国立循環器病研究センター

2019年7月 岸辺駅前(吹田市岸部新町)に新築移転致しました!
これまで以上に診察・研究の機能を充実させ、最先端医療技術の開発と実用化を推進します


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 550床
外来患者 622名 入院患者 490名
看護体制 一般病棟 7:1 集中治療室 2:1 3:1 4:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

私の一日

職場の雰囲気

新人看護師

国循フェスタ

日常風景

チーム一丸となって、患者さんの早期回復を目指します!!(1階 CCU病棟)
人工透析室では、入院患者さんを対象とした透析を行っています。
看護を語り合い相互に成長しあえる看護チームを目指しています。(10階東病棟)

7階東病棟 新人看護師

新人看護師のBLSシミュレーション

7階東病棟では、新人看護師2名のBLSシミュレーションを行いました。

心室頻拍で意識消失、呼吸停止した患者に、戸惑いながらも今までに身に付けた知識と技術をフル活用して対応し、まだ実際に体験したことのない急変場面を実感として認識することができました。

7階東病棟は不整脈の患者さんが多く入院される病棟であり、急変が起こるリスクが高い病棟です。

これからも、この様なシミュレーションなどを通して、BLS・ACLSの技術を磨いていきたいと思います!!

手術室

手術室の朝は、全体カンファレンスから始まります。

自分が担当する患者だけでなく、スタッフ全員が当日の手術症例を確認します。

その後、器械出し看護師、外回り看護師、フォロアー看護師で担当手術のカンファレンスを行い患者情報、疾患、術式、使用手術器械、インプラントの相互確認を行い、患者受け入れの準備を行います。

このカンファレンスの場は、教育の場であり、新人看護師の理解度の把握や指導に繋げています。
手術手技が高度化、複雑化すればするほどチームワークが重要になってくるので、手術室では、チームの「和」を大事にしています

国立循環器病研究センター(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院