国立国際医療研究センター病院

所在地: 東京都
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 819名 病床数: 749床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

春のインターンシップ、たくさんの方に参加いただきありがとうございます。リエゾンナースの入職前後のアドバイス、大変に好評です。
まだ空きがありますので、都合がつくようでしたら、ぜひご参加ください!

最新イベント情報(2024/02/02更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

国立国際医療研究センター病院の先輩看護師情報

Tさんの画像

学ぶ機会がたくさんあり、成長できる環境です

Tさん

出身校
北海道大学
役職・資格
看護師
卒業年
2023年
診療科目
救急科(ICU含む)

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

朝、情報収集・カンファレンス後に、フォローの先輩へ病態や不安な技術等を相談します。必要な観察を行いケアや離床・点滴投与等行いつつ状態をこまめに先輩に報告するようにしています。急に検査や緊急入院等が入ることもあり、臨機応変な対応を求められることもあります。先輩の指導では、脳外の術後で挿管中の患者さんを受け持っていた際に、SpO2が低下し始めた時、ABC・肺胞低換気やシャント、たんの貯留等の原因を模索しつつ、根拠に基づく吸引や体位ドレナージ等を教えていただいたことがとても印象に残っています

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

急性期看護の分野で自分を鍛える事ができると思ったからです。当院は国立高度専門医療研究センターの中では総合病院で、どのような患者さんも受け入れるという特徴があります。また都内でも救急車の搬送件数が非常に多いため、様々な経験を積める事ができるのではと考えました

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

入職後の3週間は研修がメインでした。清拭や移乗、バイタルサイン測定等の基本的な看護技術から学生ではほとんど経験のない点滴作成・採血・PPE着脱等の演習時間がありました。また、病院や看護部の理念、組織図、倫理、接遇といった受講型の研修もありました。技術の習得は経験を重ねるに尽きますが、それでも最初にじっくりと説明を受けながら実践できる機会があったことで不安の軽減につながりました

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

ICUは手術後や緊急入院など重症な患者さんが多く入室されており緊張感があります。刻々と変わる状態をアセスメントし、合併症や褥瘡、筋力低下を防ぎながらICUを無事に退室できるよう支援しています。覚えることは多岐にわたりますが、先輩が丁寧に指導をしてくれるので、根拠に基づいた実践やアセスメント力を鍛えられます。同期も頼もしく一緒に頑張っています

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

国試の勉強や実習、卒業研究等で忙しい日々が続いていると思います! 当院は、正直なところ忙しくハードな面もあります。ですが、様々な疾患や背景をもつ患者さんが来られるので貴重な経験を積めると思います。困ったときも頼れる先輩や同期がいます。ぜひ一緒に働きましょう!

国立国際医療研究センター病院のその他の先輩看護師情報


この病院を見た人におすすめ!東京都の病院