>   > あいちの県立病院

あいちの県立病院

【あいちの県立病院】(愛知県)から看護学生へメッセージ

愛知県立病院は他の医療機関では対応が困難な、結核、精神、小児、へき地支援及び感染症等の政策的医療と県民の医療ニーズが高いがんの専門医療を担っており、機能の充実と安心・安全で高度な医療を目指し、施設設備の改善を図るとともに、健全な経営基盤の確立に努力しています。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 1291床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 3交替制(一部2交替制)、がん中央病院、がん愛知病院、小児センターは7:1、精神医療センターは15:1です。
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

愛知県立病院には、がんセンター中央病院・がんセンター愛知病院・愛知県精神医療センター(愛知県立城山病院より改称)・あいち小児保健医療総合センターの4病院があり、それぞれの病院が、がん・精神・小児分野の専門医療における基幹病院としての使命を担っています。患者さんが安心して医療を受けられるよう、一人一人の人格を尊重し、常に真心をこめた看護の実践を心がけています。

看護部長からのメッセージ

これから看護師として入職される皆さんへ

皆さんはどんな看護がしたいと思っていますか。愛知県立病院はそれぞれ、がん看護、精神看護、小児看護の専門性が高い病院です。少しでも興味のある方は大歓迎です。でも、「卒業してすぐに仕事ができるかしら?」と言う不安もあると思います。配属される病棟では、親身になって一緒に考え行動する先輩ナースがいます。また、自分自身の資質向上のため、病院クリニカルラダーに対応した教育プログラムを企画しています。焦らず着実にキャリアアップできるようスタッフ皆でサポートしていきますから、安心してください。

【あいちの県立病院】(愛知県)の資料を請求する

あいちの県立病院(愛知県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院