> 東京都立病院(岩間 未央さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

駒込病院 消化器内科、膠原病科、放射線科(2014年入職)
岩間 未央さん
千葉県出身 東京都立荏原看護専門学校卒業

この病院のナースを見る

岩間 未央さん

安生 健太さん

がんと感染症の専門病院ならではの
看護を提供。
患者さんやご家族のそばに寄り添い、
身体面・精神面を支えることが
ケアの根幹

基本的な看護技術だけでなく、
専門性も高められる豊富な研修

 一般企業に6年間勤務しましたが、家族が入院したとき看護師さんの温かさにふれ、自分も人の役に立つ仕事をしたいと思い、看護の道に進みました。
 私がいる病棟は混合病棟のため、がん疾患、リウマチ、血管炎症候群など、患者さんの疾患は多岐にわたります。放射線治療室やCT室に勤務する日は、検査介助も行っています。検査の流れを理解できるため、病棟で患者さんに説明する際も役立っています。
 がんと感染症の専門病院ですが、3年目までの基礎コースで基本的な看護技術を学べる環境が整っています。がん疾患に関して、治療法、がん告知、精神面のケアなど、専門知識を高めることもできます。感染に関する研修は自分の身を感染から守る予防対策など、いずれも実践に即した内容となっています。
 2年目に受け持った患者さんは皮膚がんが骨転移し、2カ月間寝たきりで痛みが取れない状況が続いていました。私は患者さんの辛い気持ちを聞くこともできず、自分の力不足を感じていました。その方が地元の病院へ転院することになったとき、奥様から「いつもそばにいてくれてありがとう。転院したら患者さんと看護師の関係じゃないから、遊びにきてください」と声をかけられたのです。患者さんやご家族と少しは信頼関係が築けたのではないかと安堵しました。
 現在、病棟では勉強係としての役割を担い、月1回の勉強会の企画や運営を行っています。最近は後輩指導にも携わり、人に教えることで改めて知識・技術を確認することができ、自分自身も成長できています。

後輩を指導する立場になり、人に教えることの難しさを感じている。先輩のように頼りになる存在になることが目標だ。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

岩間 未央さん

安生 健太さん

SPECIAL TOPIC 特別編

このページにも掲載中!

巻頭特集【外国人患者受け入れの医療と看護】を読む

SPECIAL TOPIC 1

このページにも掲載中!

特集【看護部長インタビュー】を読む