宝塚第一病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 137名 病床数: 199床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

地域から信頼され、人に優しい医療の提供を目指して

最新イベント情報(2024/02/09更新)

直近開催の見学会・説明会 2024/3/1 病院見学&説明会
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

地域社会に貢献する
 それが「宝塚第一病院」の使命だと考えます
当院は、地域ニーズの高い救急医療を中心とした急性期病院です。
「地域から信頼され、人に優しい医療の提供を目指して」の理念のもと、
科学的に裏打ちされた高度な専門性と、他者を思いやり慈しむ看護の心が統合された良質な看護に取り組んでいます。
あなたの看護への熱い思いが実践に結びつき、一人ひとりの人としての成長が看護への大きな原動力となり、
自己実現へと昇華できるよう、ともに前進いたしましょう。

看護部長からのメッセージ

看護部長
加治屋 くるみ

ホスピタリティにあふれる方へ

宝塚第一病院は急性期病院であり、回復期リハビリテーションや維持期の施設を抱える医療法人 尚和会の一員です。そのため当院は、患者様を切れ目なく、安心して在宅復帰をされるまでを診ることのできる病院です。看護という面でも急性期のみならず、回復期や維持期におけるケアまでも経験ができますので、様々な看護を学びながら、看護師としても切れ目なく働き続けることのできる環境でもあると言えます。
相手を思いやる気持ち、人の役に立ちたいという気持ちがあって初めて、人に何かしてあげたいという気持ちが生まれ、それが『ホスピタリティ』であると考えています。
患者様に心から満足していただける医療と看護を、私たちと共に提供できる仲間をお待ちしております。

先輩看護師からのメッセージ

2018年4月入職 4階病棟勤務
I.A.

新しい仲間と共に頑張っていきたい

入職して1年目の頃は、自分で立てた目標を達成するために、一生懸命に知識・技術の習得に努めました。上手くできた時も、時間がかかってしまった時も、プリセプターに見守られ乗り越えられました。また、病棟の先輩同士で情報を共有し、みんなで支援していただくことで、看護を実践することの楽しさを少しずつ感じながら働くことができました。新年度には新しい仲間と一緒にがんばっていきたいと思っています。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 1967年7月17日
院長名 那須 輝
看護部長 加治屋 くるみ
病床数 199床
急性期102床/地ケア99床
職員数 369人(うち、看護職員数137人)
患者数 外来:300人/日
診療科目 内科、神経内科、腎臓内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、消化器外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、眼科、アレルギー科、リウマチ科、ペインクリニック、糖尿病内科、乳腺・甲状腺外科、脊椎・脊髄外科、乳児検診、育児相談、予防接種、栄養外来、人間ドック、一般健診、骨粗鬆症外来
センター・施設 訪問看護センター、宝塚リハビリテーション病院、ケアヴィラ伊丹、ケアヴィラ宝塚
救急指定 二次救急
看護体制 急性期10:1/地ケア13:1
看護方式 固定チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
感染管理、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒665-0832 兵庫県宝塚市向月町19-5
アクセス 阪急「宝塚駅」もしくはJR「宝塚駅」より阪神バス乗車
「鶴ノ荘」バス停留所下車 徒歩5分
URL 「宝塚第一病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 【兵庫】
関西看護医療大学、公立八鹿病院看護専門学校、神戸市看護大学、神戸常盤大学、西宮市医師会看護専門学校、尼崎看護専門学校、神戸看護専門学校、兵庫県立大学、兵庫県立総合衛生学院、宝塚市立看護専門学校、関西国際大学、兵庫大学
【大阪】
関西医科大学附属看護専門学校、関西看護専門学校、近畿大学附属看護専門学校、大阪病院附属看護専門学校、大阪済生会中津看護専門学校、大阪府医師会看護専門学校、藍野大学短期大学部、大阪医専、行岡医学技術専門学校、淀川区医師会看護専門学校
【和歌山】
和歌山赤十字看護専門学校
【岡山】
津山中央看護専門学校

教育体制・研修制度

新人研修

人としても成長できる。 それが宝塚第一病院看護部の教育体制です。

新卒看護師の年間教育スケジュール
4月:入職時オリエンテーション
  【基本技術演習】
   採血・点滴静脈注射
   吸引
   高齢者看護(安寧な体位・食事介助)
   移動・移乗など
5月:1ヵ月フォローアップ研修
  リアリティーショックを和らげる
  皮下・筋肉内注射、予約
6月:3ヵ月フォローアップ研修
  「仲間と語る自分の現実と未来」
7月:急変時の対応
  逝去時の看護
  輸血、IVH
8月:夏休み
9月:6ヵ月フォローアップ研修
  静脈内注射
  薬剤の管理
10月:フィジカルアセスメント
11月:人工呼吸器の管理
  心電図の演習
12月:排泄援助
  スキンケアやマットを用いた演習
1月:看護課程と看護記録
  自分の記録を用いて演習
2月:1年目フォローアップ研修
  1年間の振り返り
  次年度の目標を立案

教育理念

看護スキルだけではなく人としても素敵に成長できる、そんな教育を目指しています。

看護部における教育は看護師の能力を引き出し、発展させ、
自立した看護専門者として活動できるよう個々の能力開発に取り組んでいます。
当院におけるラダー別到達目標を設定し、行動レベルで明示することによって指導・教育の方向性を明確にし、
学習者自らが学べるシステムとして、人間的にも成長できることを目指しています。

教育目標

4つの教育目標の元、新人看護師を支援します

1,病院・看護部の理念と期待する看護能力を示し、それらを達成するために系統的で段階的な教育を実施する
2,看護部の現任教育の考え方が分散教育に反映され、集合教育と分散教育が統合された一貫性を持った教育を展開し、効果的な能力開発を目指す
3,教授するものが情報や知識を提供する受動的学習のみでなく、必要な情報を効率よく収集して、実践に活用できる能動的な人材を育成する
4,看護師個人の学習ニーズの把握に努め、広く通用する自律した専門職としての能力開発と豊かな人としての成長を支援する

新人フォローアップ研修の様子

定期的な振り返りの機会があります

入職して3か月の振り返り。これまでの振り返りと、仲間との意見交換会を行い、今現在の自分を受け入れるための研修です。1年後、どんな看護師になっていたいか、同期でチームに分かれて考えます。
「患者さんに信頼される、優しい看護師になる」「自分に自信をつけて、患者さんを第一に考えられる看護師になる」など、自分の目標を定めて、残りの新卒1年目の期間を過ごしていきます。

認定看護師メッセージ

皮膚・排泄ケア認定看護師 福岡 秀佳

当院は皮膚が脆弱な高齢の患者さんが多いため、日常生活援助に関わるスタッフが、褥瘡の予防やスキンケアの知識・技術を持ち、ケアが提供できるよう日々取り組んでいます。その一つとして、褥瘡回診時に治癒促進に向けた褥瘡予防ケアの実践・指導を取り入れています。ストーマを造設された患者さまには、安心して治療・ケアを受けていただけるように病棟看護師とともに装具交換や退院に向けた指導を行っています。
また退院された後は、外来(ストーマ・褥瘡)で生活環境に合わせたケアの実施や指導・相談を行い、“その人らしく”を大切に、在宅や施設で生活されている方々のお力になれるよう活動しています。

新人研修

入職して約4か月、1日がかりの研修

この日の新人研修は、フィジカルアセスメントの座学+グループワーク+急変時の対応…と一日がかりの研修でした。よくある徴候の事例を一つひとつ相談しながらアセスメントをしたり、意識レベルの観察などたくさんのことを学ぶ一日となりました。

職場の雰囲気

私の一日

チーム医療 合同カンファレンス
患者一人ひとりの状況に合わせて、退院後も安心して生活できるよう患者・家族と多職種が集まり、話し合いを行っています。

チーム医療 褥瘡対策チーム
褥瘡対策チームは多職種が連携し、患者個々に合わせた「褥瘡の予防と創の管理」を行い、褥瘡ケアの充実に力を注いでいます。

チーム医療 ICT
ICTは多職種で構成されていますが、チームメンバーは風通しよく、医療関連感染を防止するために日々連携を図っています。

日常風景

毎年恒例の「町の保健室」で、地域の方々との交流があります。
「現場で活かそう、標準予防策」をテーマに、全職員で研修を行いました。
当院の雰囲気を知っていただくため、毎月病院見学会を開催しております。お気軽にご参加ください!

自慢の立地条件

様々なところに1時間以内で行ける好立地

例えば…
USJ…所要時間50分
日本を代表するテーマパーク。この近さなら話題のイベントにも気軽に行ける!
有馬温泉…所要時間50分
日本書紀にも登場する歴史ある温泉。日帰り入浴も楽しめるので、気分転換に最適!
宝塚大劇場…所要時間10分
言わずと知れた宝塚歌劇団の本拠地。年間を通して各組の公演が行われています。

より良い職場作りに取り組んでいます。

2002年入職 井澤 希美

日々の看護の中で患者さんのニーズに合ったケアを考えること、退院支援では早期に問題点を抽出し、安心して退院していただけるよう多職種との協働を大切にしています。そして、“スタッフが笑顔で楽しくいきいきと働ける職場作り”をモットーにスタッフ教育に取り組んでいます。


この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院