姫路赤十字病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 782名 病床数: 560床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

追加募集しています!!経験者歓迎!

最新イベント情報(2024/01/12更新)

直近開催の見学会・説明会 2024/3/8 オンライン開催!病院説明会
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

当院は中播磨・西播磨の地域にあり、100余年の歴史ある病院です。
先輩たちが築きあげてこられた信頼があり、愛されてきた病院です。赤十字社の理念は「人道」ですが、この「人道」を理解し、看護に実践してきた看護師の力は大きかったと思います。
 赤十字社職員として襟を正し、「人道」を理解し実践するよう心がけます。
 
 「看護を語ろう」「看護がみえる化」を目指し、リフレクションを取り入れて、日々患者さんや家族と共感しながらケアを行っています。
 また、一人ひとりを尊重し、患者様・ご家族が参画できる看護、チーム医療を踏まえた看護、安全な療養環境を提供し安心できる看護を実施しています。
 固定チームナーシング継続受け持ち制を導入し、入院から退院までを担当看護師が責任を持って患者様に関わっています。
 卒後教育は、「楽しく学ぶ」をモットーに個々のキャリア開発を支援し、さらに国内外救護員研修等幅広い研修を行っています。


・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
<姫路赤十字病院の特徴を知ってください!>

★兵庫県で18か所のうちの一つ、国指定の「地域がん診療拠点病院」です★
国指定の「地域がん診療連携拠点病院」は兵庫県内で18か所のみです。
また、患者さんの遺伝子情報に基づいた医療を実施するために「がんゲノム外来」を実施しています。

★播磨姫路医療圏で唯一の総合周産期母子医療センター★
 産科と小児科が連携し、ハイリスク妊産婦、ハイリスク新生児のケアを行っています。

★高度医療を担う病院であり、手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)を導入しています★

★災害救護・国際的な救援活動も目指せます★


<姫路赤十字病院のここがいい!>
★看護提供方式は新人には心強いHRC-PNS(姫路赤十字病院パートナーシップ ナーシングシステム)★
先輩・後輩がパートナーとなり、日々の看護をペアで行っていきます。
「パートナーシップマインド」の3つの心を大切に、安全で質の高い看護ケアを提供します。

★ボトムアップの改善活動★
クリニカルマイクロシステムを実践!
(クリニカルマイクロシステムは、医療現場の最前線で働く人々が患者さんのために改善していくボトムアップの仕組みです。)
患者満足度・職員満足度とも大切にし、より良い病院づくりを目指しています。

★働きやすい環境が整っています★
・学びを支える環境がある
 図書室や看護技術の練習ができるスキルラボ室があります。
・夜勤は選択でき、月毎に2交替と3交替の選択もできます。
・有給休暇がたくさん取れる(2022年度有給休暇取得日数 15.49 日)
・夜間や病後児保育所もある
・病院のそばに寮がある


<先輩が当院に入職を決めた理由は?!>
★東日本大震災の際にテレビで赤十字の活動を見て、災害時に国内外への派遣に対応していることを知り、災害時や緊急時に力を発揮できるようになりたいと思った。

★周産期母子医療センターがある、教育体制が整っている、ワークライフバランスも重視されており、夜勤の選択ができるなどに魅力を感じたため。

★実習を経て、縦の繋がりも横の繋がりも大切にされている当院で、素敵な先輩方と一緒に働きたいと思ったため。

★(転職での入職者)長い歴史があり最新の設備が整っているところで働きたいと考え、以前同じ病院で働いていた友人から「研修を受ける機会や福利厚生が充実している」と、この病院を勧められ、キャリアアップやライフイベントにも対応でき長く働くことができる環境であると知ったため。
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


看護部長からのメッセージ

看護部長
駒田香苗

ひとり一人の患者さんに応じた あたたかい看護を提供します

高度急性期・急性期医療を提供するためにはひとり一人の患者さんにあたたかい看護が提供できる質の高い看護師の育成が課題です。医療社会情勢は大変革期にありますが医療従事者のタスクシフトが推進されており、看護部も業務拡大に向け積極的に教育体制を整えタスクシフトに取り組んでいます。当院は地域で唯一の特定行為研修指定機関の認可を受けており現在12名の特定看護師が誕生しました。院内外を問わず患者さんのために安全でタイムリーに看護が提供できるよう今後さらに取り組んで行きたいと思います。
また当院は「赤十字」としての大きな使命があります。あらゆる自然災害等の危機的状況にも対応できるよう、赤十字施設の看護師キャリア開発ラダーに基づき実践能力の向上を目指しています。
患者さんやご家族にも医療チームの一員になっていただき多職種で医療現場をより良く改善する組織文化を大切にしています。どの職種も患者さんのためにより良い医療を提供したいと願って働いています。患者さんからいただく「ありがとう」に勝るものはなくそれが職員の「やりがい」につながります。この「やりがい」を共に喜べるあたたかい職員同士の関係性も当院の誇りです。長い歴史の中で先輩方から引き継がれてきた大切な組織文化を今後も継続していきたいと思っています。

先輩看護師からのメッセージ

NICU勤務 看護師
東 瞳

私らしく

私が勤務するNICUは、重症で人工呼吸器管理中の児が大勢いて、モニターのアラーム音が鳴り止むことはあまりありません。緊張感の高い環境、毎日忙しい業務の中ですが、赤ちゃんのふとした成長や笑顔、ご両親との関わりに癒されています。しかし、新人の頃は人一倍不器用で物覚えが悪く、ミスも多く、仕事が楽しいと感じた事はありませんでした。自分を奮い立たせるせるために、「石の上にも三年」と言い聞かせて毎日を過ごしていたように思います。そんな私も指導する立場になった時、なかなか仕事が覚えられない新人を見ると、「私もこんな時があったな」「こんな関わりがしてほしかったな」と相手の事を考え新人に関わる事ができるようなりました。苦い思い出の年月も無駄ではなく、いつかどこかで役に立つのだと実感しています。
結婚後は2人の子供に恵まれました。家に帰ってからは子供の事を考え、自分の時間は無くなったように思います。世間から取り残された感じがして寂しくなったときもありました。そんな時、私らしく居させてくれたのがNICUでした。仕事をしているときは母ではなく、私らしく働ける時間です。でも、NICUでの看護も2人の子供がいてこそ奥が深い看護に繋がっています。慌しい毎日ですが、これからも仕事と家庭の両立で頑張っていきます。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設者 日本赤十字社
開設日 明治41年4月1日
院長名 岡田 裕之
看護部長 駒田 香苗
病床数 560床
うち感染症6床
職員数 1374人(うち、看護職員数782人)
患者数 外来:1276人/日 入院:471人/日
診療科目 内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、乳腺外科、腫瘍内科、肝臓内科、糖尿病内科、放射線治療科、緩和ケア内科、病理診断科、臨床検査科、化学療法内科
センター・施設 地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院(高度型)、総合周産期母子医療センター、災害拠点病院、臨床研修指定病院、歯科医師臨床研修指定病院
救急指定 二次救急
看護体制 7対1
看護方式 パートナーシップナーシングシステム
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、小児救急看護、新生児集中ケア、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護、慢性呼吸器疾患看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、母性看護
病院所在地 〒670-8540 兵庫県姫路市下手野1丁目12番1号
アクセス JR、山陽電鉄姫路駅から神姫バス15分~20分『日赤病院前』下車
URL 「姫路赤十字病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 神戸大学、神戸市看護大学、甲南女子大学、鳥取大学、川崎医療福祉大学、近大姫路大学、関西福祉大学、日本赤十字広島看護大学、日本赤十字九州国際看護大学、日本赤十字社助産師学校、京都府医師会看護専門学校、神戸市医師会看護専門学校、広島県厚生連尾道看護専門学校、徳山看護専門学校、相生市看護専門学校、姫路市医師会看護専門学校、姫路赤十字看護専門学校
インターンシップ受付中 2023年度の説明会はWEB説明会とさせて頂きます。
当院ホームページよりお申し込みください。
ご参加をお待ちしています。

https://himeji.jrc.or.jp/nurse/internship.html

開催日:R6.2/9 (金) 2/22 (木) 3/8 (金) 3/22 (金)
※時間は全て16:30~17:00

この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院