国立国際医療研究センター病院

所在地: 東京都
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 819名 病床数: 749床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

春のインターンシップ、たくさんの方に参加いただきありがとうございます。リエゾンナースの入職前後のアドバイス、大変に好評です。
まだ空きがありますので、都合がつくようでしたら、ぜひご参加ください!

最新イベント情報(2024/02/02更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

国立国際医療研究センター病院の先輩看護師情報

Nさんの画像

チーム医療の実践に向け、手術室看護師として頑張っています!

Nさん

出身校
国立看護大学校
役職・資格
看護師
卒業年
2023年
診療科目
その他

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

手術室で勤務しています。当院では、年間5800件ほどの手術件数があります。入職後、先輩の見守りのもと器械出しからはじめ、徐々に学習と経験を重ねながら、対応可能な症例を増やしています。小さなミスが患者さんの命に直結するため、手術中は常に緊張感があります。また器械出しに入ると長時間立ちっぱなしになるため、慣れるまでは辛かったです。手術が終わるまでは緊張状態が続きますが、無事に終われば達成感を得ることができます。また、手術はチームで行うため自分もチームの一員としての役割を担っているのだと実感することができます。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

当院は急性期総合病院であり、充実した教育プログラムがあることから、様々な疾患や幅広い看護を学ぶことができると考えたからです。また、学生の頃、当院で実習させて頂き、病院の雰囲気を知っていたため、ここでなら安心して看護師としての第一歩を踏み出せると思い、入職を決めました。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

入職後すぐに約1ヶ月の全体研修があり、その後手術室看護について学びます。手洗いやガウン・手袋の装着方法、器械の名前を覚えることから始まり、先輩の指導のもと器械出しデビューをします。手術前のオリエンテーションで、使用する器械や手術の流れなどを確認し、手術後は先輩と振り返りをします。手術に入る際はとても緊張しますが、先輩のサポートがあるため安心して経験を積むことが出来ます。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

手術室は看護師や医師だけではなく、多職種が協働・連携して働いています。手術中は独特の緊張感がありますが、患者さんの命を守るために、各メンバーが互いの役割を理解しながら、自分が行うべきことをやり遂げています。チーム医療が発揮されている場所です。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

国試の勉強や実習など忙しい毎日の中で、自分の進路を決めていくのは本当に大変なことだと思います。あまり思い悩み過ぎないよう、息抜きも忘れずに、自分がどんな看護師になりたいのかゆっくり考えてください。みなさん1人1人が、後悔のない選択ができるよう願っています。頑張ってください!

国立国際医療研究センター病院のその他の先輩看護師情報


この病院を見た人におすすめ!東京都の病院