北海道社会事業協会 余市協会病院

所在地: 北海道
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 81名 病床数: 170床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

患者様の笑顔・地域への貢献
自らの幸せを目指しています。

最新イベント情報(2023/12/12更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

北海道社会事業協会 余市協会病院の先輩看護師情報

石田 あゆみさんの画像

自分にどんなケアが提供できるのか、日々模索しながら頑張っています!

石田 あゆみさん

出身校
北海道立江差高等看護学院
役職・資格
看護師
卒業年
2023年
診療科目
その他

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

病棟に所属してから半年ほど経って、受け持ち患者の人数も増えつつあります。 日々の業務としては、食事介助やオムツ交換などがあります。回復期だと、急性期に比べて経験できる処置が少ないので、めったにやることのない処置がある日にはその日の受け持ちではなくても、プリセプターが見学させてもらえるよう調整してくれます。 現在ではすべてフォローしてもらうのではなく、自分で準備した上で最終チェックを先輩にしてもらう指導に変わりつつあります。それでもわからないことは親身になって教えてくださるので、とても聞きやすいです。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

私は、当初は奨学金を借りる予定がありませんでしたが、学校の先生に教えていただいたのがきっかけで病院見学に行きました。 行ってみて、忙しい中にもかかわらず、看護師の方が丁寧に説明してくださったので理解がしやすかったです。また、スタッフ同士のやりとりを聞いていてとても楽しそうな雰囲気だったので、ここなら頑張って働けそうだと思い、入職を決めました。 奨学金を借りてからは学習などに活用することができたので、とても有意義な学生生活を送ることができました。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

研修では、各病棟で業務をする中で嬉しかったことや困ったことを同期間で共有する場を設けていただきました。解決しづらいことや相談しづらいことも、同じ悩みを持っている同期に話すことで「自分だけが悩んでいるわけではないんだ」と安心することができました。一緒に聞いてくださった先輩方も親身になってださいました。 また、複数の患者さんを受け持つ中で、優先順位が考えられず、業務が終わらないこともありました。研修では、優先順位を意識したシュミレーションを実施したこと、フィードバックをいただけたことで自信につながりました。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

病棟が科ではなく、健康段階に分かれているので、どの病棟でも様々な疾患の患者さんを受け持つことができるところです。 私は回復期リハビリテーション病棟に所属していますが、ナースステーションのすぐ横にリハビリ室があるので、患者さんがどのようなリハビリを行っているか、ADLがどこまで拡大しているかを目で確認することができます。 スタッフの皆さんも接しやすく、若いスタッフが多いので、気軽に相談しやすい環境です。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

実習や国家試験に向けて、勉強に追われた日々を送っていることと思いますが、看護師を目指すことを決めた自分に誇りをもって頑張ってください。 就職活動をしていく中で、どの病院を選んだらいいのか戸惑うこともあると思います。まずは、自分がやりたい看護を明確にすることで、それに沿った病院を探すことができると思います。対面の説明会も増えてきているので、参加してみるのも一つの方法だと思います。 美味しい食べ物がいっぱいの余市で、一緒に働いてみませんか?是非お待ちしています!

入職1年目の頃に苦労したことなど、新卒のころ大変だったことについて教えてください。

病棟に所属したての頃は、何もかもわからない状態だったので、物品の位置を覚えることや、日勤・夜勤それぞれのルーティン業務を覚えるのに時間がかかりました。 新しい環境で慣れない中、一つ一つ業務を覚えていくのは大変でしたが、半年ほど経つと短い時間でも準備ができるようになっていきました。 自分が少しずつ成長できていることを実感できて嬉しかったです。

看護師寮について、家賃や間取りなどの具体的な補助内容と実際に住んでみた感想を教えてください。

私は車で通勤していますが、家は病院から5分程度で着くのでとても近いです。 家賃は駐車場込みで3万2千円で、カーポートもついているので、冬場の寒い中雪下ろしをする必要がなく、朝もゆっくり準備できます。家自体、建てられたのが数年前なので、外観も中も綺麗で住みやすく、比較的近い場所にスーパーやコンビニがあるので便利です。

有給休暇やシフトなど、お休みについて融通がきくか、長期休暇は取りやすいかを教えてください。

毎月3日分、休み希望を出すことができます。 都合によっては師長さんと相談してシフトを組んでもらうこともできました。 夜勤明けからも連休だと長く休めるので、友人と出かけたりすることができて、いいリフレッシュになります。

夜勤はいつから始まりますか?また、夜勤の業務内容や感想印象などを教えてください。

所属先の病棟にもよると思いますが、私は病棟に所属して約1か月経った頃に初めての夜勤がありました。最初はシャドーイングでしたが、徐々に少数人から受け持つようになりました。 日勤に比べると業務は少ないですが、受け持つ人数は多いので、情報収集に時間がかかるなと感じました。また、勤務時間が長いので慣れるまでに時間がかかりました。

今後の目標や、目指している看護師像があれば教えてください。

今は日々の業務や新しいことを覚えるのに必死で、時には辛くなってしまうことがあります。また、失敗を恐れてつい弱気になってしまうこともあります。 ですが、失敗から学べることもあるのだと、自分の失敗を通して知ることができました。今後は、無理せず自分のペースで進みながら、いつでも笑顔で患者さんに接し、信頼されるような看護師さんになれるように、日々成長していきたいです。


この病院を見た人におすすめ!北海道の病院