社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院

私たちは、肢体不自由児・重症心身障害児・者の方々に、医療やリハビリテーション、看護ケアを提供しています。その医療は病気を治すためではなく、日々の生活をしやすくするための医療です。
日々の苦痛が少なく、楽しく生きることが人生の目的。
「その時」だけでなく「ずーっとケアする」ということを、その人たちが生きることを、私たちが支えています。


募集職種
  • 看護師
病床数 120床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7対1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

病院形態 民間(病院・企業等)
開設日 1970年5月
院長名 理事長 鈴木恒彦  院長 川端秀彦
看護部長 増田恭子
病床数 120床
肢体不自由児病棟40床、重症心身障害児者病棟80床

5F   生活介護・児童発達支援事業 なでしこ、厨房、地域交流スペース
4F   医療型障害児者入所施設 フェニックス、ショートステイ
3F   医療型障害児者入所施設 フェニックス、ショートステイ
2F   医療型障害児入所施設 わかば、手術室
1F   各診療室、児童発達支援センター ふたば、リハビリテーション室、障がい児歯科
職員数 412人(うち、看護職員数102人)
患者数 -
診療科目 歯科、小児科、小児外科、整形外科、リハビリテーション科、泌尿器科、児童精神科
センター・施設 【1】医療型障害児入所施設(東住吉区)わかば(主として肢体不自由児)【2】医療型障害児者入所施設 療養介護事業(東住吉区)フェニックス(主として重症心身障害児者)【3】重症心身障害児 短期入所(東住吉区)【4】生活介護・児童発達支援事業(東住吉区)なでしこ 【5】児童発達支援センター(東住吉区)ふたば(主として肢体不自由児)【6】児童発達支援事業(東住吉区)あおば【7】児童発達支援センター(港区)あさしお園(主として肢体不自由児)【8】児童発達支援センター(港区)ゆうなぎ園(主として難聴児)【9】訪問看護ステーション(東住吉区)めぐみ【10】訪問介護ステーション(東住吉区)めぐみ ※大阪発達総合療育センターは、上記10施設の総称です
看護体制 7対1
看護方式 チームナーシング
受け持ち制看護
看護記録:フォーカスチャーティング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
摂食・嚥下障害看護
病院所在地 〒546-0035 大阪府大阪市東住吉区山坂5丁目11番21号
アクセス JR阪和線「鶴ケ丘」駅下車 東へ徒歩約5分
URL 「社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 京都大学、大阪府立大学、長野県看護大学、滋賀県立大学、高知県立大学、東海大学、関西医療大学、園田学園女子大学、藍野大学短期大学部、大阪医療センター附属看護学校、大阪南医療センター附属大阪南看護学校、大阪労災看護専門学校、大阪病院附属看護専門学校、大阪警察病院看護専門学校、大阪済生会中津看護専門学校、パナソニック健康保険組合立松下看護専門学校、行岡医学技術専門学校、清恵会医療専門学院、大阪府医師会看護専門学校、大阪府病院協会看護専門学校、久米田看護専門学校、小阪病院看護専門学校、堺看護専門学校、大阪保健福祉専門学校、浅香山病院看護専門学校、ハートランドしぎさん看護専門学校、奈良県医師会看護専門学校、奄美看護福祉専門学校、沖縄看護専門学校等

社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院