社会医療法人祥和会 脳神経センター大田記念病院

※病院動画公開中!
※遠方の学生はWEB面接OK!

~Challenge to Continue~
変化に挑み、私たちの医療を未来へとつなぐ
★全国有数の脳神経系症例数
★急性期から在宅まで地域医療を支える病院
 SCU→急性期病棟→回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟
 →通所リハビリテーション・訪問看護


募集職種
  • 看護師
病床数 213床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 SCU3:1、急性期一般入院料2、地域包括ケア病棟13:1、回復期リハビリテーション病棟13:1
全病棟2交代勤務
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

社会人としての第一歩、一年目の歩み方、基礎的ビジネスマナーなど、個人に合わせた教育を心がけています

あせらない、急がせない、その人らしく育てることを目標にしています。
卒後1年目は基礎をしっかり学び、自信をもたせるためのカリキュラムを設定、プリセプター制度とコーチ制度を導入しています。
集合研修も踏まえ、プリセプターシップを取り入れ1年間継続して行います。
◎病院オリエンテーション
◎新社会人スタートアップ研修(2~3週間 他職種合同)
◎各部署ローテーション研修
◎プリセプターによるフォローアップ研修
◎人事主催のベーシックスキル向上の研修(階層別に合わせた研修内容を実施、他職種合同)

国内外への学会発表の推奨・奨励を行っています

看護研究発表会

さらに上を目指す看護を深めていくため、国内外の多くの学会・研究会に参加し、日々の実践から得られた知見を発表を推奨しています。
全職員を前に部署ごとに取り組んだ研究内容を発表する院内発表会を年4回開催。さらに日本脳卒中学会をはじめ様々な学会が全国各地で開催されますが、どこへでも参加して勉強・発表することができます。
看護研究論文の審査が通過すれば海外の国際学会への参加も可能です。そのための論文英訳・通訳などのバックアップは惜しみません。
(写真:INTERNATIONAL STROKE CONFERENCE 2013 in Hawaii)

資格取得支援制度

脳卒中リハビリテーション看護師2名在籍/その他認定看護師へ挑戦中の職員も複数在籍

認定看護師・大学印進学等、さまざまな資格取得に対し応援しています。
脳卒中に関する高度な看護技術・知識を持った看護師の育成を目的とした院内認定看護師制度を設けています。育成講座を修了して院内試験に合格すれば、日本看護協会の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格取得に向けた半年間の養成講座にトライできます。受験費用・交通費・入学金・授業料は全て受講中も病院が負担。毎月基本給が支給されます。救急医療に携わる看護師には、ICLSやJPTECのインストラクターの資格取得に向けた研修会への参加支援も行っています。

個別の指導も充実

個人のペースに合わせて、しっかり技術を習得。

プリセプター以外の教育専従や、教育を担当する副部長等が個人の成長に合わせて指導します。
コンパクトな病院だからこそ、教育担当や責任者の目が届き、アットホームで学びやすい環境が出来ております。

配属後の研修

全体の研修を終え、各部署へ配属後も週一回は新卒全員集まって研修を受けます。

4月は職種横断の全体研修がメイン。5月からは各部署をローテーションで体験し、その後配属を決めます。
配属後も新人仲間たちと敵機的に研修があるので、みんなの様子も伺えます。

全職種合同の新人研修 ~キャリアとしての第一歩を確実にふみだす為に~

全職種合同の新人研修で他職種の同期ともしっかりコミュニケーションが取れます。

社会人としての基礎を構築する為、まずは全職種合同の研修を行います。
基礎的なビジネスマナーもしっかり習得できるので、病院の外でも恥ずかしくない新人社会人になれると思います。
ワールドカフェ形式で、多くの同僚とすぐに親睦が深まるでしょう。

資料をダウンロードする

教育とキャリア支援の資料です。是非ご覧ください。

※ダウンロードできる資料はパンフレットの一部分のみです。
病院全体や看護部全体についての資料はご郵送にて手配いたしますので、お気軽に「資料請求」からご依頼下さい。

ダウンロードする

社会医療法人祥和会 脳神経センター大田記念病院(広島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院