甲南医療センター・六甲アイランド甲南病院・甲南加古川病院【公益財団法人 甲南会】

所在地: 兵庫県
病院形態: 財団法人
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 587人 病床数: 920床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

□甲南医療センター(計461床)
□六甲アイランド甲南病院(計198床)
□甲南加古川病院(計118床)

採用面接は「直接面接」と「WEB面接」を導入(ご希望に応じます)
病院見学会も内容を変更して説明会として行います
詳細はHP、ブログをぜひご確認ください

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 公益財団法人甲南会 甲南医療センター・六甲アイランド甲南病院は、阪神間モダニズムが息づく神戸市東灘区にあります。甲南医療センター(旧 甲南病院)は、小説「ミーナの行進」、アニメ「涼宮ハルヒの消失」等の舞台になった病院であり、周囲には、「神戸ハイカラ文化」が感じられる建築物、芸術、文化、生活様式をみることができます。
病院からの帰り道、庭園のあるカフェ、神戸を代表するコーヒー店、焼きたてパンとそれにあう料理を提供するキッチンが私たち(看護師)の癒しの場となっています。
 甲南医療センターは、2022年3月に461床の高度急性期・急性期の病院としてグランドオープンしました。六甲アイランド甲南病院は、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を有する回復期の病院です。
甲南会の看護の特徴は「つながる看護」にあります。ひとつの公益法人の中で、高度急性期(甲南医療センター)、急性期(甲南医療センター)、回復期(六甲アイランド甲南病院)、在宅(甲南老健、訪問看護ステーション)と様々なステージの患者さんを看護しています。法人内の看護師が、救急⇒ICU⇒急性期病棟⇒回復期病棟⇒訪問看護と患者さんの命と療養生活をリレーのバトンのようにつないで支えています。
法人内の施設間異動は、毎年秋に看護職全員を対象に行われる意向調査をもとに看護師の希望に添った施設で働けるように看護部長間で調整しています。
 

 【甲南医療センター】
神戸東部地域の基幹病院として「断らない救急」を行動指針に365日24時間稼働しています。ICU8床 手術室10室、31診療科があります。全室個室の緩和ケア病棟があり開設者の「悩める病人のための病院」を88年経た今も大切にしています。 
 
 【六甲アイランド甲南病院】
甲南医療センターと連携を持ち、病院運営をおこなっています。甲南医療センターをはじめ近隣の急性期の病院から、リハビリが必要な脳神経外科、整形外科の患者さんが、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟に転院してきます。チーム医療が充実しています。 
 
 【甲南加古川病院】
人工関節センターを中心に、周手術期とリハビリテーションを受ける患者さんの医療に貢献している地域に根差した病院です。敷地内で栽培したハーブを使った手浴・足浴は患者さんからも好評です。
 
地域包括ケアシステムの中で、施設ではなく在宅で療養される患者さんも増えてきました。甲南会では現在2箇所に訪問看護ステーションを展開しています。特に甲南加古川病院、六甲アイランド甲南病院の訪問看護ステーションは入院時から訪問看護を見据えた関わりを行っています。
 
これからも甲南会の「あたたかい看護」を継承しつつ、高度急性期→急性期→回復期→慢性期→在宅と「つなぐ看護」を提供していきます。

看護部長からのメッセージ

看護師として働く自分をデザインする

2022年、甲南医療センターは461床の急性期病院になりました。地域医療支援病院として六甲アイランド甲南病院及び地域の医療機関や施設と連携し急性期から在宅まで継続した医療を提供しています。
88年の歴史を持つ甲南医療センターは、創立時より人の手による温かな看護を大切にしてきました。
この歴史をつなぎ、学習や実践によって培われる知識と確かな技術、患者さんやその家族との関わりによって育まれる倫理観、そして仲間と共に成長する豊かな人間力、それらをそなえた看護師の育成に努めています。
緑に囲まれた病院、甲南医療センターで、共に働き共に成長しましょう。

先輩からのメッセージ

甲南医療センター
看護師

みんなで悩み、喜び、成長できる教育体制です。看護提供方式はPNSを導入しています。

●1年目看護師
「看護師として4月から働き始めて、日々疑問に思うことや不安なことなどが多くあります。しかし、PNSでパートナーの先輩と共に働くことで、その場ですぐに相談ができるので心強いです。また、先輩と情報共有を行い、技術だけでなく優先順位なども指導をいただけるので、日々学びが増えて成長に繋がっています。」

●パートナーシップで日々看護に取り組んでいる看護師の声
「日々パートナーと看護を行うことで、お互いの良さを引き出しながら、患者さんにとってより良い看護ができるように心がけています。パートナーは新人看護師と組むことが多く、初心に返ることができたり、新たな気づきがあったりと、自分の看護観を広げることができ、充実しています。」

●後輩を指導するうえで日々心掛けていることは
「手術室ではスタッフ間のチームワークが重要であると考えています。お互いに意見を言い合い、情報共有を行うことで、患者さんにより安全・安楽な手術を受けていただけるよう日々努力しています。経験年数などを気にして遠慮することなく、それぞれの意見を尊重して業務に取り組めるような雰囲気づくりを意識しています。」

病院概要

病院形態 財団法人
開設者 平生釟三郎
開設日 昭和9年
病床数 920床
●甲南医療センター
合計461床
(一般病床406床、緩和ケア病棟22床、ICU8床、小児25床)

●六甲アイランド甲南病院
合計198床
(一般病床35床、地域包括ケア病床103床、回復期リハビリテーション病床60床)

●甲南加古川病院
合計118床
(一般病床40床・障がい者病棟41床・地域包括ケア病床40床)
職員数 1234人(うち、看護職員数587人)
患者数 -
診療科目 内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、リウマチ科、糖尿病内科 総合内科 緩和ケア内科 乳腺外科 形成・美容外科
センター・施設 血液浄化・腎センター、糖尿病センター、消化器病センター、血液浄化センター、認知症疾患医療センター、健診センター、人工関節センター
看護体制 ●甲南医療センター
一般急性期病棟 7:1

●六甲アイランド甲南病院
一般急性期病棟 10:1 回復期リハビリテーション病棟 地域包括ケア病棟

●甲南加古川病院
一般急性期病棟 7:1、一般病棟(障がい者)10:1、地域包括ケア病棟 10:1(加算含む)
看護方式 パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS) PNSとは、看護師二人がパートナーとなり、看護業務を一緒に実践し、看護師個々をパートナーやチームメンバーで補完、協力し合い、患者さんに必要な看護ケアを効果的に提供できる看護体制です。
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、透析看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、慢性心不全看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
慢性疾患看護、急性・重症患者看護
病院所在地 〒658-0064 兵庫県神戸市東灘区鴨子ヶ原1-5-16
アクセス ●甲南医療センター
阪急御影駅/JR住吉駅/阪神御影駅からシャトルバス

●六甲アイランド甲南病院
阪急住吉駅/阪神魚崎駅より六甲ライナーに乗り、六甲アイランドセンター駅下車。

●甲南加古川病院
加古川駅からバス
URL 「甲南医療センター・六甲アイランド甲南病院・甲南加古川病院【公益財団法人 甲南会】」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 関西看護医療大学
関西国際大学
姫路大学
関西福祉大学
甲南女子大学
園田学園女子大学
神戸市看護大学
神戸常盤大学
神戸大学
兵庫医療大学
兵庫県立大学
兵庫大学
公立若狭高等看護学院
京都府医師会看護専門学校
明治国際医療大学
奈良学園大学
奈良文化高等学校
藍野大学・藍野大学短期大学部
宝塚大学
梅花女子大学
森ノ宮医療大学
大阪信愛女学院短期大学
近畿大学附属看護専門学校
行岡医学技術専門学校
大阪青山大学
大阪府病院協会看護専門学校
公立八鹿病院看護専門学校
神戸看護専門学校
神戸市医師会看護専門学校
西宮市医師会看護専門学校
西神看護専門学校
相生市看護専門学校
姫路医療センター附属看護学校
姫路市医師会看護専門学校
播磨看護専門学校
丹波市立看護専門学校
はくほう会医療専門学校
平成淡路看護専門学校
兵庫県立日高高等学校
兵庫県立総合衛生学院
宝塚市立看護専門学校
兵庫県立龍野北高等学校
山陽学園大学
岡山医療福祉専門学校
ソワニエ看護専門学校
倉敷翠松高等学校
川崎医療短期大学
岡山県立真庭高等学校
岡山県立津山東高等学校
順正高等看護福祉専門学校
創志学園高等学校
倉敷看護専門学校
広島文化学園大学
尾道市医師会看護専門学校
山口県立大学
山口県立防府高等学校
YIC看護福祉専門学校
平生看護専門学校
四国大学
徳島県立富岡東高等学校羽ノ浦校
香川大学
藤井学園寒川高等学校
香川看護専門学校
香川県立高松南高等学校
今治看護専門学校
松山看護専門学校
聖カタリナ学園高等学校
高知大学
高知開成専門学校
高知県立高知東高等学校
高知中央高等学校
九州文化学園高等学校
向陽高等学校
長崎玉成高等学校
純真学園大学
国際医療福祉大学
精華女子高等学校
美萩野女子高等学校
九州看護福祉大学
玉名女子高等学校
熊本中央高等学校
城北高等学校
有明高等学校
大分東明高等学校
別府溝部学園高等学校
宮崎医療福祉専門学校
鵬翔高等学校
出水中央高等学校
鹿児島県立野田女子高等学校
鹿児島医療福祉専門学校
尚志館高等学校
沖縄看護専門学校
那覇市医師会那覇看護専門学校

教育・研修制度

新人研修

自分らしいキャリアを築けるように、さまざまな学習機会を用意しています。

新人教育の概要
入職後は各病院での研修と、法人全体のフォローアップ研修があります。
定期的に同期のみんなと会って情報交換し親睦を深めることはもちろん、現場を離れたところで、専門職としての仕事への向き合い方や、自分の看護実践、キャリアについてじっくり考えること、病態生理や看護倫理について学ぶことも大切にしています。

4月● 入社式、入職オリエンテーション● 感染対策・スタンダードプリコーション研修
5月● 1ヶ月後フォローアップ研修(日々の振り返り)● 褥瘡ポジショニング研修
6月● 3ヶ月後フォローアップ研修(BLS、フィジカルアセスメント、オリエンテーリング、看護実践の振り返り)
7月● 医療安全KYT研修
8月● 看護倫理研修
10月● 6ヶ月後フォローアップ研修(フィジカルアセスメント、PNSマインド)
11月● 輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱いについて
12月● 呼吸器の取り扱いについて
1月 ● 9ヶ月後フォローアップ研修(1年間のまとめ)

教育制度(ステップアップ研修)

イキイキと輝く看護師を育てるため研修を通じて、 頑張る人を応援します。

ステップアップ
中堅看護師になってくると、それぞれのキャリア支援と並行して、関心のある分野の知識や技術を深める支援があります。
また、部署の中で中心的役割を担えるよう、リーダーシップ論、マネジメント論、人材育成論、キャリア支援論などの研修を通して、チーム運営や協働について学びます。
他部署や他病院の同じような立場の人とのグループワークを重ねる中で、自分の部署や自分自身を違った角度から客観的に見られるようになります。

■後輩支援役割研修
 実地指導者など後輩支援ナースを育成するための研修会。講義やグループワークを通して現状を分析し、問題点を見出し、解決策を導き出すことで、主体的に後輩支援の役割を担えるようプログラムされています。
■フィジカルアセスメント研修
 患者の観察方法について「なぜ」観察が必要なのか、講義及びグループワークを繰り返し、じっくり思考過程の可視化をしていきます。内容は患者情報の考え方、フィジカルアセスメントの実際、重症化予測などが含まれます。研修生の状況に合わせて「基礎編・中級編・上級編」の難易度別の研修を受講することができ、実践力がアップします。

研修センター

イキイキと輝く看護職員を育てるため研修センターを設置

看護研修センターは3病院2施設の看護職員継続教育を組織的にサポートする機関です。専従の看護職員が常駐し、グループ合同で行う集合研修の企画・運営や個別の看護技術トレーニングも行っています。何事にも積極的に取り組み、自ら学ぶ意欲のあるあなたを支援します。

トレーニングセンター

『トレーニングセンター』でスキルの不安解消

看護職として知識や技術が未熟なうちは不安も大きいことと思います。トレーニングセンターは、臨床現場と同じ器材を使用し、採血や吸引、基本的なケアを何度でも自分が納得できるまで練習ができ、自信を持って患者さんに接することができます。

職場の雰囲気

私の一日

○日勤

08:30 日勤業務開始 情報収集
08:45 ラウンド 点滴 保清
11:00 リーダーへの報告 看護記録
11:30 昼食の準備
11:50 配膳
12:00 配薬 食事介助 下膳 口腔ケア
12:30 休憩
14:00 ラウンド 点滴 移送
15:00 カンファレンス
16:00 最終ラウンド 看護記録
17:15 業務終了

○夜勤
16:15 夜勤業務開始 情報収集
16:30 点滴 内服準備
17:30 ラウンド
18:00 配薬 食事介助 下膳 口腔ケア
19:00 ラウンド 看護記録
22:00 消灯 リーダーへ報告
22:30 休憩
0:00  ラウンド
01:00 仮眠
02:00 ラウンド
04:00 ラウンド
05:00 看護記録

06:00 ラウンド 採血
08:00 配膳 朝食
08:30 引き継ぎ 看護記録
08:45 コスト確認 後片付け 業務終了

日常風景

福利厚生

「プライベ-トも充実しています」

仕事は覚えることがたくさんありますが、わからないところは、自分で調べ、先輩にアドバイスをいただき充実した日々をすごしています。先輩は丁寧に指導してくださるので、とても働きやすい環境です。病院が用意してくれたマンションに入居しています。
 コロナ前は、休日は友人と一緒に遊びに行ったり、自宅に招待したりしていましたが、今は「オンライン食事会」を楽しんでいます。


この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院