横浜なみきリハビリテーション病院

所在地: 神奈川県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 120人 病床数: 224床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

患者様を中心に考えた「チーム医療」を目指して

<お知らせ>新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、少人数での病院見学・オンライン説明会を開催いたします。当院HPでも詳細がご覧いただけます。
またご自宅にいながら当院のことを知っていただける動画をご用意いたしました。応募ページよりご応募いただいた方に動画のURLをお送りいたしますので、ご応募お待ちしております!

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

横浜なみきリハビリテーション病院とは...♪
長浜公園や横浜ベイサイドマリーナなど海や緑に囲まれた自然豊かな立地にある、患者様の在宅復帰支援のためのリハビリテーション病院です。
 回復期リハビリテーション病棟におけるチーム医療:
横浜市で特に多いベット数を持ち、脳卒中・骨折等の患者様を対象に、各分野のスペシャリストがチームで連携し、日常生活動作の改善・向上を目指します。
 
 *~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*
 看護部のビジョンである「その人らしさを大切に」をモットーに、看護・介護を提供しています。
 *~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*
 ~安心の教育体制~
上尾中央医科グループでは、日本看護協会のクリニカルラダー制度に則って、グループオリジナルのキャリアラダーシステムを導入しています。
新入職すると、「ラダーレベルⅠ」として、研修がスタートします!
細やかな年間計画に沿って、同期と一緒に学習を深められます。
1~3回/月に研修がプログラムされていますので、配属後も同期との交流が図れます!
 
~チューター制度を導入~
新人ナースが相談役のチューター(先輩ナース)を選んでもらうので、話しやすい先輩とタックが組めます。
技術指導だけでなく、精神的にも頼れる存在になってくれますので、安心です!
臨床の場では、多職種連携が欠かせません。
職種の枠を超えた合同勉強会や自己学習できる℮ラーニングも視聴可能です。
 
 ~ライフイベントを迎えても、キャリアアップができる環境~
 24時間保育室・時短勤務があるので、出産後もキャリアアップが目指せます!
 また育児経験を持つ看護師が多いので、子供の体調不良で急なお休みをもらう時も理解があり、働きやすい環境です。
 
 *~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*

 ★☆オンライン説明会・病院見学開催中★☆彡
 当院で笑顔あふれる看護体験をしてみませんか(^^♪
 
 <オンライン説明会・病院見学>
 ご希望のお日にちで調整させていただきます。
 ご応募はこちら⇒ココ♪

☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆

また当院のことを知っていただける紹介動画もご用意しております♪
先輩ナースやママさんナースのメッセージもあるので、是非ご覧ください!
ご応募はこちら⇒ココ♪

看護部長からのメッセージ

看護部長
三須 真紀

看護部長メッセージ

当院では、地域の急性期病院と連携して脳卒中後・整形外科術後の患者さまが自宅や施設に帰って生活する為に可能な限りの機能回復を目指しています。患者さまやご家族とていねいに向き合い、リハビリテーションを通じて、機能を取り戻して笑顔になってゆく過程を見守ることは急性期看護とは違った喜びとやりがいがあります。
私たちが看護・介護をする上で大事にしていることは、「その人らしさを大切に」という倫理的に豊かな感性を持つことです。また当院では患者さまがその人らしく、満足のいく生活を送っていただくために、患者さまを中心に考えた「チーム医療」を行っています。

また当院では、ライフスタイルに合わせて、キャリアデザインを支援します。患者さまと職員の明るい笑顔に囲まれながら、「笑顔あふれる看護」の実践をしていきませんか。(^O^)

ナース専科からひとこと

まさに「明るくアットホームな病院」です!看護師さん同士のやり取りはもちろんですが、他職種の方や患者様とのやり取りもとても素敵で、明るい雰囲気が伝わってきます。足を運ぶとつい笑顔になる病院なので、是非病院説明会へいらしてください!

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 平成24年9月1日
院長名 阿部 仁紀
看護部長 三須 真紀 (みす まき)
病床数 224床
うち、回復期リハビリテーション病棟144床、障害者病棟44床、医療療養病棟36床
職員数 400人(うち、看護職員数120人)
患者数 -
診療科目 内科、脳神経内科、リハビリテーション科、人間ドッグ・各種健康診断・訪問リハビリテーション
センター・施設 横浜なみき訪問看護ステーション・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション
看護体制 ・回復期リハビリテーション13:1
・障害者病棟10:1
・医療療養病棟20:1
看護方式 -
認定看護師 認定看護師が活躍しています
認定看護管理者
病院所在地 〒236-0005 神奈川県横浜市金沢区並木2-8-1
アクセス ■電車でお越しの方
・シーサイドライン 並木中央駅より徒歩7分
・京急本線 京急富岡駅より徒歩16分
※京急富岡駅西口から病院の送迎バスあり。車7分。詳細はお問い合わせください。
URL 「横浜なみきリハビリテーション病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 上尾中央看護専門学校
横浜中央看護専門学校
横浜市病院協会看護専門学校
神奈川県立よこはま看護専門学校
イムス横浜国際看護専門学校
神奈川衛生看護専門学校
小田原看護専門学校
神奈川県立衛生短大
横浜市医師会看護専門学校
横浜市医師会保土ヶ谷看護専門学校
日本大学医学部附属看護専門学校
横浜創英大学看護学部
社会保険横浜看護専門学校
横須賀共済看護専門学校
東海大学医療技術短大看護専門学校
栃木県衛生福祉大学保険看護学部
神奈川県立平塚看護専門学校
横浜労災看護専門学校
横須賀医師会看護専門学校
慈恵看護専門学校
防衛大学看護専門学校
川崎市立看護短大
北里大学 など

教育・研修制度

新人研修

桜の季節 研修スタート!

■教育理念
看護部理念「その人らしさを大切に」に基づき、患者のニーズに応じた安全で確実な看護・介護サービスが提供できる人材をめざし、 看護部職員がそれぞれの分野における看護・介護の専門性を追求し、自ら看護・介護実践能力を開発できるための支援を行う。

■教育方針
・根拠に基づいた看護・介護実践能力を有する人財を育成する
・対象とする人々の個人を尊重した看護・介護が提供できる人財を育成する
・組織人としての自覚を持ち、各自の役割や責務を果たすことができる
・看護・介護の質の向上と経済性の視点で常に問題意識をもち研究変革に取り組むことができる人財を育成する
・自己のキャリア開発に主体的に取り組むことが出来る人財を育成する

「なみき」の新人教育

教育体制の特色

安心の教育体制
上尾中央医科グループでは、日本看護協会のクリニカルラダー制度に則って、グループオリジナルのキャリアラダーシステムを導入しています。
新入職すると、「ラダーレベルⅠ」として、研修がスタートします!
細やかな年間計画に沿って、同期と一緒に学習を深められます。
1~3回/月に研修がプログラムされていますので、配属後も同期との交流が図れます!

チューター制度を導入しています。
新人ナースが相談役のチューター(先輩ナース)を選んでもらうので、話しやすい先輩とタックが組めます。
技術指導だけでなく、精神的にも頼れる存在になってくれますので、安心です!
臨床の場では、多職種連携が欠かせません。
職種の枠を超えた合同勉強会や自己学習できる℮ラーニングも視聴可能です。

新人研修計画

年間スケジュール

看護基礎教育終了後1年以内の新人看護職員を対象に,新人看護職員が安心で安全な看護ケアを
提供するための臨床実践能力を修得するためのプログラムです。

4月
 倫理・接遇・個人情報
 看護記録
 医療安全・KYT
 感染対策
 薬剤管理
 褥瘡管理
 目標管理
 FIM(機能的自立度評価法)について
 看護必要度
 フィジカルアセスメント
 オムツのあて方
 チーム医療
 心電図・検査

5月~6月
 人工呼吸器管理・輸血管理
 摂食機能療法・食事介助・口腔ケア
 トランスポジショニング・ROM・歩行訓練

7月~9月
 多重課題
 吸引研修
 看護技術研修(採血・皮下・筋肉注射)
 急変時の対応BLS
 メンタルヘルス

10月
 リフレッシュ研修
 前期研修振り返り

11月~3月
 スキンケア・NST
 エンゼルケア
 輸血管理
 体位ドレナージ・関節可動域
 看護研究
 キャリアラダーについて
 後期振り返り・まとめ

新人看護職員の教育について

新人教育担当メッセージ

当院の新人看護職員の教育について紹介します。
入職後は、院内での教育プログラムを進めていきます。新人教育や研修プログラムは、看護部主任がメンバーにて構成され、研修の企画・運営をして関わっています。看護部では、毎月1回以上の研修を企画し院内全体での研修も、多職種に協力してもらい多岐にわたったものとなっています。特徴的なものとしては、多重課題をテーマにした研修で、実際に主任たちが患者役となり熱演し新人たちに色々な課題を与えるという研修をやっています。私も転倒する患者役で、青あざだらけになりながらも楽しく取り組みました。そんな熱い感じで研修をやっています。
配属先での指導はスタッフ全員体制で行い、一番の相談役をチューターとして決め、関わっています。
またAMGグループ神奈川県内の5病院合同の研修もあり、新しく解説した看護学校の設備を利用して研修を受け、他院の新人同士での交流の機会ともなっています。
新人が看護を楽しめることができるよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけて指導していきます。

教育システム

看護実践における段階別到達目標(クリニカルラダー)

キャリアラダーに沿ったガイドブックもあります。

職場の雰囲気

日常風景

健診・外来
リハビリテーション室
障害者病棟:神経難病主にパーキンソン病、脳卒中後の比較的症状の安定された方がリハビリを目的に生活されています。

部署紹介

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟(以下回リハ病棟)とは、脳卒中・大腿骨頚部骨折・ 廃用性症候群など、ある程度限定された疾患の患者様が入院しています。
集中的なリハビリの訓練をし、在宅退院を目指すための病棟となっています。
担当医師・看護師・介護士・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士など専門スタッフがチームとなり支援していきます。その中でも特に、多職種で行う月カンファレンスでは、できるADL・しているADLの摺り合わせを行うとともに、患者・ご家族様の希望をふまえ、リハビリ訓練内容・ケア・家族指導の検討がされています。また、退院に導くだけでなく退院後の生活が安心安全に送れるような環境の提供も重要となります。各々の職種が輪になり連携を深めることで、急性期病院~回リハ病棟~家庭への生活と、素晴らしい「橋渡し」が出来ると思っております。
私たち回リハ病棟スタッフと素敵な橋渡しをしませんか。

部署紹介

医療療養病棟

在宅での生活及び介護が困難であり病状的にも医療管理下での生活が必要な患者様が入院しています。
気管切開、胃瘻や経鼻胃管からの経管栄養を行っている患者様が多く、日常生活の援助と医療ケア、予防定なリハビリテーションを行う病棟です。


この病院を見た人におすすめ!神奈川県の病院