> 船橋市立医療センター

船橋市立医療センター

船橋市立医療センターの写真

患者さんに信頼される医療を目指します

病院理念 私たちは、高度で良質な医療を提供し、患者さんとのふれあいに満ちた信頼される病院をめざします。

船橋市は、人口56万人を擁し、平成15年4月に中核市へ移行しました。保健所は市で設置され、市民福祉を一層向上させるとともに、「生き生きとしたふれあいの都市・ふなばし」の実現に取り組んでいます。
当センターは、開院当初から、高度医療・二次救急を担う中核基幹病院として、地域医療機関と密接な連携を図りながら、市民の医療需要に応えてきました。市内の医療機関と密接に連携したオープンベッド方式を導入し、地域医療の充実に努めています。三次救命救急センターを併設し、また消防局や医師会との協力のもと全国で初めての24時間体制のドクターカーの運用をはじめとして、救急医療の面でも体制強化が図られてます。
また、平成22年1月に緩和ケア病棟を開設予定です。さらに、厚生労働省より地域がん診療拠点病院の指定を受けるなど地域の拠点病院として重要な役割を果たしています。

2020採用情報

2019採用情報