神奈川県立病院機構

【神奈川県立病院機構】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

4つの専門病院と1つの総合病院を運営する神奈川県立病院機構なら、きっとあなたが目指す看護が見つかります!プリセプター制をはじめたとした豊富で緻密な研修プログラム、専門・認定看護師取得等の就学支援や、病院間異動や県立養成施設等との交流制度により、あなたの様々なフィールドでの活躍をサポートしていきます。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 1692床
外来患者 2400名 入院患者 1281名
看護体制 各病院ごとに異なります
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 足柄上病院、こども医療センター、精神医療センター(2014年12月1日芹香病院・せりがや病院が統合)、がんセンター及び循環器呼吸器病センターの5病院は、2010年4月1日から神奈川県が設立した「地方独立行政法人神奈川県立病院機構」の下で運営しています。
神奈川県立病院機構は、引き続き県立病院として、1.県の政策医療として行う高度・専門医療 2.広域的な対応が必要な救急医療、災害時医療、感染症医療  3.地域の特殊性等から地域だけでは実施が困難な医療 4.各県立病院の特性を生かした医師・看護師等医療従事者の人材育成、という4つの基本的な役 割・機能を担うとともに、質の高い医療を安全で安心な形で、かつ患者の視点に立って提供していきます。


【足柄上病院】
県立病院唯一の総合病院である当病院は、患者さん、地域の皆さん、職員が病院に愛着を持ち、病院を大事にしているところが温かく魅力的です。患者さんの立 場に立った「診療の補助」はもちろんのこと、看護独自の「日常生活支援」にも力を入れ、質の高い看護を提供するとともに、患者さんの生きる力を支えていま す。


【こども医療センター】
当センターは、小児病院、肢体不自由児施設および重症心身障害児施設の三つの施設からなる小児総合医療・福祉機関です。今後もますます高度化する医療に対 応した看護を提供できるよう看護局全体で努力するとともに、お子様一人ひとりの生活の質の向上や成長発達の支援ができるような看護の提供に努めています。


【精神医療センター】
当センターは、精神病院法に基づくわが国3番目の府県立精神病院として、昭和4年3月から診療を開始した「芹香院」と、昭和38年4月に全国に先がけて 麻薬中毒患者専門医療施設として収容治療を開始し、その後神経症、アルコール依存症、薬物中毒等の患者を対象に治療を行ってきた「せりがや園」を統合し て、平成2年4月に神奈川県立精神医療センターに組織を改正しました。また、その際に名称も「芹香病院」、「せりがや病院」に改称し運営してまいりまし た。
平成26年12月に新病院での運営開始と共に両病院が統合し、「神奈川県立精神医療センター」とし、323病棟(許可病床)で診療業務を行うこととなりました。


【がんセンター】
当センターは、神奈川県のがん医療を担う専門病院です。エビデンスに基づいた質の高い医療を提供するとともに、患者さんとご家族との信頼関係を大切にした 心あたたかい医療を目指しています。看護局のミッションは、がんと共に今を生きる患者さんに寄り添い、その人らしさを大切にした最良の看護を提供すること です。


【循環器呼吸器病センター】
当センターは、循環呼吸の超急性期から慢性期までの良性・悪性疾患、内科的・外科的な治療の必要な患者さんを対象とした専門病院です。看護局の基本理念は 患者さんとご家族の尊厳と権利を尊重した信頼される看護を提供することです。他職種と協働して、患者さんの闘病生活や病気と共存して生活していくことを支 援し「感動看護」を行っていきます。


先輩からのメッセージ

【神奈川県立病院機構】(神奈川県)の先輩からのメッセージ

先輩ナース
先輩ナース

周りのサポートで安心して一人立ち

3年目になりやっと仕事に慣れてきましたが、まだまだ分からないことが多く、優しい先輩看護師や医師に教わりながら頑張っています。最近はプライマリーナースとして患者さんを担当し、早期に自宅退院が出来るよう、先輩看護師よりアドバイスを受けながら考え関わっています。まだまだ未熟な私ですが、少しずつできることが増え充実した日々を過ごしています。

【神奈川県立病院機構】(神奈川県)の資料を請求する 【神奈川県立病院機構】(神奈川県)に問い合わせする 【神奈川県立病院機構】(神奈川県)に応募する

神奈川県立病院機構(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院