第一東和会病院

所在地: 大阪府
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師
看護師数: - 病床数: 243床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

年間オペ件数約4600件 救急医療から緩和ケアまで
配置基準7:1、PNS、教育体制/福利厚生充実の当院で『いま』求められる看護師になりましょう
男性看護師約60名も活躍中(男性比20%超)※全国平均約7%

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 第一東和会病院の理念 

 私たちは「愛」と「和」の精神を大切にします。
 そして患者さまの人権を尊重し、
 「地域の皆さまに信頼され愛される病院」を目指します。

看護部長からのメッセージ

第一東和会病院看護部長
土井 佐知子

看護部長からのメッセージ

現在医療や看護を取り巻く環境の変化は著しく、患者さまの高齢化・重症化が進む中、当院では24時間、365日救急搬送を受け入れ、患者様の緊急対応を行っています。
患者さまにやさしく、安全・安心な看護の提供ができる看護師を育成するため、人事評価制度とラダーに合わせた教育プログラムを作成し、教育担当者や認定看護師と共に、看護師の教育にも力を注いでいます。
私たちの教育方針は、「共育(共に育つ)~GROW TOGETHER」です。
看護スタッフ同士が共に認め合い、共に成長する看護師を育成していきたいと考えています。
笑顔で元気なことが自慢のスタッフと共に、働いてみませんか。

先輩からのメッセージ

新卒入職 先輩ナース
佐藤 百華

看護部ボイス

1年目は、まわりの状況を把握することで精一杯だったのが正直なところです。しかし研修で学んだことをしっかり復習し、分からないことがあれば先輩に質問するようにしていたところ、2年目になると少しずつ患者さまの状態を考えながら動くようになり、3年目にはまわりのスタッフの方々の動きも見えるようになってきました。このように、学んだ知識や技術を実践につなげられるようになってきたところが、自分なりに成長できたことだと思います。また、チームの一員として患者さまが回復される力になれたことで、看護のよろこびを感じるようになりました。

リーダーを担うキャリアになってきたので、これからは積極的に自分の意見を発信するなど、リーダーシップを発揮していきたいですね。そして、スキルアップを支援してくださる看護部の体制を活用して、呼吸器ケアに関する専門性を高めていきたいと考えています。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 昭和57年6月
院長名 田中 源重
看護部長 土井 佐知子
病床数 243床
職員数 -
患者数 -
診療科目 内科、血液内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、消化器外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、循環器内科、 消化器内科 、 糖尿病・内分泌内科 、ペインクリニック内科 、乳腺外科、 女性泌尿器科、耳鼻いんこう科、 特殊外来(呼吸器内科、神経内科、肝胆膵内科、リウマチ膠原病内科、腫瘍内科、物忘れ外来、脳血管専門外来、胆石外来、ヘルニア外来、肛門外来、禁煙外来)
センター・施設
看護体制 -
看護方式 パートナーシップナーシングシステム(PNS)
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、手術看護、糖尿病看護、皮膚・排泄ケア
病院所在地 〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17
アクセス 高槻駅/高槻市駅から市バスで約5分
URL 「第一東和会病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育・研修制度

新人研修

看護部の教育体制について

当院はすべてのスタッフを欠かすことのできない“人財”ととらえ、「急性期病院で求められる質の高い看護を実践できる看護師の育成」を教育理念に掲げています。

教育方針は「“共育“(共に育つ)〜GROW TOGETHER」。「相手の長所を認め、自分自身の成長につなげる」、「成功体験を次のステップアップにつなげる」、「信頼し合い、励まし合う」姿勢を重視し、一人ひとりが看護のプロフェッショナルとしてキャリア開発できることはもちろん、人としても成長していける教育を行っています。

教育体制

PNSについて

看護体制はパートナーシップナーシングシステム(PNS)を採用。先輩とペアで行動することで相談・報告がタイムリーにでき、不安の軽減に。また先輩の対応をお手本にすることで成長につながります。

教育体制

メンター制について

新人看護師の不安や悩みの相談、毎日の業務の指導・サポートを行うメンターナースが、グループごとにつきます。お姉さんのような身近な存在として、スムーズに業務や部署のスタッフに馴染めるようバックアップしてくれる心強い存在です。グループ間で連携することで、できる限り新人看護師とメンターナースの勤務が合う体制を整えています。

・メンターナースの役割
新人の仕事の不安や悩みの解消、業務の指導、育成を行う
メンティへの技術指導状況確認や精神的なフォローを行う
他のスタッフとの関係性を見守る
職場に馴染みやすくなる関係性をつくる
1対1ではなくグループで新人看護師の育成に努めることで、1人で責任を負うことなく全スタッフが指導し、マネジメントの技術を身につける
メンターナースはメンティのより身近な存在となり得るという認識のもと、新人教育に携わる

教育体制

eラーニングについて

2018年度よりeラーニングを導入。基礎習得コース、中堅コース、リーダー育成コース、看護研究コースなどを設け、一部はラダーの必須受講項目にもなっています。医療安全・感染対策や認知症看護など、多岐にわたる興味深い項目が盛り込まれており、研修の予習・復習として、日々の業務の振り返りとして、また院内研修のツールとして活用されています。

専門・認定看護師

資格取得のための支援制度

様々な資格取得を目指す人達を積極的に支援し、資格取得をサポートできるキャリアアップ支援制度があります。資格取得に必要な教育機関の学費や受講中の給与の支給があり、経済面でもバックアップしています。看護のスペシャリストとして医療法人東和会が担う医療を共に実践し、充実したサービスを提供できる環境を整備していけるように先進的キャリアアップ体制をサポートします。

専門・認定看護師

認定看護師の紹介

【がん化学療法看護認定看護師】北岡 由里子

がんの治療には、手術療法・薬物療法・放射線療法があります。がん薬物療法は全身に対する治療であり、患者様を全人的にとらえて援助していくことが大切になります。がん化学療法看護認定看護師は、患者様が自分の力で薬物療法に参加していけるように、セルフケア支援や精神的・社会的なサポートを行っています。医療の進歩に伴い、色々な薬剤がどんどん開発され、今までになかったような副作用も出るようになっており、患者様へのサポートがますます重要になってきます。当院の外来化学療法室でも、患者様が「安全・安心・安楽に治療を受けられる」ために、様々な職種のスタッフがみんなで協力しながら患者様をサポートしています。

職場の雰囲気

私の一日

朝のカンファレンス
夜勤担当者からの情報とカルテから収集した情報をもとに、観察のポイントなどを確認。

検温・観察
患者さまの小さな変化に気づくため、バイタルサインだけでなく顔色や表情などもチェック。

引き継ぎ・申し送り
リーダーにその日の看護内容を報告し、リーダーから夜勤担当者へ申し送り。

日常風景

脳神経外科
Men's会 当院には約60名の男性NSが在籍しています!
CT

病棟紹介(手術室)

年間手術件数4,600件以上、6室の手術室で総勢30名のスタッフでフル稼働

手術室は6室あります。年間手術件数は4,600件近くあります。
そのうち全身麻酔は2500件です。スタッフ総勢30名で日々の業務に携わっています。
当院手術室は、他職種、病棟と連携し、安心・安全な手術室を目標に手術看護を実施しています。手術を受ける患者さんの不安な気持ちに寄り添い、周手術期をサポートしています。
医療の高度化により、手術看護の分野でも、高い専門性が求められている中、2014年より手術部独自のクリニカルラダーを導入し、キャリアアップに繋げています。また、現在「周術期管理チーム」認定看護師が5名在中し、他のスタッフも資格取得や幅広い知識と熟練した技術向上日々取り組んでいます。

病棟紹介(4階 北病棟(48床))

緩和ケアチームと連携し、患者さまだけではなく、ご家族を含めた看護を提供

4階北病棟です。
当病棟は消化器内科、循環器内科、消化器外科を中心に患者様を受け入れています。また、がん患者さまを中心に診断から治療、化学療法、看取りまで緩和ケアチームと連携し患者さまだけではなく、患者さまを支えるご家族を含めた看護を提供しています。
幅広い年齢層のスタッフが集結しており、心配事があれば相談でき、安心して仕事ができる環境です。常にみんなで声をかけながら、笑顔が絶えない病棟です。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院