池上総合病院

所在地: 東京都
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: 330人 病床数: 384床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

【PNS導入】東京都大田区の地域密着型、二次救急総合病院!安心の環境で急性期~療養まで幅広い知識を身につけませんか?

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

【2023年1月1日最新情報】
2024年新卒者応募を2023年3月13日より受付開始いたします!
みなさまのご応募お待ちしております。
病院採用情報ページ:https://recruit.nurse-senka.com/meeting/detail/136891?establishment_id=2012374


★当院のいいところ★
 
・当院は、循環器領域の救急医療に特化し、ERとCICUの機能を活かした2次救急指定医療機関であり、災害拠点病院としての役割も果たしております。
 総合病院の機能として25科の診療科があり、急性期医療から慢性期医療まで幅広いニーズに応えているケアミックス型病院です。

・当院では、2015年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しています。
 看護師の経験年数に関わらず、2名の看護師が複数の患者を受け持ち、互いに補完し、相乗効果を発揮しながら、安心で安全な質の高い看護を提供するという看護方式です。

・最初の4年間で必ず「内科」系、「外科」系両方の部署に配属されるため、幅広く学ぶことができます。
また5年目以降は1年毎に配属の希望を確認するので、看護師としての専門性を磨きたい、
子育てなどライフワークの変化にあわせて無理なく働きたいなど、自身のキャリアと向き合うことが可能です。

・入職して2週間の集合研修は、看護実践を学ぶだけでなく同期の仲間との絆を深める大切な時間になります。
 また、定期的にテーマを変えた集合研修、フォローアップ研修などを織り交ぜた1年間の研修プログラムを一緒に学んでいき、
卒後5年までの教育研修体制があります。

・新入職者は初回の夜勤は4名体制フォロー(基本は3名体制夜勤。部署により異なります)

・キャリア支援制度(認定看護師、専門看護師、臨地実習指導者研修、看護管理過程、特定行為研修、その他)
 ※専門・認定看護師資格取得支援、特定行為研修取得支援があります

・当院は付属の看護学校はありません。新卒は皆さん外部からの入職となります。
既に存在している新卒同士のコミュニティ一などはなく、一から人同士の関係を構築するので、とても風通しがいいと評判です。

・看護師寮は病院から歩いて5分前後、寮の近隣には商店街があり、コンビ二、スーパー、薬局、飲食店などが揃っています。
 寮から最寄駅まで徒歩3分程度なので、お出かけにも便利。充実したプライベートライフを送ることができます。

・東京23区内の大田区にあり、渋谷や横浜にも乗りかえ1回、30分で行ける便利なエリアです。
羽田空港や、東京駅も30分程度、東海道新幹線が通る品川駅は15分以内なので、帰省にも便利です。
 
  ★病院PR★ 
 当院は開院当初より、皆様が必要とする時に、高度な医療を提供できるように努めてまいりました。特に救急医療に対しては、救急医療センター、集中治療室を開設し、内科系及び外科系医師が連携をとり、365日、24時間体制で専門スタッフが救急医療にあたっております。また、総合病院として急性期医療、25の診療科目といった特色を生かしたチーム医療に力を入れ実践しております。さらに、当院では予防医学として健診センターを開設し、生活習慣病の予防、早期発見、早期治療にも努めております。 今後とも、病院と診療所との地域連携を深めることに努力して、地域医療に一層の貢献をし、「地域に根ざした親しみやすい病院」を作りたいと考えております。

 
 

看護部長からのメッセージ

看護部長からの挨拶

看護部では、PNSを導入し4年目になりますが、新人や入職者のフォローが行き届き、不安の軽減に繋がっています。
また、先輩ナースと一緒であるため、早くから重症者の観察等もできるようになり新人の成長も目覚ましく、イキイキと働いています。
新人教育の中の特徴として、3年間で部署移動をする事により、内科系・外科系の部署を経験することが出来ます。必要な知識と技術を身につけ、防災看護に対応できる看護師を育成しています。
看護部の卒後教育体制も整っておりますので、ご安心ください。

当院ではインターンシップ制度を実施しておりますので、ぜひこの制度を利用していただき、PNSの良さを体験してみてください。お待ちしております。

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

【入職した理由は何ですか?】
北海道出身なので、寮があり駅からも近いところ、4年間で内科と外科どちらも経験でき、PNSがあることが魅力に感じました。ネットで調べて学校の先生にも相談して、決めました。

【職場の雰囲気など、実際に働いてみた印象は?】
職場は優しく、教育熱心な先輩が多い環境だと思います。PNSで先輩に相談しやすく、心強いです。
最初の頃は整形外科の患者さんしかみられなかったのが、段々と慣れてきて、他科や持病を持つ患者さんなども担当できるようになりました。

【仕事のやりがい】
「ありがとう」という言葉をもらったりすると嬉しいですね。

【教育について】
1年目の後半でしたケーススタディの発表は、師長さんたちの前で発表をしました。
まとめるのは大変でしたが、患者さんに対してどう関わったことでプラスになったか自分の看護を振り返り、再確認できた貴重な機会でした。

【どんなキャリアアップを目指していますか?】
一人ひとりの患者さんと向き合い、その人の背景を含めてアセスメントできるようになりたいです。

【病院の良いところ!アピールできるところは?】
人間関係の良さです。看護の実習生も来ていますが、病棟の雰囲気はいいと思います。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 1993年10月
院長名 繁田 明義
看護部長 佐藤 美加
病床数 384床
うち、一般病床248床、療養病床94床、地域包括ケア病床42床
職員数 820人(うち、看護職員数330人)
患者数 -
診療科目 内科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、リウマチ科、腎臓内科、歯科、形成外科、消化器外科、脳神経内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、 糖尿病・内分泌内科、救急科、病理診断科
センター・施設 健診センター、透析室43床
救急指定 二次救急
看護体制 急性期7:1、地域包括ケア13:1、療養20:1
看護方式 パートナーシップナーシング(PNS)
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア 、 認定看護管理者2名
病院所在地 〒146-8531 東京都大田区池上6-1-19
アクセス 東急池上線「池上」駅より徒歩1分
URL 「池上総合病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 札幌医療保健大学、弘前学院大学、八戸看護専門学校、弘前市医師会看護専門学校、日本赤十字秋田看護大学、中通高等看護学院、岩手県立宮古高等看護学院、秋田しらかみ看護学院、宮本看護専門学校、群馬県立県民健康科学大学、群馬パース大学、国際ティビィシィ小山看護専門学校、茨城キリスト教大学、人間総合科学大学、さいたま看護専門学校、日本保健医療大学、朝霞地区看護専門学校、日本医療科学大学、了徳寺大学、千葉科学大学、城西国際大学、千葉中央看護専門学校、東京情報大学、東京都立荏原看護専門学校、東京都立府中看護専門学校、首都医校、東京墨田看護専門学校、成増高等看護学校、東京有明医療大学、東京家政大学、帝京高等看護学院、聖和看護専門学校、大東文化大学、帝京科学大学、神奈川県立衛生看護専門学校、横浜中央看護専門学校、横浜創英大学、横浜実践看護専門学校、横浜市立大学、湘南医療大学、神奈川衛生学園専門学校、川崎市立看護短期大学、たまプラーザ看護学校、国立病院機構富山病院附属看護学校、福井市医師会看護専門学校、佐久大学、飯田女子短期大学、岐阜医療科学大学、名古屋医専、姫路獨協大学、関西医科大学附属看護専門学校、関西看護医療大学、神戸女子大学、行岡医学技術専門学校、和歌山県立熊野高等学校、倉敷看護専門学校、岩国YMCA国際医療福祉専門学校、穴吹医療大学校、高知中央高等学校、福岡県私設病院協会看護学校、福岡保健学院福岡水巻看護助産学校、有明高等学校、小倉南看護専門学校、長崎県立大学、佐世保市医師会看護専門学校、柳ヶ浦高等学校、大分市医師会看護専門学校、別府溝部学園高等学校、熊本駅前看護リハビリテーション学院、熊本中央高等学校、鹿屋市立鹿屋看護専門学校、鹿児島医療技術専門学校、鹿児島大学、北部地区医師会北部看護学校、那覇市医師会那覇看護専門学校
全国各地から入職実績あり! 当院は、上記記載の通り、全国各地の出身者が多く勤務しています。既卒者にも地方出身者は多く在籍しています。羽田空港や新幹線のターミナル駅:東京駅が近いことも様々なエリアの出身者が多い理由になっています。
法人経営の病院です! 関東に約50施設程展開する法人が母体の病院です。法人全体では、透析クリニックが多く病院は、当院を含めて全部で5つ。法人の中で一番大きい施設が当院になります。

教育・研修制度

新人研修

新人集合研修

入職して2週間の集合研修は、看護実践を学ぶだけでなく同期の仲間との絆を深める大切な時間になります。
フォローアップ研修などを織り交ぜた1年間の研修プログラムを一緒に学んでいきます。

■入職オリエンテーション
■看護部の教育体制
■電子カルテの操作方法
■医療安全
■活動・休息の援助
■創傷管理(褥瘡)
■感染予防
■呼吸循環(酸素ボンベ・吸入・口腔ケアなど)
■救命救急措置
■食事援助
■排泄援助
■与薬(注射・点滴)
■フィジカルアセスメント(バイタルサイン)
■ME機器の取扱い

など

教育制度1

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

当院では、2015年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しています。
看護師の経験年数に関わらず、2名の看護師が複数の患者を受け持ち、
互いに補完し、相乗効果を発揮しながら、安心で安全な質の高い看護を提供するという看護方式です。
入職後は先輩のペアに3人目として同行し業務を覚えていただきますのでご安心ください。(夏~秋にかけて2人体制となります)

【メリット】
①ペアで協力し、情報収集・共有をしてケアを提供します。
 カルテ入力や、患者様の処置など、わからないこと、相談したいことがその場で確認できます。
②業務効率があがり残業時間が減少します。
③新人の時から、重症度の高い処置も観察して学べるので、看護知識、スキルなどの成長促進につながります。

教育体制2

2022年度 新人研修スケジュール

4月:2週間の集合研修

5月:薬剤師の役割を知ろう
  薬剤投与時の看護(注意点・取扱含む)
  夜勤前研修

6月:輸血について
  静脈注射・留置針穿刺 演習・テスト

7月:報告・連絡・相談・ISBARについて

8月:メンタルヘルス研修

9月:6ヶ月の振り返り

10月:急変時対応研修、KYT

11月:ケーススタディについて

12月:看護倫理綱領と看護倫理

1月:看護倫理事例検討、看護過程展開

2月:入他院支援、意思決定支援

3月:1年間の集大成、ケーススタディ発表会

教育制度3

卒後5年間の育成研修

5年間で一人前の看護師として成長することを目標とした研修プログラムです。

≪看護師像を見極める4年間≫
入職して最初の4年で、内科系・外科系を各2年どちらも経験してその後のキャリアを決めることができます。
もちろんやりたい方向性が決まっている方には、その道を経験してもらえるように考慮しています。
5年目は1年毎に異動の希望を取りますので、看護師としてのキャリア形成を考え専門性を磨きたい、
子育てなどライフワークの変化にあわせて無理なく働きたいなど、年1回配属先の希望を提出することが可能です。

【1年目】
■基本的知識・技術および社会基礎力を身につける
■看護師としてのマナーを身につける
■助言・指導を受けながら看護業務が実践できる

【2年目】
■標準的な看護計画に基づき自立して看護業務を実践できる

【3年目】
■リーダー業務を通じて、リーダーシップを身につける

【4年目】
■中堅スタッフとしての役割を理解し、後輩を指導できる

【5年目】
■組織としての自分の役割を見出し、チーム医療にかかわることができる

教育制度4

クリニカルラダー

臨床実践に必要な能力を段階的に評価し、看護師としてのキャリアアップを目指します。

【ラダーレベルⅠ】
基本的な看護手段に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践する

【ラダーレベルⅡ】
看護過程に沿った個別的ケアを実践でき、状況に沿ったリーダーシップがとれる

【ラダーレベルⅢ】
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する

【ラダーレベルⅣ】
幅広い視野で予測的判断を持ち、看護を実践する

【ラダーレベルⅤ】
より複雑な状況下において、ケアの受け手によっての最適な手段を選択し
QOLを高めるための看護を実践する

職場の雰囲気

日常風景

病院内観

この病院を見た人におすすめ!東京都の病院