>   > 東京女子医科大学東医療センター

東京女子医科大学東医療センター

【東京女子医科大学東医療センター】(東京都)から看護学生へメッセージ

☆★2021年リニューアルOPEN予定★☆
いつでも・どこでも・誰にでも質の高い看護を提供する、
「看護のジェネラリスト」を育成しています。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 450床
外来患者 965名 入院患者 382名
看護体制 7:1看護
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

かつて医療過疎地であった東京都北東部で、地域住民のための医療を目的に1934年に開院されました。大学病院として高度な医療や救急対応のニーズが高まる中、2004年3月に待望の東病棟が完成。ICU・救命救急センター・血液浄化室の増床、さらに、NICU・GCUの開設と地域の基幹病院として高度先進医療と、在宅医療部など地域に密着した幅広い医療を提供しています。

東医療センターの建つ東京都・荒川区は、東京の下町。都内に唯一残る路面電車、都電荒川線宮ノ前駅から徒歩3分、昔ながらの商店街を抜けると東医療センターがあります。
長年当院に通われる方も多く、内科系慢性疾患を持つ患者さんたちと継続して関わることで信頼関係のもと看護を提供できるのが大きな魅力。
大学系列病院では珍しく在宅診療部を擁し、訪問診療・訪問看護を行っているのも、患者さんとのつながりを大切にしている東医療センターならでは、です。

「いつでも・どこでも・誰にでも」質の高い看護を提供するために、幅広い知識と技術、そして患者さんに寄り添う看護の心を大切にする、「看護のジェネラリスト」を育成しています。
地域の皆さんから「東医療センターに行けば安心」と言ってもらえることが私たちの誇りです。

<東京女子医科大学:グループ病院です>
・東京女子医科大学病院        (東京都)
 

看護部長からのメッセージ

【東京女子医科大学東医療センター】(東京都)の看護部長からのメッセージ

東京女子医科大学 統括看護部長
川野 良子

知識技術だけでなく、人間味のある、自分らしい看護を。

誠実であることと慈しむこと。それは、すべての患者さんに対し、自分の親、兄弟姉妹、友人だったらこうしてあげたいと思う看護を実践することではないでしょうか。医療がどんなに高度化、IT化しても、人の手と心に勝るケアはありません。心のこもった手厚いベッドサイドケアは、看護職の基本。まず患者さんに関心を持ち、理解することが看護の第一歩です。
看護の知識や技術と、人としての自分。両者のバランスが取れていることは、とても大切です。そして、知識技術は経験によって身についていきますが、人としての自分は意図的に磨いていく必要があります。たとえばそれは、恋愛や挫折の経験かもしれません。楽しいこともつらいこともたくさん経験して、人として成長していきましょう。
大学病院には教育機関としての使命と役割があります。個々の事情で退職しても、そのほとんどは看護師として働き続け、女子医大で身に付けたスキルと自信、そして誇りを持って全国の医療機関において活躍しています。長い歴史の中で培われてきた自由で進取な風土の中、若いみなさんにはぜひ多くのチャレンジをしてもらいたいし、それができる環境が女子医大なのです。

先輩からのメッセージ

【東京女子医科大学東医療センター】(東京都)の先輩からのメッセージ

救命ICU勤務/看護師/福島県出身
鈴木 嵩

今度は自分が命を救う番。救命ICUで必要な経験を積んでいます。

“医療は経験が全て”仕事を続けていく上で常に痛感する言葉でした。見たことがないことはできないし、知らないことは活かせない。そして、突然の病は誰にでも起こり得ます。それが親、友人かもしれない。そのとき私に経験から培った知識や技術があればその人を救える可能性がわずかでも上がるかもしれない。看護師なのに何もできなかったと自分に絶望せぬよう、今まで医療に携わってきたのにと後悔をせぬよう、必要な経験を積むために東医療センター救命ICUに来ました。医療の最前線、過酷な領域、憧れの救命救急へ踏み出すことに迷いはありませんでした。
ここは都内屈指のホットライン件数で、めまぐるしく毎日が過ぎていきます。必要な経験をたくさん積むことができ、仲間たちと切磋琢磨しています。忙しい毎日ですが経験、看護の楽しさ、家族の温かみ、命の尊さを日々感じています。
病は誰しもが避けては通れないものです。その道にそっと寄り添うことのできる「看護師」は、数ある職種の中でも高貴な仕事だと誇りを持っています。
幼い頃、自分の命を救ってくれた看護師がそっと寄り添ってくれたように、知識と技術で救ってくれたように、優しく包んでくれたように。私は今でも「救命」に憧れています。救われた命に寄り添うことのできる看護師に憧れています。

【東京女子医科大学東医療センター】(東京都)の資料を請求する 【東京女子医科大学東医療センター】(東京都)に応募する

東京女子医科大学東医療センター(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院