> 助産師にまつわる数字あれこれ(就業者数、平均年齢など)
助産師にまつわる ちょっとおもしろい 数字あれこれ 助産師として働いている人の数は? 何才ぐらいの人が多い? 助産師が多い都道府県はどこ?などなど、助産師に関する数字をもとに、助産師という職業を読み解きます。

助産師って全国で何人いるの?

助産師の就業者数は、年々、増加傾向にあります。2012年の助産師就業者数は、前年の33,606人から35,185人まで増加しました。それでも、まだまだ助産師は不足していると言われています。原因は、助産師養成学校が全国に少ないことや、せっかく助産師の資格を取得しても、激務や労働環境が原因で辞めてしまう人が多いことなどが挙げられます。助産師として長く仕事を続けるためにも、職場選びは大切です。

助産師を募集している全国の病院・施設情報

助産師には何歳ぐらいの人が多い?

助産師の就業者数を年齢別に見てみると、25~29才が5,204人と最も多くなっています。次に多いのが30~34才、そして35~39才と続きます。平均年齢は45.5歳。助産師というとベテランのイメージが強いですが、実は若い世代にも人気が高く、幅広い世代が活躍している職業であることがわかります。

人口あたりの助産師が多い都道府県は?

助産師の就業者数が多い都道府県は、1位東京都、2位神奈川県、3位大阪府という結果になりますが、これは単に人口の多さに比例するもの。人口あたりの助産師数を割り出して比較すると、右のような結果になりました。人口あたりの助産師就業者数が多いということは、女性の健康に手厚い都道府県と言えるかもしれません。

助産師を募集している全国の病院・施設情報

助産師の雇用形態は?

助産師の雇用形態は、正規職員が81.8%、非常勤職員18.0%、派遣0.1%となっています。多くの助産師が、正職員として働いていることがわかります。看護師を経験してから、ステップアップとして助産師を目指す人もいます。女性看護師の平均年収4,730,000円に対し、助産師の平均年収は5,604,000円(厚生労働省調べ)。年収だけを見ても、十分にステップアップと言えるでしょう。

  • -求む! 助産師- 助産師積極採用中の病院・施設はこちら!
  • 現役助産師リアル体験談
  • -助産師になるには?活躍の場は?- 助産師についてもっと知りたい!
  • 先輩にインタビュー! 助産師就活 リアル体験談

データ出典:『平成25年 看護関係統計資料集』日本看護協会出版会編集

TOP