独立行政法人国立病院機構 あきた病院

所在地: 秋田県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 264名 病床数: 340床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

思いやりの心を育てる癒しの環境で、一人ひとりを大切にしていきいきと働ける職場を提供します

最新イベント情報(2024/04/02更新)

直近開催の見学会・説明会 随時開催 【あきた病院】病院説明会
新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

当院は、神経難病・筋ジストロフィーなどの神経・筋疾患、重症心身障がい児(者)に関する専門的な医療及び結核医療等を行っております。また、秋田県の難病医療ネットワーク事業に参加し、難病医療ネットワーク事業の協力病院としての役割も担っています。なお、日本神経学会の教育関連施設にも指定されております。
 
 
 ■平成26年3月に新棟が完成し、気持ちよく仕事ができています。職員宿舎も同時期に完成し、大変好評です。
 
 
 ■あきた病院看護部は病院理念である「心のこもった癒しの医療」のもと、患者さん一人ひとりの気持ちに寄り添い、安全・安心な看護に努めています。また多職種と協働しながら、患者さんやご家族に満足していただける病院を目指しています。
 
 
 ■教育
 ・「気づく力」「考える力」「想像する力」を育み、患者さんに寄り添える看護師の育成に力を入れております。看護師一人一人が目指す看護を実践し、看護の振り返りをしながら乗り越える力をつけ、自律した看護師を目指せるよう支援しています。
 ・院内研修のほとんどは時間内に実施され、院外研修や認定看護師資格取得等への支援を行い、皆さんのワークライフバランスを大切にしながらキャリアアップをしていただける環境を整えています。
 

先輩看護師からのメッセージ

国立病院機構 あきた病院
新人看護師 佐々木麻未

先輩ナース インタビュー

▼就職して1ケ月が経ち、印象に残っていることを教えてください。
患者さんができることは自分でできるよう食事などの際に、それぞれの患者さんに合った自助具を用いて援助していたことです。個別性のある看護を提供できるよう、患者さん一人一人に向き合うことの大切さについて改めて実感することができました。

▼あきた病院を選んだ理由を教えてください
患者さんとじっくり関わり、思いに寄り添うことで、意思表示が困難な患者さんへも望むケアを提供できると思い、あきた病院を選びました。

▼看護師を目指す皆さんへ
新人教育が充実しており、沢山のことを学びやすい環境だと思います。自分の目指す看護像に向かって一緒に成長していきましょう。応援しています!

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設日 昭和22年4月1日
院長名 奈良 正之
看護部長 小山 三恵子
病床数 340床
■一般病床 334床
■結核病床 6床
職員数 422人(うち、看護職員数264人)
患者数 外来:42人/日 入院:325人/日
診療科目 内科、歯科、小児科、外科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、眼科、脳神経内科、整形外科、皮膚科、呼吸器内科
センター・施設
看護体制 障害者施設基準7:1
看護方式 固定チームナーシング
固定チームナーシングと一部機能別
認定看護師 認定看護師が活躍しています
感染管理
病院所在地 〒018-1393 秋田県由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢84-40
アクセス 病院ホームページでご確認ください
URL 「独立行政法人国立病院機構 あきた病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 秋田大学医学部保健学科
秋田看護福祉大学
日本赤十字秋田看護大学
由利本荘医師会立由利本荘看護学校
秋田県立衛生看護学院
秋田しらかみ看護学院
秋田市医師会立看護学校
青森県立保健大学
弘前大学医学部
青森中央学院大学
弘前医療福祉大学
弘前学院大学
NHO弘前総合医療センター付属看護学校
NHO山形病院付属看護学校
仙台赤門短期大学
医療創生看護大学
岩手医科大学
          他

教育体制・研修制度

新人研修

新採用者 オリエンテーション

職員としての自覚を持ち、組織の一員として行動できる事を目的とした研修です。

新採用者研修

看護技術研修

看護上必要な基本的技術の習得ができる研修です。
人工呼吸器は必須です。

新採用者研修

リフレッシュ研修

あきた病院職員としての帰属意識を高め、他職種への理解を深めると共に新人同士の結びつきも強まります。

新採用者研修

急変時の看護

急変時想定のロールプレイングやBLS研修を通して実践に備えます。

新採用者研修

他病棟研修

配属以外の病棟で2日間実習し、政策医療の専門的な看護を経験できます。

新採用者研修

採用1年目振り返り研修

一年を振り返り、2年目の課題を明確にします。

職場の雰囲気

私の一日

7:00 起床
8:00 出勤
8:30 朝の申し送り
9:00 おむつ交換・更衣

10:00 検温・処置
11:30 食事介助
12:45 休憩(昼食)

14:00 記録・カンファレンス
16:45 夕方の申し送り
17:15 業務終了

日常風景

先輩とモデル人形を使って吸引の練習
患者さんとじっくり時間をかけてお話を聞きます
【専門領域研修】褥瘡研修

先輩看護師インタビュー

プリセプター

▼看護師になってやりがいや楽しいと感じること
患者さんが前向きにケガや病気の治療・診療を受けるためには、精神的なケアも重要になると思います。患者さんが安心して検査や治療を受けられた時や患者さんだけでなくその家族の不安に対してもサポートできた時にやりがいを感じることが多いです。

▼あきた病院を選んだ理由を教えてください
わたしは最初、神奈川県の病院に勤めていましたが、あきた病院で働いている姉から「患者さんとより密に関わることができ、充実した日々を送っている」という話を聞いており、私もそのような職場で働きたいと思い、あきた病院を選びました。

▼看護師を目指す皆さんへ
看護師という仕事は専門性が高く、仕事に就くまでには資格取得はもちろんのこと、様々な疾患やケガに対する総合的な知識が必要になります。大変な思いをすることも多いと思いますが、それに負けずにぜひ看護師を目指して頑張ってください!

先輩看護師インタビュー

副看護師長

▼副看護師長になって、やりがいや楽しいと感じたことは何ですか
副看護師長となり病院全体を通して視野を広く持ち行動していくことや、病棟や患者さんに起きている問題を率先して、スタッフを巻き込みながら取り組んでいくことにやりがいを感じます。病院の理念である「心のこもった癒しの医療」ができるようスタッフの手本となり看護を提供していくことを大切にしていきたいです。

▼あきた病院を選んだ理由を教えてください。
私は結婚を機に青森病院からあきた病院へ来ました。青森病院もあきた病院同様、長期入院の患者さんが多く、意思疎通の難しい患者さんもいます。その患者さんたちに対して安全安楽な看護を継続して実践していきたいという気持ちがあり、あきた病院を選択しました。

▼看護師を目指す皆さんへ
看護師は命を守る責任のある仕事です。だからこそ患者さんの思いや変化に気づき患者さんの身体的・精神的苦痛を少しでも軽減できるような看護を一緒に実践しましょう!