国立病院機構近畿グループ

所在地: 大阪府
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 5000名 病床数: 7200床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

国立病院・療養所は平成16年4月に独立行政法人国立病院機構となりました。
国立病院機構は、全国に140病院を持つ日本最大の医療ネットワークであり、その中で近畿グループには20の病院があり、急性期医療から慢性期医療まで幅広い分野の医療・看護を実践しています。

また、全国に広がるネットワークを活用した病院間異動や子育て支援など、あなたの看護師としての可能性を大きく広げます。
    

最新イベント情報(2024/02/08更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

国立病院機構近畿グループの先輩看護師情報

【あわら病院】M.Yさんの画像

患者さんの些細な変化を読み取ることを大切にしています

【あわら病院】M.Yさん

出身校
福井市医師会看護専門学校
役職・資格
看護師
卒業年
2018年
診療科目
その他

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

内服介助、経管栄養、食事介助、入浴介助やオムツ交換を日々行っています。コミュニケーションは主に文字盤や視線入力装置を使用して行っています。直接会話をすることは難しいですが、文字盤でのコミュニケーションがうまく出来、スムーズな支援につながるとやりがいを感じます。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

神経難病に元々興味を持っており、福井県内では特に長期に神経難病の患者さんと関われるため、入職しました。また、福利厚生もしっかりしており、先輩方も優しく丁寧に指導して下さることも、見学に訪れた際に感じたからです。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

経験年数ごとで様々な課題に取り組んでいます。新人は4月に複数回、以降は月1回集合研修があり、同期との会話がはずみ楽しく学習できます。研修や臨床で学習を重ね、受け持ち患者さん1人に対して1年間かけて自分がやりたい看護を計画、実施し評価まで行ったケーススタディが特に印象に残っています。患者さんとの信頼関係を築けただけでなく、自分自身の看護師としての自信にもつながりました。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

主に、神経難病、重症心身障がい児者が長期に入院されており、継続的に患者さんやご家族と関わることが出来ます。また、併設している訪問看護ステーションとも連携し、在宅療養支援も積極的に行っています。他職種との距離感も近く、顔の見える関係を築けています。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

沢山の病院を見学して自分がやりたいと思う看護、興味のある分野を知ることを大切にして頑張って下さい。

有給休暇やシフトなど、お休みについて融通がきくか、長期休暇は取りやすいかを教えてください。

1年に1度、1週間程度のリフレッシュ休暇がとれます。また、病期休暇や結婚休暇等の特別休暇があります。シフトについては約1ヶ月前に希望を提出し、ワークライフバランス等を考慮しながら作成されますが、比較的融通が利きます。

キャリアアップを目指す人向けの支援制度があれば教えてください。

当院に関連する分野の認定看護師や特定看護師を目指す場合は、研修中も勤務として保障され、授業料等の支援が受けられます。また、それ以外にも自分が興味のある分野の研修受講や、学会発表等への支援もあります。

夜勤はいつから始まりますか?また、夜勤の業務内容や感想印象などを教えてください。

夜勤はGW明けから始まります。オリエンテーション期間は先輩看護師がしっかりサポートしてくれるので、安心して夜勤が始められます。

今後の目標や、目指している看護師像があれば教えてください。

今後の目標は認知症の認定看護師資格を取ることです。病棟の患者さんの高齢化が進んできていることもあり、認知症の患者さんも増えてきているため、看護師としてより良い看護が提供出来るようにしていきたいです。

国立病院機構近畿グループのその他の先輩看護師情報


この病院を見た人におすすめ!大阪府の病院