合志病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 93名 病床数: 99床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

病気になった時 けがをした時
合志病院に行けば
いつでも 医師も看護師も
病院全体が親身になって よい治療をし看護をし 御世話をする
地域に頼られ 地域になくてはならない
合志病院は常に そうありたい。

最新イベント情報(2024/02/26更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

病院見学のお知らせ】

当院では、病院見学を随時受付しております。
新人看護師からベテラン看護師までイキイキと働いている現場を実際に見学しませんか?
急性期病院の活気ある雰囲気を是非体感してください。
皆さんのご参加をお待ちしております!

看護部長からのメッセージ

看護部長
瀬川一美

「人」を大切にし、地域住民の信頼に応えることが出来る看護の提供を目指す。

当院の看護部理念は『「人」を大切にし、地域住民の信頼に応えることが出来る看護の提供を目指す』です。

看護部理念にある「人」とは、患者さま、看護職員、医師、病院職員だけでなく、地域住民など全ての人を指しています。

私は、看護職員が自分自身を大切にすることで、患者さまに質の高い看護の提供ができると考えています。

看護職員が自分自身を認め、自信を持つことで気持ちに余裕ができ、患者さまの思いを傾聴し寄り添った看護ができるのではないかと思います。

看護部では全ての「人」を大切にできる看護職員の育成を目指しています。そして、患者さまや地域住民の信頼に応えることが出来るよう努めてまいります。

先輩看護師からのメッセージ

1病棟 看護師
U.Mさん

学びの日々の中で成長していきたい

合志病院へ入職し、脳外科・整形外科・内科・外科と複数の診療科目があり、新しい学びの毎日です。

複数の疾患を持つ患者様も多いので、1人の患者様に多数のスタッフが連携して、徐々に回復していく過程をみられることに仕事のやりがいを感じます。

また、わからない事や戸惑うことがあり立ち止まって考えていると、先輩から「何かありましたか?」「どうしましたか?」と声をかけてくださり、質問やフォローの依頼をしやすい環境だと思います。

これからも新しい知識や技術を身につけ、看護師として成長していきたいと思います。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 1955年(昭和30年)7月
院長名 合志明彦
看護部長 瀬川一美
病床数 99床
1病棟 50床 脳外科中心 混合
2病棟 49床 整形外科中心 混合 (地域包括病床12床)
職員数 205人(うち、看護職員数93人)
患者数 -
診療科目 内科、外科、整形外科、脳神経外科、消化器外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、リウマチ科、肛門外科
センター・施設
救急指定 二次救急
看護体制 急性期一般入院料1(7対1)
看護方式 固定チームナーシング
病院所在地 〒660-0807 兵庫県尼崎市長洲西通1-8-20
アクセス 【車】
阪神高速3号神戸線(西行き)「尼崎東」より約15分
阪神高速3号神戸線(東行き)「尼崎西」より約25分
名神高速道路「尼崎」より約10分
国道2号線「稲川橋」交差点を北へ約3分 など

【電車】
JR神戸線 「尼崎」 駅下車 徒歩約7分

【バス】
阪神 「尼崎」 駅より阪神バス23系統 戸ノ内行 JR尼崎 (南) 経由 「長洲本通」下車すぐ など
URL 「合志病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育体制・研修制度

新人研修

病院全体で支援

新卒看護師にはプリセプターと呼ばれる先輩看護師が、仕事の仕方や学習方法、悩み事に対する相談など広範囲にわたり支援をします。
また、日々の業務はプリセプター以外の先輩看護師もフォローします。
毎月の集合研修では、看護師だけでなく薬剤師や臨床検査技師、セラピストなど多職種も講師として指導してくれるため、実践に役立つ専門的な知識を身につけることができます。
当院では、多職種が協力して病院全体で新人を支援する体制を整えています。

看護部が育てたい看護職員像

合志病院の看護職員として

●人としての尊厳と権利を尊重する倫理的感性を持った看護職員
●専門職業人として、看護に責任を持つことができる看護職員
●組織の一員として自律し、義務と役割を果たせる看護職員
●自らの考えを持ち、他者と連携・補完することができる看護職員
●既存の方法にとらわれず、創造的に問題解決ができる看護職員

教育・研修制度

当院におけるクリニカルラダーシステム

ラダーⅤ:看護実践におけるロールモデルを育成し部署の目標達成に貢献できる

ラダーⅣ:自律した看護専門職、役割モデルとして看護実践ができる

ラダーⅢ:根拠に基づく看護実践においてモデルとしてリーダーシップを発揮できる

ラダーⅡ:自立的に日常看護業務を遂行し、新人看護師と関わることができる

ラダーⅠ:教育・指導のもとに、安全・安楽に看護実践を行うことができる

職場の雰囲気

私の一日

6:30~起床・朝食・出勤準備
7:50~出勤・情報収集
8:30~申し送り
9:00~VS測定・点滴・保清など
11:00~記録
12:00~昼食・休憩(1時間)
13:00~OP出し・検査出し・処置など
16:00~記録
19:00~夕食・お風呂
22:00~自由時間・予習・復習
0:00~就寝

4月から入職し、脳外科病棟に配属となりました。入職して様々な患者さんと接し、看護学校では習わない技術や処置を経験することが出来ました。最初は技術面だけでなく、1日の回り方や優先順位の決め方などうまくできない事ばかりでした。アセスメントが甘かったり、自分の考えの至らなさに悔しくなる時もありましたが、プリセプターだけでなく先輩看護師が気にかけてくださり、本当に助けられた1年でした。

日常風景

整形外科手術の器械出し看護師
救急処置室で
外科カンファレンス 堀副院長が中心となって毎週行っています

部署紹介

1病棟

1病棟は脳神経外科・整形外科・内科・外科の混合病棟です。脳神経外科の患者さんが多く、脳卒中をはじめとした脳神経に関する症状は迅速かつ適切な治療が必要なため看護師は日々観察をこまめに行い早期発見に努めています。
看護師の平均年齢は37.9歳と高いですが、社会人経験の新人が入職することが多く、人生経験豊富でありながらも、看護師としては新人として奮闘しているスタッフが多いのが特徴です。子育てをしながら働く看護師も多く、お互いに仕事と家庭の両立の難しさを相談をし合ったり、勤務は時間内に業務が終了できるように協力し合っています。
1病棟は師長さんをはじめ、脳神経外科看護のプロフェッショナルがたくさんいるので、脳神経外科看護を学ぶには最適な環境です。

部署紹介

2病棟

整形外科を中心とした急性期混合病棟です。49床のうち12床が地域包括ケア病床となっていますので、急性期からリハビリを経て在宅復帰するまでの看護を学ぶことができます。
看護師の平均年齢は35歳で、20代から50代まで幅広い年齢層が活躍しています。病棟は整形外科の手術や緊急入院で忙しい日もありますが、時間内に業務が終了するようみんなで協力しています。2病棟はアットホームな雰囲気で、師長さんは新人からずっと2病棟で働いておりとても優しく、新人さんにも働きやすい環境だと思います。


この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院