医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター

所在地: 千葉県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師 保健師 助産師
看護師数: 1154人 病床数: 992床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

亀田メディカルセンターは亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院の総称です。

Always Say YES!一人でも多くの患者さまに笑顔でお帰りいただけるように。

◆イベント◆
オンライン見学会・病院見学会(土曜日/月1回)・個別見学(平日/1日1組)実施中!

◆採用試験◆
web面接対応しています!
イベントの参加種別が選考に影響することはありません。

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 『亀田メディカルセンター』は、亀田総合病院を中心とした、亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院などの医療サービス施設の総称です。
 千葉県南部に位置し、基幹病院としての役割を担う当センターには、診療科目34科を有し、1日の平均外来患者数3,000名と近年では国内の様々地域また海外からも患者さまが来院されます。
 
 亀田メディカルセンターは外来診療から急性期の治療(入院)そして、急性期の治療を終えた回復期のリハビリまで、患者さまお一人お一人に合った質の高い医療を提供することにより患者さまのQOL(Quality of Life :生活の質)の向上を目指しています。
 
 
 
・外来診療 亀田クリニック(病床数19床)
 ・救急・急性期医療・総合周産期 亀田総合病院(病床数925床)
 ・亜急性期医療 亀田リハビリテーション病院(病床数56床)
 ・健康管理 検診センター(鴨川・幕張)
 ・亀田総合病院附属 幕張クリニック
 ・亀田ファミリークリニック館山
 ・亀田京橋クリニック
 ・亀田森の里病院
 
 
 【認定施設】
 ・千葉県救命救急センター
 ・厚生労働省指定臨床研修指定病院
 ・厚生労働省指定(外国人医師)臨床修練指定病院
 ・災害拠点病院
 ・HIV拠点病院
 ・厚生労働省歯科医師臨床研修指定病院
 ・開放型病院 30 床
 ・難病医療協力病院
 ・肝疾患専門医療機関指定
 ・ISO9001認証取得 ver.2008
 ・地域難病支援事業 (地域中核病院)
 ・小児救急医療拠点病院補助金対象施設
 ・地域リハビリテーション支援病院
 ・医療機能評価機構:一般病院認定(継続更新)
 ・地域医療支援病院名称承認
 ・千葉県総合周産期母子医療センター
 ・地域がん診療連携拠点病院
 (地域がん診療拠点病院:平成15年12月認定)
 ・JCI(Joint Commission International)認証取得
 ・基幹災害医療センター指定
 (地域災害医療センターより指定変更)
 
 
   ★個別見学受付中(平日木曜日以外)★ 新型コロナウイルス感染対策のため、見学コースに制限がありますが、

 病院の雰囲気や特徴が分かる内容です♪
 交通費補助(当院規定に基づく)あり
 
 ◆採用試験について◆
 イベント参加されていない方も、参加された方と同じ基準で選考いたしますのでご安心ください。
 受験後、状況が落ち着いてからのイベント参加も承ります。
 お申込をお待ちしております。

看護部長からのメッセージ

亀田総合病院 看護部長
渡邉 八重子

チーム医療のキーパーソンとして一緒に成長していこう

看護師が医師と他の専門職との潤滑油的な機能をし、質の高い医療を提供するためには、確かな専門的知識に裏付けられた優れた実践能力と、協働しあうためのコミュニケーション能力が必要です。
これは、段階的な教育と経験によって身に付いていくものです。一人ひとりが主体的に自己成長を目指し
一歩ずつ前に進んでいけるよう私たちが全力でサポートします。

先輩からのメッセージ

高崎健康福祉大学 2014年卒業 (ER勤務)
Y.Nさん

★救急外来勤務★先輩ナースにインタビュー

【亀田に就職を決めた理由】
三次対応の救急病院で就職先を検討しており、亀田という名前は知っていましたが、病院について具体的な事はまだ何も知らない中、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本で偶然紹介されているのを読み、“実際に見てみたい”と強く思いました。実際に行ってみると、イメージ以上に雰囲気や環境がとても魅力的で、“ここで働きたい!”と即決し就職を決めました。

【実際に働いてみて】
憧れの救命救急センターに配属してもらい喜んだのも束の間、実際は想像以上に日々忙しく、責任を大きく伴う仕事だと改めて痛感する毎日でした。救急外来は学生時代の実習とは異なる部分がたくさんあります。病棟と違い、どのような病気が隠れているか分からない患者さまに対し、症状から様々な可能性を考えて関わるため、幅広い知識が必要とされます。まだ未熟ですが、一人一人の患者さまとの関わりを通して学び、個別性に合わせた看護を行えるようにこれからも頑張っていきたいです。

【将来のこと】
私が働いている職場では、救急認定看護師の資格を持っている先輩が数名おり、専門・認定看護師に興味があります。救急や、集中治療室などで働く中で、自分自身がより深く学びたい分野を見つけていきたいと思います。

ナース専科からひとこと

★亀田総合病院 新A棟 2012年7月竣工★ 誰もが安心して気兼ねなく入院生活を送ることができ、しかも、医療スタッフにも働きやすく、患者さまが安心して療養できる多床室をメインとした新病棟を目指しています。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
院長名 亀田総合病院長 亀田俊明 亀田クリニック院長 黒田浩司 亀田リハビリテーション病院長 永田智子
看護部長 渡邉 八重子
病床数 992床
一般865床(うち開放病床30床)、精神55床
職員数 3650人(うち、看護職員数1154人)
患者数 外来:3000人/日 入院:800人/日
診療科目 内科、心療内科、脳神経内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、歯科、矯正歯科、小児歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産科、婦人科、アレルギー科、東洋医学科、リウマチ科、ペインクリニック、救急科 病理診断科
センター・施設 救命救急センター、ICU集中治療室、NICU新生児集中治療室、HCU高度集中治療室、手術室、内視鏡室、訪問看護ステーション、周産期センター、人工透析センター、検診センター、介護老人保健施設、人間ドック
救急指定 三次救急
看護体制 2交替制 一部 3交替制
看護方式 チームナーシング 一部プライマリーナーシングあり
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護、慢性心不全看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、急性・重症患者看護
病院所在地 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
アクセス 東京駅八重洲口より高速バス(アクシー号)終点亀田病院下車(120分)
JR外房線:安房鴨川駅下車
日東交通バス:興津・行川アイランド行「亀田病院前」下車(約8分)
URL 「医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 全国215校(大学・短大・専門・高専)の卒業生が入職実績あり
★Instagram★ 現在、看護師採用推進室では看護学生に向けてInstagramを活用し、リクルート活動や院内情報を発信しております。
ぜひご覧ください♪
ホームページをリニューアルしました! リクルートサイトが2021年秋にリニューアルオープンしました!先輩からのメッセージが盛りだくさんです。概要や教育体制、福利厚生についても詳しくご紹介しています。

教育・研修制度

新人研修

看護管理部 教育担当副部長

新入職のみなさんは、社会人1年目の新生活に期待と不安を胸に入職されます。
一人前の看護職になるために必要な知識・技術の修得、新たな人間関係の構築で戸惑うこともあるでしょう。
そんなとき、亀田には技術面、精神面等の様々な側面からあなたを支えてくれる仲間がいます。そして疲れを癒してくれる自然があります。
困難と感じるときこそ成長のチャンスです。
前向きにたくさんのことを吸収してください。将来、目標となる先輩看護師にきっと出会えるでしょう。
あなたの看護職としてのスタートを私達が支援します。

スタッフの“技術力”を支えるCSSセンター

24時間利用可能

医療という命を預かる仕事をしていく中で、看護師は「ミスをしたらどうしよう」といったネガティブな思考に押しつぶされそうになる時があります。
そんな中、CSSセンターにて行っている技術トレーニングは、新人からキャリアまで真の技術力を身に付け、自信を持って質の高い看護を患者さまへ提供することにつながっています。

24時間利用可能なCSS(Clinical Skills&Simulation)センターでシミュレーター
医療技術トレーニング&様々な病態を想定した実践さながらのチーム医療トレーニングが可能です。

専門・認定看護師が多数活躍中!

資格取得支援制度もあります

専門・認定看護師が28名在籍しており、キャリアアップの為のアドバイスをしたり、研修を行ったりしています。
資格取得支援制度もありますので、将来エキスパートを目指す方は、是非チェックしてください♪

【専門看護師】
がん看護、急性重症患者看護

【認定看護師】
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護、慢性心不全看護

認定看護師にお話を聞いてみました!

摂食・嚥下認定看護師として

【Q】摂食・嚥下障害看護認定看護師について、紹介をしてください
【A】人間にとって、「食べること」は栄養補給だけではなく、人生において楽しみにもつながります。摂食・嚥下障害とは、脳卒中や神経筋疾患等様々な原因で起こります。ご病気により食べる楽しみが奪われてしまうと、生きる意欲やQOLが大きく損なわれてしまう事があります。そんな患者さまの「食べたい」気持ちに寄り添い、安全に食べられるよう支援することが役割です。

【Q】認定看護師を目指そうと思ったきっかけを教えてください
【A】看護学生の時に肺炎の患者さまを担当させていただきました。その方は治療のため欠食を強いられていたのですが、食事が再開された時、最初の1口を食べ「美味しい」ととても素敵な笑顔をされたのを見たのです。その時に、「食事は人をこんなに笑顔にできるんだ。」と感じました。
看護師として入職してからは日々の業務をこなしていく事で充実した毎日を送っていましたが、5年目になり、ふと「このままでいいのか…。」という物足りなさを感じ、自分の原点に立ち返った時にこの分野が目にとまり、目指そうと思いました。

気になる新人教育!

みんなで育てる

病院の役割や理念、看護師や社会人としてのマナー、コミュニケーション研修などの基礎から、看護技術の研修など、1年を通して豊富な研修が組まれています。
その時つまずきやすいことや、必要になるものを、抜けなく教育を受けられるようスケジュールしているだけでなく、キャリア・アドバンス・システムという当院独自の教育システムを通して、一人ひとりが看護師としての目標を見つけられるよう支援を行っています。
病棟では、実地指導者(プリセプター・アサイメント)の先輩が新人を手厚くサポートします。
また、その実施指導者をサポートする教育担当者も各病棟に配置。「新人看護師研修責任者」という、新人サポートを専任とする師長もおり、仕事面だけでなく精神面でのサポートにも力を入れています。
新人はみんなで育てる!

新人教育以降は?

キャリア支援

新人教育以降は実践能力段階別の教育を行っていきます。
一人ひとりにあった教育プログラムを提示してくれ、能力や目標に合わせた教育を受けることができます。
「経験を積む中で、自分の看護観が明確になり目標が見えてきた時、目標に合わせた教育サポートが必ずある。」そんな環境を目指しています。

・専門看護師、認定看護師、診療看護師の資格取得支援(奨学金制度・修学金制度あり、休職手当あり)
・特定行為研修(特定行為の研修指定機関なので、業務研修として研修に参加することができます)
・麻酔看護師(研修を受講後、麻酔科専門医のもと、手術室内外の麻酔科業務に携わることができるようになります)
・専任教員、グループ大学との人事交流(看護師養成に携わりたい方に対する支援があります)

職場の雰囲気

日常風景

患者さま、コメディカルスタッフと。
OPE室風景
画像センターのミーティング風景。

北海道から沖縄まで全国から看護師が集まっています。

和気あいあいとした雰囲気です。

全国から個性を持った仲間が集まっていて、病棟も明るく活発な雰囲気です。看護師はチームで課題を乗り越えていくことで絆が強くなり、人と人とのつながりを感じることができるやりがいある職業です。一緒にチームの一員として働きましょう!

男性看護師も大勢活躍しています。

男性管理職も多く活躍しています。

どの病棟もチームワークが良く、男性スタッフにはパパもいるので病棟のお父さん的存在にもなったりしています。忙しい時でもお互いに声を掛け合い、協力し合う素晴らしいチームです。


この病院を見た人におすすめ!千葉県の病院