福井赤十字病院

所在地: 福井県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 576名 病床数: 534床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

人道に基づき、一人ひとりを大切にした看護

最新イベント情報(2024/02/07更新)

直近開催の見学会・説明会 2024/3/9 【福井赤十字病院】就職説明会
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長
真鍋照美

副院長兼看護部長挨拶

看護師(救護員)の養成・育成は日本赤十字社の使命であり、福井赤十字病院では新人教育や継続教育の支援体制が充実しています。また、急性期病院の中で優しい看護(笑顔と技)を行うために、デイパートナー方式の看護体制を取り入れています。毎日の看護業務をパートナーと一緒に行うことで、不安なく業務ができます。そんな福井赤十字病院の中に「あなたの居場所」を見つけてください。大切なパートナーを待っています。

先輩看護師からのメッセージ

2-7病棟/看護師経験1年   
池田 梨乃

学ぶ姿勢・周りの方への感謝を忘れずに日々成長します。

私が看護師として働き始めて1年が経ちました。配属されてからすぐは、出来ないことや分からないことだらけ、命を預かるという責任の重さを感じ毎日不安と緊張でいっぱいでした。しかし、プリセプターや先輩看護師の方々がいつも明るく気にかけてくださり、困ったときも相談しやすい環境で日々成長することができました。

技術面でも丁寧に指導して頂き、自信を持って出来るようになりました。

また、患者さんから「ありがとう」という言葉を頂いた時や退院される時には、自分自身もやりがいを感じることができています。これからも、学ぶ姿勢や周りの方への感謝を忘れずに頑張っていきたいと思います。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設日 大正14年4月1日
院長名 小松 和人
看護部長 真鍋 照美
病床数 534床
結核10床、感染4床
職員数 1110人(うち、看護職員数576人)
患者数 外来:1250人/日 入院:390人/日
診療科目 内科、神経内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、歯科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科
センター・施設 脳神経センター・呼吸器センター・消化器センター・地域周産期母子医療センター・腎センター・がん診療センター・福井赤十字訪問看護ステーション・福井赤十字病院居宅介護支援事業所
看護体制 -
看護方式 固定チーム・デイパートナー方式
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、摂食・嚥下障害看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護、他 、 クリティカルケア
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、災害看護
病院所在地 〒918-8501 福井県福井市月見2丁目4番1号
アクセス 【公共の交通機関を利用する場合】
・JR福井駅から京福バス赤十字病院終点で下車
・JR福井駅からタクシーで10分
・福武線赤十字前駅から徒歩5分

【車をご利用の場合】
北陸自動車道 福井ICから約15分
URL 「福井赤十字病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育体制・研修制度

新人研修

新人看護師教育

◎入職時研修・・・赤十字職員としての基礎力を身につけます
◎ローテーション研修・・3ヶ月間のローテーション研修を行います
◎集合研修・・・看護技術、電子カルテ、褥瘡予防、感染予防、医療安全など様々な知識・技術を身につけていきます

キャリア・スキルアップ支援体制

赤十字施設のキャリア開発ラダー

赤十字施設のキャリア開発ラダーとは、赤十字施設の看護職が、段階的に看護実践能力を向上させ、それを組織が承認していく継続教育システムです。実践者ラダーを基盤とし、そのレベルがⅢになると、そのまま実践者ラダーを積むのか、管理者ラダー、国際ラダー、教員ラダーの3つのキャリアを積むかを選択することができます。

・レベルⅠ(新人):新卒看護師臨床研修と支援体制
本院では、新卒看護師を就職後3ヶ月間「研修生」と位置づけ、ローテーションを含む臨床研修を行っています。この期間、研修責任者や各部署の指導者・教育委員など多くの看護師が指導に関わり、安全で確実な看護実践を行うための知識・技術修得を支援します。

その後はプリセプターや部署の教育委員他先輩たちのサポートを受けながら仕事を覚え、業務を担う一員として成長していきます。

キャリア・スキルアップ支援体制

レベルⅡ基礎2:臨床経験2年目

看護実践力をさらに高め、部署の中で周囲の状況を把握しながら自分に任せられた仕事を遂行できる力をつけていきます。また、事例研究を通して自分の考える看護を実践し、それをまとめる能力も養います

主な研修
救急看護研修Ⅰ(ICUと救急外来研修)
救急看護 看護倫理 褥瘡ケア 感染管理 医療安全 糖尿病看護
事例研究 災害看護論I

キャリア・スキルアップ支援体制

レベルⅡ基礎3:臨床経験3年目

日々の業務の中でリーダーシップがとれる能力、新卒看護師や学生の指導に関わることができる能力を身につけていきます。さらに、赤十字救急法、災害看護を学び、救護員資格を取得します。

主な研修
救急看護研修Ⅱ(OP室)
看護過程 フィジカルアセスメント 感染管理 プリセプター入門 リーダーの役割 災害看護論Ⅱ

キャリア・スキルアップ支援体制

レベルⅢ以上:臨床経験4年目以上

臨床経験を積み重ね、質の高い看護を実践すると共に組織の中でリーダーシップをとり、学生や経験の少ない看護師を教育指導する能力を高めていきます。また、それぞれのキャリアプランにそった能力開発を支援します。

主な研修
新卒看護師教育についての研修 看護研究 退院支援 がん看護シリーズ
糖尿病看護など
赤十字本社管理者研修 語学研修 国際救護員養成研修など

災害看護の研修

看護部の研修


・基礎研修
 卒後1~3年の中で、赤十字救急法・災害看護論等を学びます。

・救護班研修 6回/年
 常備救護班員を対象に、国内救護の出動に備え、2ヶ月に1回研修会を開催し、
 災害救護の知識及び技術等の習得や救護員としての心構えを身につけます。

・救護員フォローアップ研修 6回/年
 救護員としての赤十字看護師のフォローアップ研修です。
 救護員としての災害看護の基礎的知識を再学習します。
 また、実際の災害活動について体験者より講義を受け、学びを深めます。

・管理者研修  1回/年
 中間管理者(看護師長・看護係長)を対象に、災害時における管理者の役割について学ぶ研修です。

・災害時対応能力育成研修 6回/年
全職員を対象に、救護に必要なスキルアップ研修を開催しています。
研修終了後に、総合シミュレーションを行います。

職場の雰囲気

日常風景

職員食堂 さくら
職員用図書室
タリーズコーヒー

病棟紹介

1-4病棟

1-4病棟は、全診療科の小児と、整形外科・腎泌尿器科・婦人科の成人患者さんが入院されています。

また、低出生体重など治療が必要な新生児を対象としたベビーセンターを併設しています。
特に、小児・ハイリスク新生児には、成長・発達をふまえながら療養環境・教育環境を整えて、患児やそのご家族の支援を行っています。そして、退院後も療養支援ができるよう外来スタッフと連携しています。

私たちは、新生児から高齢者まで、あらゆる世代の患者さんに対して、笑顔あふれる明るい雰囲気とチームワークで、安心できるやさしい看護の提供を目指しています。

病棟紹介

集中治療室(ICU)

当院のICUは病床数8床で、呼吸・循環・代謝など集中的に管理が必要な患者さんに対し、麻酔科医、看護師・看護助手が協働して治療・ケアを提供しています。

また毎日主治医や薬剤師・リハビリ技師など多職種によるカンファレンスを行い、患者さんのベストな治療やケアについて話し合い、チーム医療を行っています。
私たちは、入室される患者さんとそのご家族の方が、安心・安楽に医療を受けていただけるよう全力で支援していきます。