> 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター

国立研究開発法人 国立国際医療研究センターの写真

当センターで伝統を大切にしながら、時代にあった看護を築いていきませんか。一緒に「あたたかい看護」をめざしましょう。

当センターの設立目的は、「国際的な対応を特に必要とする感染症やその他の疾患について、診断治療を行うとともに、これらの疾患や医療の分野における国際医療協力に関する調査研究、医療専門家の派遣、技術者の研修等を総合的に行う高度専門医療センターとして、わが国の医療分野における国際貢献の拠点とする」ことです。
看護部は、「人間の尊厳を基に最善の全人的医療を提供するとともに、その教育・研究を実践し、地球的視野から社会の健康と福祉に寄与することを自らの使命とします」という病院の理念の基、あたたかい看護の提供を目指し努力しています。
当センターは急性期の総合病院です。看護部では優れたジェネラリストを育成するために、経年別の教育計画に基づく院内研修とクリニカルラダーによる臨床実践能力の評価を行っています。看護職員の一人ひとりが目標をもっていきいきと成長できる環境を整えていきたいと努力しています。
また、役割別研修及び全職員型研修を取り入れているとともに、多様な院外研修への参加を促すことで、看護職員の学ぶ機会が充実するよう努めています。病院説明会で詳しく説明します。是非お越しください。
 
当院ホームページに2019年度の募集パンフレット、病院説明会・インターンシップのお知らせを掲載しましたので、ぜひご覧ください。説明会・インターンシップのお申し込みはメールで受け付けています。
 

2020採用情報