がオープンし、施設や機能がさらに充実した。

この病院のナースを見る

写真

田川 美紗さん

写真

佐藤 楓さん