国立国際医療研究センター病院

所在地: 東京都
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 819名 病床数: 749床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

7月27日東京会場、7月28日福岡会場開催の『夏の合同就職説明会』に参加します。また、8月7・8・9・29・30日に当院でキャリア見学会(対面・Web)を開催します!今年度も多くの学生さんたちに当院の魅力をお伝えします!ぜひご参加ください。皆様にお会いできることを楽しみにしています!!     

最新イベント情報(2024/07/04更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

国立国際医療研究センター病院の先輩看護師情報

Fさんの画像

患者に寄り添い、ともに歩む看護を目指して

Fさん

出身校
国立看護大学校
役職・資格
認定看護師
卒業年
2012年
診療科目
循環器科

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

主に心臓カテーテル検査・治療の前後の看護、心疾患における生活指導、心臓血管手術患者の周手術期看護、心臓リハビリテーションを行っています。多くは慢性疾患を抱えている患者さんであるため、患者さんの疾患・治療に対する思いや生活背景を踏まえて、患者さん自身が生活を再構築していける過程を支援しています。また、慢性心不全看護認定看護師として、心不全の発症予防、再発予防、終末期ケアなど、病気に関わらず、継続的な介入を行い、再入院予防や療養生活におけるQOLの向上をめざし、チーム医療を実践しています。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

当院は総合病院であり、幅広い領域の医療、看護を学び、実践できるため、志望しました。内科、外科どちらも看護実践できる病棟が多く、看護師としての基盤を築けると考えました。実際に、配属された循環器内科、心臓血管外科の病棟では、循環器疾患領域における看護実践を幅広く学べています。その経験があったからこそ、認定看護師として専門的な学ぶを深めたいと考え、進学することができました。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

看護師としてのジェネラリストを育成するということを意識されており、その部署においても必要な看護技術、医療安全、看護倫理などが研修プログラムで組まれています。そして、新卒2年目以降も専門的な研修を含め、多くの研修が組まれており、日々の看護実践を振り返り、同期とも語らう大切な機会となっていました。また、専門認定看護師、特定看護師による専門的な研修やキャリアサポートが充実していると感じています。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

病棟における当該科の看護について深めながらも、他の診療科の看護実践を行うことで、ジェネラリスト・スペシャリストとしてのキャリア形成ができることが、当院の強みだと思っています。また、組織横断的に活動されている専門的チームが多いため、日々の看護実践に関して相談しやすいことも魅力の一つです。さらに多職種との協働を通じて、看護の専門性について考え、深められる場であり、就職してから看護師の仕事がより一層好きになりました。日々、看護の深さとやりがいを感じています。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

当院では、ジェネラリスト、スペシャリストの視点で幅広く看護実践の経験ができます。日々忙しいながらも、多くの学びを得て、看護の魅力を感じられると思います。ぜひ、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。就職活動、頑張ってください。

国立国際医療研究センター病院のその他の先輩看護師情報


この病院を見た人におすすめ!東京都の病院