> 一般財団法人神奈川県警友会

一般財団法人神奈川県警友会

一般財団法人神奈川県警友会の写真

「アメニティ」「ホスピタリティ」「インターナショナリティ」の3つのテーマに基づいて設計。“みなとみらい”の地上13階、地下3階建ての高層病棟で働いてみませんか!

「財団法人神奈川県警友会」は1933年に高額な医療費のため十分な治療を受けられなかった警察官のために設立されました。その翌年には、横浜市中区山下町に「警友病院」が開院、職域病院としてだけでなく、ひろく県民の皆様に対しても医療活動を行ってきましたが、設備一新を機に1996年に「みなとみらい21地区」に新築・移転し、病院名も「けいゆう病院」と改め、今日に至っています。
スタートした当初351床だった病床数も、2000年9月には50床の増床、同時に手術室の増設を行い、増加する一方の手術にもゆとりをもって対応できるようになりました。現在では、さらに一歩進んで予防医学を積極的に進めるために健診部の拡張も行っています。
これからも高度な医療を提供し、患者様に優しい病院をめざして常に成長し続けるけいゆう病院でありたいと思います。
エキスパートナースによる助産外来・看護外来を立ち上げました!!
1:妊婦さんのための「助産外来」では、妊婦さんや褥婦さんの乳房管理や保健指導を行っています。
2:化学療法を受ける患者さんのための「外来治療室」では国際アロマセラピスト(IFA)が医師や他職種の協働のもと、リンパマッサージ等を行っています。
3:糖尿病認定看護師が糖尿患者さんのフットケアやインスリン注射指導、セルフケアの支援を行っています。

2020採用情報

2019採用情報