国立病院機構 大分医療センター

所在地: 大分県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: - 病床数: 300床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

「愛の心・手」で病める人々に寄りそう医療
人の尊厳・権利を尊重し「愛の心・手」で 最良の医療サービスを提供します

最新イベント情報(2023/12/21更新)

直近開催の見学会・説明会 2024/3/16 病院見学会
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

当院は大分市の東部地区にあり、地域医療支援病院、大分県がん診療連携協力病院、災害派遣医療チーム大分DMAT指定病院として地域に根差した医療を提供しています。
急性期医療の他、地域包括ケア病棟、訪問看護ステーションを有しており、『愛の心・手で病める人々に寄り添う医療』を理念に地域から選ばれる病院を目指しています。

<看護部からのメッセージ>
当院は地域包括ケア病棟、訪問看護ステーションを有する地域密着型の急性期病院です。急性期から終末期の患者を通して多様性のある看護を経験し、自身のナースキャリアを発展させることができます。
当院の看護師から診療看護師(JNP)が誕生し、認定看護師や特定行為研修修了者の育成も行っています。
ぜひ、「信頼される看護・安心できる看護」の理念のもと、一緒に心のこもった質の高い看護を提供しましょう。

看護部長からのメッセージ

看護部長
山田 展代

互いを思いやりながら関係の質を高めるチーム医療を

「「愛の心・手」で病める人々に寄り添う医療」という病院理念のもと大分医療センター看護部は、まさに愛の心・手でもって患者さんやご家族の思いをしっかりと受けとめ、共に考え、個々に応じた専門的な看護が提供できるように努めております。

病院の中で半数以上を占める看護部の果たす役割は重要です。
看護職員一人ひとりが互いを思いやりながら関係の質を高めてチーム医療の中で協働することで更なる患者サービス向上につながるよう努めています。

変化の目まぐるしい現代、看護を生業とする専門職として各人が自己をみつめ自律的に学び自己を高めていくことのできる看護職員育成を目指しております。
今後も、地域の方々の医療ニーズに応えられ、質の高い看護が提供できるよう看護部として取り組んでまいります。

先輩看護師からのメッセージ

地域包括ケア病棟
波戸 麻耶

スキルアップができる環境が整っています

 私は、地域包括ケア病棟に勤務して2年目になります。
患者・家族が希望される自宅や施設へ退院できるよう、多職種と連携しながら看護を行っています。
最初は、わからないことも多く不安もありましたが、病棟スタッフに支えてもらいながら安心して働くことができています。
また、ラダー研修も充実しており、スキルアップができる環境が整っています。
ぜひ、皆さんと一緒に働くことを楽しみにしています。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
院長名 奈須 伸吉
看護部長 山田 展代
病床数 300床
職員数 400人
患者数 外来:247人/日 入院:173人/日
診療科目 神経内科、腎臓内科、血液内科、外科、整形外科、呼吸器外科、消化器外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、泌尿器科、産婦人科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、乳腺外科、心臓外科、病理診断科、糖尿病科、膠原病内科
センター・施設
看護体制 看護単位:9看護単位
夜勤体制:3交替(5看護単位)/2交替(1看護単位)
看護方式 チームナーシング
受け持ち制看護
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、皮膚・排泄ケア
専門看護師 専門看護師が活躍しています
治験管理看護師、地域医療連携室看護師、退院調整看護師
病院所在地 〒870-0263 大分県大分市横田2丁目11番45号
アクセス JR日豊線大在駅より徒歩15分(1.1km)
URL 「国立病院機構 大分医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育体制・研修制度

新人研修

新人教育

当院ではプリセプターだけでなく、部署の看護師全員がそれぞれの役割を持ち看護師育成に関わります。教えることを通して教育をする側も受ける側も共に成長していくことを目標としています。

新人看護師(キャリアラダーⅠ)

基本的な看護技術を実践と演習を組み合わせて学ぶ

3週間程度の研修があります。前半は講義中心で組織人として社会人としての基礎を学びます。後半は看護技術や接遇などを講義で学び臨床で実際を見学をします。

国立病院機構全国140病院統一の看護職員能力開発プログラム

ACTyナース(アクティナース)

国立病院機構が目指す看護師像を「ACTyナース(アクティナース)」と呼びます。

「ACTyナース(アクティナース)」とは、Art,Theory(専門的知識と技術を有し、主体的に実践する)、Caring(倫理観に基づいた質の高い看護の提供)、Teamwork(多職種と協働)、Coordinate(看護におけるマネジメント)、Corching(後輩と共に学び合う)、Create(研究し看護を創造する)の6つの看護実践力を備え、国立病院機構の理念にそった看護提供できる看護師です。看護師として共に学び合い、共に成長し合い、皆さんの「やりたい看護」を共にみつけましょう。

同期との時間づくり

ピアサポート

同期の仲間で集まる時間を、研修日に時間内に作ります。
新人看護師の仲間がつながり、支えあえるようにしています。

九州グループ主催研修

看護の専門性を高める「エキスパートナース研修」

九州グループの28病院の看護師を対象とした10コースのエキスパートナース研修を開催しています。
それぞれのコースにおいて、専門の病院で講義・実習を行っています。

職場の雰囲気

日常風景

チームカンファレンスの様子
回診の様子
内視鏡検査・治療の様子

3階病棟

循環器内科、整形外科、泌尿器科

心臓カテーテル治療や手術を受ける患者さんの看護を提供しています。リハビリテーションチームと協力し、退院後の生活を踏まえた看護を提供しています。

2階病棟

外科、呼吸器外科、婦人科、泌尿器科

周術期看護を行っています。手術後の患者さんの早期回復を図るため疼痛コントロールを行い、早期離床を含め看護をセラピストと連携して行っています。