初台リハビリテーション病院/船橋市立リハビリテーション病院

全国的にも有名な回リハ病院等を有しています!
グループとして1000名を超す職員を擁する法人です。共に働く仲間を募集しています。


募集職種
  • 看護師
病床数 -
外来患者 115名 入院患者 166名
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2021年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 ■初台リハビリテーション病院
回復期リハビリテーション病棟の役割は、「急性期病院から迅速に患者を受け入れる」「十分な医学的管理で合併症の併発を予防・治療しリハを軌道に乗せる」「必要十分なリハを集中的に提供する」「チームアプローチを駆使して出来る限りの機能向上・ADL改善を図る」「地域と連携を取りながら可能な限り家庭復帰を支援する」ことをしっかりと担うことにあります。また、退院後のさらなる機能回復や生活能力の向上、復学復職を支援するためには、生活期のリハビリテーションの機能を併せ持つことも重要です。
当院は回復期リハ病棟としての役割を担うべく、重症者にも対応できる医療・リハケア体制の整備、スタッフの量的および質的充実に向けた教育研修体制の構築、チームアプローチの徹底や情報共有の強化、急性期病院および地域医療・介護との連携推進、生活期リハの充実等、様々な取り組みを組織的に整備・実践してきました。

■船橋市立リハビリテーション病院
団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、効果的・効率的で質の高い医療提供体制の構築が図れるよう、国や地方自治体において、様々な施策が講じられつつあります。まさに、このような変革の時期の中で、地域においては、地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化と連携強化の更なる構築が求められています。
船橋市立リハビリテーション病院は、2008年4月開院以来、急性期病院、かかりつけ医、ケアマネジャー、入所・入院施設等関係機関の方々のご協力の下に連携を図りながら、入院から在宅まで一貫したリハビリテーションを実施できる地域リハビリテーションの中核施設としてその体制整備を図っております。
 

看護部長からのメッセージ

初台リハビリテーション病院 リハケア部 部長
大川 智恵子

初台リハビリテーション病院 リハケア部 部長挨拶

 2020年度がスタートしました。全世界で新型コロナウィルスとの闘いが続く中で、医療従事者の存在感に注目が集まっています。それぞれの医療機関が、与えられた役割・使命を果たすことと強く感じています。
 初台リハビリテーション病院は、多職種が病棟配属となりチームアプローチを実践するモデル的病院として、全国から認知されている病院です。職種の壁のない専門性を発揮する職能集団として、病棟が成り立っています。この多職種からなるメンバーで、患者担当のチームが作られます。定期的にカンファレンスを行い、各職種の専門性を尊重しながら、チーム方針が決定され、リハケアが提供されます。
 高品質の回復期リハビリテーション病棟の追求を掲げ、基礎知識に根差し

先輩からのメッセージ

船橋市立リハビリテーション病院 リハケア部 部長
川田 理恵

船橋市立リハビリテーション病院 リハケア部 部長挨拶

当院は開院から10年を超え、成熟してきたことを実感しつつ、課題の解決に向けて成長を続けている日々です。当院の最大の強みはチームアプローチです。医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・管理栄養士・薬剤師が、各チームに配属されています。各チーム50数名のスタッフが切磋琢磨しながら日々努力し、どの職種間にも垣根がなく、同じ目線で患者さんやご家族に向き合い、充実した仕事をしています。
 来年度は、医療と介護の診療報酬同時改定があり、回復期リハビリテーション病棟にも打撃があるかも知れません。しかし、今は自分たちのやるべき最大の使命である、患者さんとご家族を少しでも幸せに、輝ける人生を送ることできるように、スタッフ一同全力で取り組んでいこうと思っています。
 看護師のみなさん、患者さんが回復していく過程のお手伝いをしてみませんか。きっとやりがいがあり、自己の成長もできる仕事だと思います。

初台リハビリテーション病院/船橋市立リハビリテーション病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院