> 内定から入職までの準備について

内定から入職までの準備

余裕をもって準備することが大事

内定を受けて国試にも合格したら、入職のための準備を始めましょう。また、内定を辞退する際にもマナーがあるので気をつけましょう。

合同就職説明会2020 2019年1月〜全国14都市で開催!詳しくはこちら

入職準備チェックリスト

書類の準備

入職の際に提出が求められている書類は、すべて記入して準備しておきます。書き忘れや捺印のモレがないように気を付けて。

制服の準備

個人で白衣やナースシューズを用意する場合は、規定のものを購入しましょう。貸与の場合は入職日までにサイズ合わせが行われます。

引越しの準備

入職日の一週間以上前に入居できるように、引越し計画を立てましょう。看護師寮に入る場合は、手続きを済ませておきます。

通勤経路の確認

入職当日に慌てないように、自宅から病院までの通勤手段を確認しましょう。入職当日は15分前には到着するように。

入職当日の確認

当日の集合場所、集合時間を確認しておきましょう。資料を読んでもよくわからない場合は、病院に問い合わせて確認を。

ナースグッズの準備

三色ボールペン、メモ帳、ハサミ、ナースウォッチなど、看護師の仕事に欠かせないグッズは入職前に準備しておきましょう。

内定を辞退するときは

病院からの内定を辞退する場合、マナーにはくれぐれも気を付けて。なるべく早めに、電話で、丁寧に辞退の意思を伝えましょう。

なるべく早めに伝える

病院は、あなたに入職してもらうつもりで準備をしています。返事を引き延ばすのは失礼なので、内定通知が届いてから1~2週間以内、なるべく早めに辞退の意思を伝えましょう。

メールではなく電話で

内定を辞退する場合の連絡は、メールよりも電話がおすすめです。内定への感謝とともに、辞退することによって病院に迷惑をかけることに対する、謝罪の気持ちを伝えます。

内定辞退の例

学校、氏名を名乗ってから、「勝手なお願いで恐縮ですが、内定を辞退させていただきたく、ご連絡致しました。お時間を割いていただいたのに大変申し訳ございません」と伝えます。

辞退の理由を聞かれたら?

自分から理由を言う必要はありませんが、聞かれた場合は失礼にならないように答えましょう。「他院からも内定をいただき、熟慮した結果、このような結論に至りました」など。

まずは学校に確認を

学校によっては、内定辞退の調査をしている場合があります。内定を辞退する際にはどうすればよいか、事前に学校に確認しておきましょう。