南大阪病院

所在地: 大阪府
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 256名 病床数: 400床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

地域からよろこばれ、信頼される病院をめざします。

最新イベント情報(2024/03/01更新)

直近開催のインターンシップ 2024/4/27 2024年度 インターンシップ
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

南大阪病院の先輩看護師情報

H.A(新卒)さんの画像

ぜひ南大阪病院で一緒に働きましょう

H.A(新卒)さん

出身校
鳥取看護大学
役職・資格
看護師
卒業年
2023年
診療科目
内科/整形外科・形成外科/その他

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

様々な処置や看護ケア、患者さんの状態を考えて食事や排泄、入浴介助などの日常生活援助を行っています。 私が経験した中で印象に残っていることは、 状態があまり良くなく、 中々食事摂取の進まない患者さんを介助しており、悩んでいた時に先輩が来てくださり、大きな声で患者に声掛けをしてこのようにしたら食べられるよとアドバイスをいただきました。 実践してみると咀嚼と嚥下が進み、少量ですがご飯を食べることが出来ました。 患者さんの個別性を感じられ、看護師の関わりが患者さんの命を救う手助けになることを実感しました。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

私は、南大阪病院の1人の師長さんに憧れを抱いたことで入職を決めました。 病院見学、 インターンシップに参加した際、 1日ご指導下さった師長さんの姿がとても印象に残っています。 師長さんの患者さんに対する丁寧さや個人を考えた看護が感じられたことや、看護師への配慮や賞賛している姿があったことでここなら自分を伸ばすことが出来るのではないかと思い入職を決めました。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

新人教育プログラムの中で、 採血と点滴投与の研修が印象に残っています。 針を扱うのでやはり恐怖心がありました。 針を持ったまま刺されない時間が長いと怖いという患者側の気持ちも体験することが出来たこと、注射や点滴をこれから扱うというイメージが出来たことで、看護師になれたという実感が少し湧いたからです。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

病棟の雰囲気はとても明るく、看護師の明るさが家族や患者さんへ継承し相乗効果が成されている病棟です。職員同士の会話がとても多いので情報共有が盛んな病棟です。 また職員同士がお互いのことを考えて行動し、忙しい中でも新人に対して気にかけて下さるのでとても相談しやすく、恐縮しないような雰囲気作りをして下さっています。 また、建物が綺麗で院内研修が多く自分のスキルやキャリアアップに努めることが出来る病院です。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

今まで実習や勉強、大変だったと思います。臨床で働いてみて実習で学んだことは必ずと言っていいほど役に立つと感じました。患者さんのためにも自分のためにも、知識があって絶対に損はしないと思います。今はしんどいかもしれませんが看護師になる準備として国家試験の勉強も頑張ってください!

入職1年目の頃に苦労したことなど、新卒のころ大変だったことについて教えてください。

入職1年目で苦労したことは検査や手術、処置、その他業務を覚えることです。入職したては、1つの看護や援助に時間がかかってしまい、時間配分を考えて1日の行動を計画していても計画通りにいくことが少なかったです。業務に必死で患者のことを考えながら仕事をすることが難しく、看護ってなんだろうと思いながら仕事をしていることが悩みでした。そして学生時代の実習等でアセスメントはしていたものの、病院では患者を観察してその場でアセスメントし実際に関わるという展開の速さについていくことが大変でした。

有給休暇やシフトなど、お休みについて融通がきくか、長期休暇は取りやすいかを教えてください。

シフトは1カ月制で、希望休を出せば必ずと言っていいほど希望休を通して下さいます。有給使用せずたまっている場合、声をかけてくださり有給休暇を消化して下さいます。休みについてはとても融通が利きやすいと思います。

夜勤はいつから始まりますか?また、夜勤の業務内容や感想印象などを教えてください。

夜勤は、6月頃から始まります。業務内容は、患者さんの状態観察、食事やトイレ介助、 点滴管理、 ナースコール対応、採血や入院の受け入れなどがあります。 夜勤をする前は私に夜勤が出来るのだろうかと心配していました。 夜勤は日勤帯より看護師が少ないので1人の患者さんへの対応時間が短くなってしまいます。 患者への対応や業務に関して困っていた時に先輩が助けて下さったので夜勤を乗り越えられることが出来ています。

今後の目標や、目指している看護師像があれば教えてください。

今後の目標は、患者に寄り添うだけでなく的確なアセスメントをして患者さんに今必要なことや退院に向けてやるべきことを考えて実践できることです。 目指している看護師像は自分の受け持ち患者の看護を考えることはもちろん、今後チームや後輩の受け持つ患者のことも考えて、常に周囲への声掛けが出来る看護師。患者に対して常にエネルギーを与え続けることのできる看護師です。

配属先の希望は通りやすいですか?部署異動はありますか?

私は希望部署に配属させていただきました。 同僚にも希望が通っているとの話をよく聞きます。 部署移動については、入職してすぐにはないと思います。 配属病棟で何年か働いた後部署移動はあると思います。


この病院を見た人におすすめ!大阪府の病院