名古屋市立大学医学部附属東部医療センター

所在地: 愛知県
病院形態: 大学病院(国立・公立・私立)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 524名 病床数: 520床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

令和3年4月から公立大学法人名古屋市立大学の医学部附属病院となりました!
業務拡大による追加募集中です!
資料請求送付にお時間をいただいております。順次送付しておりますので、今しばらくお待ちください。

最新イベント情報(2024/03/05更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

当院は「心臓血管センター」「脳血管センター」を有し、「断らない救急」を合言葉に、高度・専門医療、災害・感染症等発生時の医療を行い、地域の中核的病院の役割を果たすとともに、市民の皆様に愛され、信頼される病院を目指しています。クリニカルラダーで、看護実践能力を把握しながら意欲的に取り組むことができるように支援しています。「看護を通して選ばれる病院」を目指し、患者さんの意向を反映した「参画看護」を実践し、やりがいのある質の高い看護を目指しています。

看護部長からのメッセージ

看護部長
後藤るり子

チームワークを大切にできる看護師

ラダーシステムにより、教育を受ける環境は、整っていますが、自立した看護実践者になるためには、自ら学び、実践していく努力が必要になります。自らの学ぶ態度が結果に大きく影響を与えると思います。また、看護の実際を学ぶ事ができるのは、現場であると思います。その大切な現場の組織の一員である意識を忘れずチームワークを大切にできる看護師でいてほしいです。皆さんは、看護師になるまでに沢山の方々から様々な支援を受けて来られたと思います。身近なご両親やご兄弟、先生、友人など思い出してください。感謝の気持ちを忘れないことが患者さんにも良い看護が行えると信じています。また、礼節を重んじ、究極のサービス業にふさわしい態度や行動ができるように日頃から心がけています。

先輩看護師からのメッセージ

手術室
看護師

必ず楽しさを感じられる日が来ます!

手術室看護のやりがいは??
手術とは患者さんの人生において重大な出来事だと思います。その場面に携わり、すぐ傍でサポートできる事にやりがいを感じます。また病棟と比べ、手術室では意識のある患者さんと関わる機会は少ないです。そのため麻酔科外来や術前訪問を通し、安心・安楽のある手術看護を提供できるよう事前に患者さんと話し合う事や、手術中は一人の患者さんの事を考え、患者さんにとって最善のケアの提供に努める事ができます!幅広い知識や技術が必要ですがその分スキルアップができ、必ず楽しさを感じられる日が来ます。一緒に頑張りましょう。

病院概要

病院形態 大学病院(国立・公立・私立)
開設日 1890年
院長名 大手信之
看護部長 後藤るり子
病床数 520床
職員数 882人(うち、看護職員数524人)
患者数 外来:1005人/日 入院:398人/日
診療科目 内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、歯科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、救急科(ICU含む)、乳腺・内分泌外科、病理診断科
センター・施設 ICU集中治療室、CCU循環器疾患集中治療室、HCU高度集中治療室、手術室、内視鏡室、心臓血管センター、脳血管センター
救急指定 三次救急
看護体制 一般病棟7:1
看護方式 固定チーム継続受け持ち制
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、救急看護、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、慢性心不全看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
老人看護
病院所在地 〒464-8547 愛知県名古屋市千種区若水一丁目2番23号
アクセス 市営地下鉄(東山線・桜通線)今池駅3番出口より徒歩にて約10分
市営地下鉄(東山線)池下駅1番出口より徒歩にて約13分
URL 「名古屋市立大学医学部附属東部医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 愛知県保健看護大学校

(五十音順・2023年4月入職者実績)

教育体制・研修制度

新人研修

新人教育プログラム

東部医療センターでは、集合研修と職場での実務研修を組み合わせ、職員全員で新人を支援しています。集合研修で教育担当者だけでなく、現場で指導を担当する実地指導者も参加し、職場の実務研修をつなげる研修システムになっています。

認定看護師資格取得のための研修派遣制度

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

 脳卒中急性期から維持期に至るすべての脳卒中患者を対象に、後遺症を少なくし残存機能を活かして、その人らしい生活ができるよう多職種と連携して看護に取り組んでいます。また脳卒中は再発しやすい病気です。再発予防ができるよう、患者や家族と一緒に生活習慣の見直しを行っています。

クリニカルラダ―

自律性を高める教育制度

自分から積極的に成長していく力をつけていけるように、看護部はクリニカルラダ―で段階的に支援していきます。

新人看護職員フォローアップ研修

院外での新人職員集合研修

日頃とは違う環境で自分を見つめ直す研修です。
それぞれの職場での近況も報告し成長を確認できます。

メンズナース

東部医療センターになってよかったことは?

救急センターは他部署と比べて多くの男性看護師が活躍しています。院内には10名の同期の男性看護師がおり、悩みの共有や相談、プライベートでの食事会など仲が良く、仕事をしていく上で支えになっています。先輩方は男女関係なく新人である僕たちに対して分け隔てなく接してくださり、親身になって不安や悩みを聞いてくださいます。また、勉強会の企画など学習面でもぬかりなくサポートしてもらえ、日々のアセスメントに活かしています。この病院、この部署に所属できて本当に良かったです。

職場の雰囲気

日常風景

先輩たちが新人を見守っていてくれる職場です。
「あたたかい心を届けよう」看護部の理念はどんな場面でもスタッフの心に刻まれて、ケアに活かしています!

救急車4台受け入れ可能な救急玄関

断らない救急を目指す

救急搬送件数7212件(2022年度)

集中治療センター

設備の整った環境

ICU


この病院を見た人におすすめ!愛知県の病院