> 順天堂大学医学部附属練馬病院(今成彩佳さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]順天堂大学医学部附属練馬病院

住所:
〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10|
TEL:
03-5923-3111(代表)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
産科病棟(2010年入職)
今成 彩佳さん
千葉県出身 順天堂大学卒業

キャリア形成の軸となる「ポートフォリオ」。
助産師の学びと活動を記録することが
看護師としての成長へつながる

助産師の役割を果たせる環境で
妊産婦さんをサポート

病棟では分娩介助や日常のケアのほか、糖尿病や心疾患などの基礎疾患を抱えた妊婦さんや、双子妊娠、前置胎盤などハイリスク分娩の方の精神面のサポートを行っています。母親教室では、妊娠中からお産をイメージできるようなシミュレーション、子どもへの愛着を深めてもらうイメージトレーニングなどを開催しています。また、助産師外来では、産前から産後の健診、マタニティヨガ、アロマテラピー、ベビーマッサージを行うなど、助産師としての活動の場は広がっています。

当院は入職時からひとり1冊、「ポートフォリオ」を作成しています。自分自身のビジョン、参加した学会・研修・勉強会での学びの記録、助産師としての活動、日々の業務での気づき、スタッフからの励ましのコメントなどを記載していきます。これは、病棟で誰もが自由に閲覧できるようになっています。それぞれ興味のある分野も異なっているため「こんな分野を学んでいるんだ」など参考になるとともに、いつも刺激を受けています。

私自身もこれまでの自己の学びを記録しています。そのひとつが現在受講中である外部研修の「周産期メンタルヘルスケア」。以前、産後のうつ病を抱えた方とかかわったとき何もできない自分の力不足を実感し、専門性を高めようと受講しました。まだ受講途中ですが、ただ患者さんの話を聞くだけでは解決にならず、自分自身が気づき、生活に取り入れていくことの必要性を学びました。

将来は妊娠期から産褥期だけでなく、女性のライフスタイル全般にかかわる取り組みを行っていきたいと思います。

退院に向けた指導では母乳や育児の悩みを聞き、退院後の不安を軽減する。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る