> 順天堂大学医学部附属練馬病院(中津綾香さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]順天堂大学医学部附属練馬病院

住所:
〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10|
TEL:
03-5923-3111(代表)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
脳神経内科・外科・耳鼻咽喉・頭頸科病棟(2010年入職)
中津 綾香さん
東京都出身 東京都立府中看護専門学校卒業

学びの蓄積を記録することで、成長が見える。
形に残らない看護を目に見える形で残し、
ノートの厚みが自分自身の看護の歴史となる

ICLS研修や他病棟の見学など、
実践に役立つ研修に参加

当院の魅力は看護師が生き生きと働けることと、教育体制が充実していることです。新卒1年目から、段階に合わせてステップアップできる環境が整っています。急変時の対応を学ぶICLS研修は、心臓マッサージなど高度な技術を医師から直接学べ、実践に結びつく内容となっています。また、ショートプログラムトレーニングは他病棟を体験できるプログラムです。私は脳血管造影室を見学しましたが、医師の繊細な技術力を見られたと同時に検査の流れを理解することができたので、病棟での看護にも生かされました。

こうした研修や勉強会への参加など、自分のキャリアに関する記録を蓄積したものが「ポートフォリオ」です。入職時からの学びを記録してあるので、自己の成長過程を振り返ることができます。壁にぶつかったときの先輩からのアドバイスなど、今でも時々読み返しています。また自分自身の記録だけでなく、他のスタッフの学びを確認できるので、お互い頑張ろうという原動力につながります。

私が勤務する病棟には、パーキンソン病、筋萎縮性側策硬化症、認知症、脳梗塞、脳出血など、さまざまな疾患の方が入院されています。早期リハビリと早期退院を目標に、リハビリの医師や理学療法士との連携を図り患者さんの自立を促します。リハビリの力で次第に回復していく患者さんを見ることが、私自身のやりがいとなっています。

現在、退院支援看護師として活動することを目標に、認定看護師からの講義を受講中です。入院時から在宅へ向けた支援を行える看護師として、成長したいと思います。

学生時代からの希望であった、患者さんに寄り添った看護を実践。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る