北海道社会事業協会 余市協会病院

所在地: 北海道
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 81名 病床数: 170床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

患者様の笑顔・地域への貢献
自らの幸せを目指しています。

最新イベント情報(2023/12/12更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

北海道社会事業協会 余市協会病院の先輩看護師情報

則竹 優依さんの画像

患者様に寄り添い、看護を楽しみながら、一緒に働きませんか。

則竹 優依さん

出身校
札幌青葉学園北海道看護専門学校
役職・資格
看護師
卒業年
2017年
診療科目
内科/外科/救急科(ICU含む)/循環器科/小児科

現在の業務内容とエピソード(印象的な看護ケア先輩からの指導など)について教えてください。

現在私は、外来に所属しています。主な業務内容は、患者様のバイタルサイン測定、全身状態の観察、症状の確認、診療や処置の介助、採血等の検査や点滴業務です。内視鏡検査の準備、各検査の説明、予防接種、電話対応、診察室や待合室の清掃、環境整備も行っています。患者様と家族はもちろん、医師や薬剤師、栄養士、他部署(病棟や地域連携室)、付き添いで来られるケアマネジャーやヘルパー、施設職員の方々と連携を図り、患者様の生活を支えられるよう日々努めています。

貴院に入職を決めた理由と、志望動機を教えてください。

私は高校生の頃にインターンシップに参加し、病棟の業務見学や人工呼吸器を装着している患者様の足浴を体験しました。ナースステーションが暖かい雰囲気で皆さん優しく接してくれたのが印象的でした。患者様には丁寧に、業務は正確に働く姿に魅力を感じ、私もここで働いている看護師の方々のようになりたいと思いました。 足浴をした際は、患者様が一生懸命ジェスチャーで「ありがとう」と伝えてくれて、やりがいを感じたのを覚えています。当院は地域を支える病院です。地域で暮らしている方々のために役に立ちたいと思ったのが志望動機です。

新人研修教育プログラムについて印象に残っていることや感想を教えてください。

私が新人の頃は各病棟のオリエンテーション後、1日間点滴等の勉強会を受け、すぐに病棟配属でした。なので現在は、新人教育プログラムが導入され、安心して勤務できる環境が整えられていると思います。

特長や病棟の雰囲気など、貴院の魅力を教えてください。

当院は、外来、病棟、手術室、透析室があり、多種多様な疾患を抱えた患者様と関わることが多く、幅広い医療・看護について学べるのが魅力です。様々な経験を重ね、看護師として成長していける環境にあると思います。地域性もあり、同じ患者様とコミュニケーションを図る機会も多く、回復に向かっている姿、元気に退院して外来に通院する姿を実際に見れて、やりがいを感じる場面も多いです。どのスタッフも業種関係なく皆さん優しく接してくれ、日々助け合いながら業務をしています。

これから就職活動を行う、看護学生のみなさんへメッセージをお願いします。

国家試験で大変な毎日だと思いますが、それを乗り越えて臨床で看護師として働くようになると、大変以上に「看護師になってよかった」と思える瞬間が沢山あります。無理はせずに自分のペースで頑張ってください。 これから先に看護師として歩んでいく中で、看護の楽しさややりがいを感じながら一緒に成長していけたら嬉しいです。余市は美味しい食べ物もお酒も沢山あります。是非余市協会病院で一緒に働きましょう。


この病院を見た人におすすめ!北海道の病院