> 採用試験の小論文対策について

小論文対策をしよう

小論文の書き方をおさえよう

小論文は面接に次いで実施している病院が多く、採点配分も高い科目です。書き方のルールや注意すべき点をしっかりおさえて、事前に練習しておくことが大切です。

20卒・21卒対象「合同就職説明会in summer」7月28日(日)12:00-17:00東京ビッグサイト 詳しくはこちら

小論文を書くときに
気をつけること

①誤字・脱字がないか

小論文で最も重視されるのが、誤字・脱字です。また、丁寧に文字を書いているかどうかも見られています。

②起承転結をつける

起:文章の出だし、承:展開、転:本題に入る、結:結論をつけてまとめる。以上の流れで全体を構成します。

③5W1Hを明確に

5W1Hとは、「いつ」「だれが」「どこで」「何を」「なぜ」「どのように」。これらの項目をはっきりさせた文章を書きましょう。

④ 一人称は「私」

男性でも女性でも、一人称は「私」で統一します。男性は、「僕」という一人称を使ってしまいがちなので気を付けて。

⑤ 文末を統一

文末は、「だ・である」「です・ます」を混在させないようにします。どちらかの表現で統一しましょう。

⑥ 「思う」は×

自分の考え、意見を述べるのが小論文。文末は「~です」「~と考えます」と書き、「思う」は多用しないように。

原稿用紙の使い方

  • 制限文字数の8割以上は書くようにする。
  • 段落の初めや改行したときは一マス下げる。
  • カギカッコで段落を始めるときも一マス下げる。
  • 句読点やカギカッコは1マス使う。
  • 縦書きの場合、数字は漢数字を使用する。
  • カタカナは原則として外来語のみ。

小論文でよく出題されるテーマ

  • あなたが目指す看護師
  • 5年後、看護師としてどうありたいか
  • 実習で心に残ったこと
  • 患者中心の医療について述べよ
  • あなたが考える看護について述べよ
  • 当院であなたが貢献できること

※800字で上記をテーマに小論文を書いてみましょう。文字数制限の8割以上は必ず書くように!

先輩の例を見てみよう!小論文・実例大公開!