医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

所在地: 愛知県
病院形態: 民間(病院・企業等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 836人 病床数: 704床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

わたしたちの仲間のなかに、あなたの「めざす姿」がきっと見つかる。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

【刈谷豊田総合病院について】
  刈谷豊田総合病院は、刈谷市・高浜市、トヨタグループ8社からなる医療法人豊田会によって運営される総合病院です。 
「社会貢献」を基本理念に掲げ、「患者第一主義」の姿勢を貫き、西三河を中心とする地域の中核病院として、
  救急医療やがん診療など、医療の高度化・専門化を進めています。

看護部長からのメッセージ

看護部長 ・ 認定看護管理者
石川 眞理子

「患者さんにとってよい医療とは何か」

看護部では、「病院設立の精神を基盤として、社会の変化・医療の進歩に伴い、その時代の要請に応じた看護を提供していきます」という理念のもと、患者・家族の皆さまの想いに寄り添う質の高い看護を目指しています。

それを実現するためには、笑顔で生き生きと働くことができる環境、皆が誇りと自信を持つことが重要だと考えています。

“専門的知識” “揺るぎない技術” “苦しみを共感できる心” を兼ね備えた看護職員の育成に努め、「いつでも、どこでも、誰にでも、笑顔で優しく」を合い言葉に、患者・家族の皆さまが「その人らしく」生活を続けられるよう、看護職員一人一人が「患者さんにとってよい医療とは何か」を常に考え、取り組んでまいります。

先輩からのメッセージ

看護師(ICU所属)
プリセプティー(左)と プリセプター(右)

対談 ~入職から1年が過ぎて~

●プリセプター
刈谷豊田総合病院を選んだ決め手は?

○プリセプティー
インターンシップ・病院説明会に参加した際に、病院の雰囲気が明るく、コミュニケーションが活発で、スタッフの笑顔が印象的であると感じました。また、教育体制がしっかりしている環境で働きたいと思っていたので、自分の理想像を叶えられる病院に近いと感じ、選びました。

●プリセプター
入職して1年が過ぎた感想は?

○プリセプティー
ICU/救命救急センターに配属された当初は、思っていた以上に業務が繁忙で、毎日先輩の後ろ姿を追いかけるばかりでした。しかし、つまずいた時も挫けそうな時も、先輩に声をかけていただき、毎日頑張ることができています。患者・家族から「〇〇さんが受け持ちで嬉しい。」と言われた時は、涙が出そうなくらい嬉しかったです。

●プリセプター
これからの目標は?

○プリセプティー

ICU/救命救急センターの看護師として、知識・技術・経験を積んでいき、スタッフからも患者・家族からも頼られる看護師になりたいです。また、認定看護師などのキャリアアップも視野に入れながら、自己研鑽に励んでいきたいと思います。

ナース専科からひとこと

メディアにも度々取り上げられる最新医療設備を備えた病院です!是非、一度足を運んでみて下さい。

病院概要

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 昭和38年3月
院長名 田中 守嗣
看護部長 石川 眞理子
病床数 704床
職員数 1729人(うち、看護職員数836人)
患者数 外来:1589人/日 入院:573人/日
診療科目 内科、脳神経内科、腎臓内科、循環器科、内分泌科、歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、リウマチ科
センター・施設 救命救急センター、ICU、CCU、周産期母子医療センター(産科一般病床・NICU・GCU)、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、化学療法センター、内視鏡センター、脳卒中センター、循環器センター、高気圧酸素治療室、健診センター
救急指定 三次救急
看護体制 7:1
看護方式 セル看護提供方式®・KTGH看護方式(チームナーシング+ペア体制)
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、訪問看護、慢性心不全看護
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、急性・重症患者看護
病院所在地 〒448-8505 愛知県刈谷市住吉町5丁目15番地
アクセス JR東海道線・名鉄三河線 刈谷駅南口より徒歩15分
URL 「医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 ■4年制大学
愛知県立大学、金沢大学、岐阜医療科学大学、岐阜大学、静岡県立大学、椙山女学園大学、鈴鹿医療科学大学、中部大学、名古屋市立大学、名古屋大学、日本赤十字豊田看護大学、日本福祉大学、人間環境大学、藤田医科大学、三重県立看護大学、三重大学、四日市看護医療大学 その他多数

■短大、専門学校等
愛知県立総合看護専門学校、愛知県立桃陵高等学校、安城市医師会安城碧海看護専門学校、岡崎市立看護専門学校、名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校、名古屋市医師会看護専門学校、名古屋市立中央看護専門学校、西尾市立看護専門学校 その他多数

教育・研修制度

新人研修

一人ひとりが思い描く看護を

当院は『自分の夢がもっとふくらんでゆくような職場』でありたいと考えています。プリセプター制度を導入し、各看護単位ごとに教育担当者を配置。一人ひとりの夢の実現をサポートします。
マナー研修や新人教育など、病院組織全体の研修体制も整えています。クリニカルラダー(NET)を導入し、ラダーレベル2までは一人前の看護師への養成課程と考え、看護部の責務として研修を業務時間内に行っています。

NET

Nurse Education System of Toyota-kai

NETは入職から臨床実践能力に応じた教育プログラムです。
入職3年目までは社会人・看護師としての基礎研修を重視。その後も、「専門性を高めたい」「管理職として組織に貢献したい」など、あなたのチャレンジをサポートする教育が受けられます。

職場の雰囲気

私の一日

「プリセプター&プリセプティ~ ~いつも見守ってもらえる安心~」
 各部署の教育担当者・新人教育担当者が中心となって教育をすすめています。患者さんにとって最善の看護を提供できるよう、個人の視点ではなくペアやチームで補完し合う体制をとっています。先輩看護師のサポートのもと日々成長していくことができ、経験が少なくても安心して患者さんと関わることができます。

「多職種カンファレンス ~患者さんを思う気持ちは同じ~」
 複数の医療専門職で連携し、医療の質の向上に努めています。各部門の専門家とコミュニケーションをとることにより、様々な面から患者さんにとってよりよいケアを実践することができます。

職員旅行

職員旅行

15コースのバラエティに富んだプランから好きなコースを選べます。同じ職場同士や同期など、仲のよいグループで自由に参加できます。心身もリフレッシュされ、職員間の親睦も深まります。

男性看護師の交流

「男性看護師会」 通称:男子会

様々な病棟で活躍している男性看護師が定期的に集まり、お互いの看護やなりたい看護師について語り合うなど、交流を深めています。プライベートでもボーリングやキャンプに行ったり、仲のよさが自慢です。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院