> 社会福祉法人 三井記念病院(渡邉英美さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]

社会福祉法人三井記念病院

住所:
〒101-8643 東京都千代田区神田和泉町1|
TEL:
03-3862-9111
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る

このページにも掲載中! 教育研修制度

CICU(2010年入職)
渡邉 英美さん
千葉県出身 千葉大学卒業

焦らず、正確に、できることをやる。
先輩から教わった救急看護の心構えを
今も心に刻み、業務にあたっています

救急看護のやりがいや怖さを
後輩たちにも伝えていきたい

子どもの頃に入院したことがあり、そこで出会った看護師に憧れて、大学は医療系に進みました。病院選びは当院のほか3つ候補がありましたが、科学的看護論を実践している当院に決めました。職員寮の入居期間が6年11カ月と長く、東京でひとり暮らしができる点も魅力でしたが、一番の決め手になったのは、説明会で出会った看護部長の熱意でした。相手を尊重しながら素直に自分の想いを伝えるアサーティブ・コミュニケーションを大事にしていると聞き、入職を決意しました。

入職直後は、自分のミスが患者さんの容態に直結するという集中治療の領域ならではの緊張感に予想以上のプレッシャーを感じました。しかし、臨床心理士によるメンタルケアがあり、プリセプターや教育担当者の指導のおかげもあって徐々に慣れていきました。また、プライベートの食事会を通じて、先輩やドクターとコミュニケーションが取れるようになり、病棟に溶け込めました。

新人時代にプリセプターからもらったアドバイスで今も大切にしているのが、「あなたが焦っても何も進まない。患者さんができないことを代わりにやってあげなさい」という言葉です。このアドバイスをきっかけに、落ち着いて業務ができるようになりました。

重症だった患者さんが退院のあいさつに来てくれることに、大きなやりがいを感じながら業務にあたっています。現在はチームリーダーを任されるようになり、後輩たちの指導も行っています。今後は後輩への指導力や、他職種との連携を調整する能力も磨いていきたいと思っています。

病室前に設置されたモニターで心電図を確認しながら患者さんの状態を確認。気になる部分や気をつける点を後輩に指導する。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る