国立がん研究センター中央病院

【国立がん研究センター中央病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

私たちと一緒に日本のがん看護をつくりましょう   
 
★2020年度採用者追加募集中
2020年度4月からの採用者について若干名募集しております。


募集職種
  • 看護師
病床数 578床
外来患者 1400名 入院患者 570名
看護体制 7:1
固定チームナーシング モジュール型継続受け持ち
一部パートナーシップナーシング
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は、世界最高レベルのがん医療を提供し、日本のがん医療を牽引し、新しく、効果があり、安全ながん医療の開発に携わっています。また、国のがん対策で重要課題とされている、希少がんや難治がん、小児・AYA世代のがん、高齢者のがん、就学・就労支援、アピアランスケアなどの多分野において、臨床実践、治療開発(研究)、人材育成に、多職種で積極的に取り組んでいます。

自分の大切な人生を、がんに負けることなく、がんとともに健やかに生き抜く、患者さん自身の力や心の豊かさ、家族の絆、人のやさしさには、看護師も勇気づけられ、最良のがん看護を提供する使命を感じさせられます。患者さん・ご家族が安心して治療を受けられ、その人がいつも自分らしく過ごすことができるよう支援することは、看護師の大切な役割と考えます。

私達は、患者さん・ご家族、働くスタッフ、研修に来られる方など、当院に来られるすべての人に「ここに来てよかった」と思ってもらえるがん診療・看護を目指しています。

 

看護部長からのメッセージ

【国立がん研究センター中央病院】(東京都)の看護部長からのメッセージ

看護部長
大柴福子

信頼される看護師を目指すあなたを応援します。

患者さんが求めるもの、それは豊かな人間性と確かな看護実践能力。当院では、人として看護師として成長できるよう、個々を大切にした教育支援を行っています。看護師としての基礎的な能力と、がん看護の専門性を培い、「患者さんから信頼される看護師」となって、あなたも、がん看護をリードする仲間になって下さい。

ナース専科からひとこと

国立がん研究センター中央病院は、がん医療ネットワークの中核機関として、先駆的治療・診断法の開発、人材育成、情報発信など、日本のがん医療を牽引してきた。患者のニーズを大切にした最良のがん看護を創造し提供するために、がん看護について語り合う日常がそこにある。日々の臨床実践と多彩な院内教育により、系統的にがん看護を習得できることが、最大の特徴でありメリットといえる。

【国立がん研究センター中央病院】(東京都)の資料を請求する

国立がん研究センター中央病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院