浜松医療センター

所在地: 静岡県
病院形態: 財団法人
募集職種: 看護師 助産師 保健師
看護師数: 568人 病床数: 606床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

【2年ぶりにインターンシップを開催いたします】
新型コロナウイルスの影響で中止していたインターンシップを、2年ぶりに開催いたします!
対象は2024年4月採用者となります。奮ってご参加ください!!

新病院建設中!2024年オープン予定!!

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 浜松医療センターは、浜松医科大学関連教育病院であるばかりでなく、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院でもあり、先進医療技術センターや健診センターも併設し、高度な機能を有する606床の病院として、救急・災害医療をはじめ小児・周産期医療など地域で必要とされる公的な事業を行っています。本年も新旧交代となって来られた医師共々、これらの領域を強化していきます。 

 

 浜松医療センターは、開放型病院として診療所の医師が病院の医師と共同して診療にあたるオープンシステムを取り入れており、診療所・病院、さらには浜松医科大学との深い連携のもとに、時代のニーズに応えた最新・最善、かつ安全な、患者第一主義の医療を浜松市民に提供することを目指し、かつまた市民の健康増進や疾病予防にも努めてまいります。 

 

 浜松医療センターは、何よりもインフォームドコンセント(説明と同意・理解)の徹底により、患者の皆様の立場を尊重した医療に努力し、浜松市民に開かれた、安心して医療を受けられる病院でありたいと思っております。そのためにはすべての職種の専門家が、一人ひとりの患者の皆様ごとに有機的に連携・協力していかなくてはなりません。日進月歩の医学医療に関する調査・研究や教育・研修を怠らず、職員一同日々努力を惜しみません。 


 ★おすすめ!ポイント★
  

◆2024年、新病院がオープン予定!ハイブリッド手術室や、ロボット支援手術室、高度ICUなどを備えた最新の高度医療が提供できる病院になる予定です。
  

◆救命・救急センター、災害医療、小児、周産期センターをはじめ高度医療を提供しています!
  

◆市内、県内でも群を抜いて離職率が低い働きやすい病院!
 病院、看護部で働きやすい環境を常に考え環境を整備しています。 

◆市内・市外、県内・県外を問わずたくさんの学校から就職いただいています!
採用実績 令和3年度入社 新卒:64名、既卒:3名
令和5年度向けの採用は、新病院オープンへ向けて85名の大募集!
  

◆様々な休暇制度があり、実際休暇が取りやすい職場です!
 年次有給休暇(平年次20日:令和3年取得実績平均17.7日)、夏季休暇(令和3年度付与実績8日)・・・等
 ※詳しくは募集要項をご欄ください。
 ・有給を利用して連続休暇可能!看護長が勤務シフトを作成する際、お休みの希望を叶えてくれます!
 例1)産婦人科病棟助産師 8月21日~25日の5連休(公休、有給、有給、公休、公休)
 例2)整形外科病棟看護師 8月17日~22日の6連休(公休、夏休、夏休、夏休、有給、公休)
 例3)結婚特休 9月20日~10月1日の12連休(公休5日、結婚特別休暇7日)
 
 ◆看護部のこだわり
 自分が患者さんに提供できることは何かを考え、主体的に看護実践できる人材、
 患者さんに対し、思いやりと共に、専門知識に基づき支援できる人材を育てています。
  

看護部長からのメッセージ

看護部長
杉山 由香

学生の皆さんへ

看護部は、病院理念である「安全・安心な、地域に信頼される病院」を原点とし、患者さんやご家族、他の職種とも良好なコミュニケーションを図りながら連携し、質の高い看護サービスを提供できるよう努めてまいります。
今、目の前の患者さんに自分ができる最善の支援は何かを考え、思いやりを持ちながら看護実践できる看護職を求めます。適切な観察力と誠実で丁寧な看護を提供できる人材の育成を目指し、教育・研修に取り組んでいます。 
また、看護職がやりがいを持ちいきいきと看護実践できるよう、多くの仲間と看護を語り合い、お互いに励まし成長できる職場づくりを目指します。

先輩からのメッセージ

3号館7階病棟
先輩ナース

新採用看護職員の抱負

新しい環境で看護師として働かせていただくことになり不安だらけですが、多くの先輩ナースの方々の背中を見て日々成長できるよう頑張りたいと思います。配属させていただく部署には手術をされる方が大勢いらっしゃいます。少しでも不安が少なく安心して手術に臨めるよう笑顔を忘れず、患者さんに寄り添う姿勢を忘れず看護ができるように頑張ります。

病院概要

病院形態 財団法人
開設者 浜松市長 鈴木康友
開設日 昭和47年
院長名 海野 直樹
看護部長 杉山 由香
病床数 606床
職員数 943人(うち、看護職員数568人)
患者数 外来:1010人/日 入院:519人/日
診療科目 神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、人工透析科、リウマチ科
センター・施設 救命救急センター、ICU集中治療室、CCU循環器疾患集中治療室、NICU新生児集中治療室、PICU母体胎児集中管理治療室、手術室、内視鏡室、消化器病センター、周産期センター
看護体制 チームナーシングを基本とし、受け持ち制で行っています。
(病棟によっては、プライマリーナーシングを取り入れています)
看護方式 プライマリーナーシング
認定看護師21名 専門看護師1名 在籍
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、小児救急看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、乳がん看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、他
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護
病院所在地 〒432-8580 静岡県静岡県浜松市中区富塚町328
アクセス 浜松駅北口バスターミナルからの交通案内(遠州鉄道バス)
バス14分
URL 「浜松医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 東京女子医科大学看護専門学校、帝京大学、信州大学、岐阜医療科学大学、静岡県立東部看護専門学校、東海アクシス看護専門学校、浜松医科大学医学部(看護学科)、静岡済生会看護専門学校、静岡市立静岡看護専門学校、聖隷クリストファー大学、浜松市立看護専門学校、静岡市立清水看護専門学校、静岡県立大学看護学部(看護学科)、静岡医療センター附属静岡看護学校、静岡医療科学専門学校、島田市立看護専門学校、静岡県立大学短期大学部、中部大学、中部看護専門学校、愛知医科大学、地域医療機能推進機構中京病院附属看護専門、豊橋市立看護専門学校、名古屋市立中央看護専門学校(助産学科)、一宮市立中央看護専門学校、国立病院機構名古屋医療センター附属名古屋、蒲郡市立ソフィア看護専門学校、名古屋大学、三重県立看護大学、四日市看護医療大学、学校法人京都育英館京都看護大学、京都医療センター附属京都看護助産学校、明治国際医療大学、園田学園女子大学

教育・研修制度

新人研修

新人技術トレーニング

採血から始まった新人技術トレーニング、学生時代なかなか体験できなかった技術を手順にそって一つひとつ丁寧に学びました。研修医、他施設からのナースの参加もあり、相互演習によって患者さんの気持ちも体験することができました。研修企画は担当委員達のアイデアがいっぱい詰まっていて、愛情を感じるものでした。
今後は病棟で実践を繰り返し行うことで自分の技術としていきます。集合研修から病棟の先輩方へバトンを渡します。よろしくおねがいします。

新人3ヶ月研修

― The 禅 ―

西鴨江町の西見寺で、新人3か月研修を行いました。
2019年、新たに看護部の仲間入りをした新人は46名。研修のテーマは「The禅~語り合おう、今の自分 見つけよう、これからの自分~」です。
爽やかな風が通り抜ける静かな環境で、坐禅をし、自分と向き合う時間をもちました。その後、井上光典住職の講話を聴き、グループに分かれて意見交換をしました。
みんな仲間であることに気づき、看護師を志した時の気持ちを振りかえり、気持ちを新たに頑張っていこうという前向きな気持ちになっていました。

参加者の声:
 「座禅をして自分を見つめることができた。プリセプターがちゃんと自分のことを見ていてくれた。(入職時に比べ)できるようになった事が増えたと思った。前向きに頑張っていきたい。」

「患者と向き合えていないんじゃないかと悩んでいた。みんなも同じ悩みを持っていて安心した。頑張ろうと思った。」

キャリア研修

ポートフォーリオで未来をデザイン

今年で4年目の研修です。この研修では自分のキャリアゴールについて1日かけてじっくり考えることができます。堅苦しいものではなく、自分の看護師という職業を意識したのはいつからなのかを思い出す、過去を振り返ることから始まります。今年は3歳から意識していた方がいました。

メンバーシップ研修

one for all , all for one ~ 絆 ~

蜆塚遺跡公園でメンバーシップ研修がありました。曇り空で途中雨がパラっとしましたが、研修生は皆元気に研修に取り組むことができました。研修では4つのグループに分かれ、グループごとに課題に挑戦していきます。なかなか難しい課題のため、グループで相談をしないとクリアできません。その過程から自己のメンバーシップを振り返っていきます。日頃の自分の行動、これからの課題を考える良い研修となりました。

プリセプター制度

小児病棟

・新人看護職員
入職してから数か月経つ今、毎日どんなことが起こるかな、無事に1日を終えられるかなと不安になることがあります。そんな中、プリセプターの先輩は何度も「大丈夫?」「回れてる?」と気にして声をかけてくれます。かっこよくて、とても信頼できる先輩です。

・プリセプター
プリセプティは疑問に思ったことを積極的に調べたり勉強しています。いつも明るくコミュニケーション力が高いので、自分がいない時でも他のスタッフに聞きながら、和気あいあいと仕事をしています。私もいつも元気な彼女に、パワーをもらっています。

プリセプター制度

救命救急センター

・新人職員


プリセプターはいつも気を配ってくれ、疑問点や困っていることに対して優しくアドバイスをしてくれとても頼りになる先輩です。まだ仕事を始めて間もなく、わからないことばかりですが、経験のあるプリセプターがいることで悩みを解決できたり、自分の今の課題を見出すことができ、日々成長できていると実感しています。

・プリセプター
今年度初めてプリセプターとして関わらせていただいています。プリセプティとは仕事に必要な知識について一緒に勉強したり、仕事外では呑みに行ったりしています。「年上の後輩」という関係ですが、彼の一生懸命な姿に、自分自身も先輩として一緒に頑張ろうと刺激をもらっています。

職場の雰囲気

私の一日

点滴準備、作成場面です。注射処方箋と注射薬剤を手指さし、声出し確認して手順を順守しています。

朝の伝達場面です。昨日の病棟状況、手術患者さんの状態、本日の入退院、手術予定などを看護長から聴いています。

手術後の患者さんの創傷処置場面です。
清潔操作で行うことを大切に、創部の観察を処置時にして、患者さんへの声のかけ方にも配慮します。

日常風景

委員会:災害リーダー会
手術室
多職種カンファレンス

がん放射線療法看護 認定看護師

鈴木 有佳里

がん放射線療法看護認定看護師として…
放射線療法を受ける患者さんやご家族が、安心して治療に臨める環境作りを心がけています。安全・安楽に治療が継続、完遂できるように、副作用の予防や症状コントロールを行う支援をしています。

緩和ケア認定看護師

吉川 陽子

緩和ケア認定看護師として…
緩和ケアとは、主にがん患者さんやそのご家族の身体や気持ちの「つらさ」、生活上の「心配」などに対して、一つ一つ丁寧にお話を伺いながら対応策を一緒に考え、つらさなどが和らぐように支援する医療です。


この病院を見た人におすすめ!静岡県の病院