国立国際医療研究センター病院

所在地: 東京都
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 819名 病床数: 749床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

7月東京会場、福岡会場開催の夏の説明会参加します。また、8月7・8・9・29・30日にキャリア見学会開催します!
今年度も多くの学生さんたちに当院の魅力をお伝えします! 皆様にお会いできることを楽しみにしています。

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

国立国際医療研究センター病院の先輩看護師情報

Nさんの画像

自身のキャリアを開花させ、働くフィールドを広げてくれた場所

Nさん

出身校
帝京平成大学(東京都)
役職・資格
看護師
卒業年
2012年
診療科目
救急科(ICU含む)

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

ICUの副看護師長として、主に周手術期の患者、ECMOやIABPなど補助循環が必要な重症患者の看護を日々行っています。看護師だけではなく、医師やコメディカルと日々カンファレンスを重ねながら、早期から多職種で連携して援助を行っています。また、病棟とは別に看護部教育委員会として院内研修の企画・運営を行っています。それ以外でも認定組織移植コーディネーター、院内臓器移植コーディネーターとして、組織横断的に活動しています。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

元々国際や災害医療の現場で従事したいと考えていた中で、まずは教育体制の充実している総合病院で基礎を築いて行こうと思っていました。その矢先に、当院に在職していた大学の先輩から話を聞く機会があり、当院に魅力を感じ就職を決めました。 就職後も災害医療の外部研修や国際医療の院内研修などに参加させてもらっています。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

ICUでは、年間計画に沿って受け持ち疾患の拡大や人工呼吸器管理などを進めています。新人教育担当やメンターが中心となり、教育を進めていますが日々の指導は病棟スタッフ全員で行っており、様々な看護観に触れるながら研鑽を積むことが出来ます。 専門分野は病棟での教育が主ですが、院内教育では看護倫理や看護観について考える研修も多く、看護師として成長していけるプログラムが充実しています。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

ICUに入室している患者のほとんどが重症患者です。厳密な全身管理が必要であり、緊張感のある雰囲気があることは事実です。その中で、看護師だけでなく多職種で日々カンファレンスを重ね、患者を良くするためにはどのような援助が必要なのかを検討し、チーム一丸となって看護を実践しており、とても一体感があります。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

私は当院に入職してから、HCU・SCU・ERと様々なユニットで多くのスキルを磨き、貴重な経験をさせてもらいました。病棟以外でも災害医療や臓器移植など様々な院外研修への参加や資格試験を受験する機会をいただき、看護専門職として大きく成長させてもらいました。当院では専門職としての成長だけでなく、自身のやりたいことに挑戦する機会を与えてくれます。ぜひ、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

国立国際医療研究センター病院のその他の先輩看護師情報


この病院を見た人におすすめ!東京都の病院