>   > 医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院

医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院

【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)から看護学生へメッセージ

≪錦秀会オリジナルインターンシップ≫
現場の教育・看護観を先輩看護師と一緒に体感しよう!

午前は看護・介護研修センターで注射などのシュミレーション体験
午後は希望病院(選択制)でリアルな看護体験してみませんか?
♪♪♪ インターンシップ参加者にはQuoカードをプレゼント ♪♪♪

私たちと看護の楽しさを一緒に見つけましょう!!
あなたの志を全力で応援します。


募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
病床数 1219床
外来患者 367名 入院患者 1141名
看護体制 ◎一般急性期病院
 阪和住吉総合病院(一般病床10:1)、
 阪和記念病院(一般病床10:1、ICU2:1、HCU4:1、障害者施設等10:1)

◎ケアミックス型病院
 阪和第二泉北病院(一般病床15:1、障害者施設等一般病床13:1、療養病床20:1、緩和ケア病床7:1、地域包括ケア病床13:1)
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

錦秀会グループは1957年の阪和病院の開院から今年で60周年の永い歴史を持つ医療法人。大阪南エリアの玄関口「住吉区我孫子」を基点に南西に広がる7病院2施設を併せ持つ医療法人グループです。総病床数は3,206床を数え、医療、介護、福祉の複合医療機関として関西で屈指の規模を誇り、「やさしく生命(いのち)をまもる」をテーマに地域住民の健康を支えています。

◎消化器センターがあり、急性期を担う「阪和住吉総合病院」
◎第二次救急指定、地域の救急を担う「阪和記念病院」
◎一般、慢性期、緩和ケアなど様々な機能を併せ持ちケアミックス型「阪和第二泉北病院」

これら3病院以外にも住吉区、堺市で医療療養型病院や訪問看護ステーションなど幅広い機能を展開しています。この規模があるからこそ自分のやりたい看護にマッチした病院に入職できるのが錦秀会の特徴です。入職後も異動希望を聞き、とことん自分の看護と向き合える体制を整えています。

★錦秀会・看護介護研修センター
錦秀会は看護師の教育に力を入れています!
2013年4月に、看護に必要な技術を実践教育できる≪看護・介護研修センター≫を設立しました。
研修センターでは、錦秀会グループの様々な分野で働く看護師が一斉に集まり定期的に研修を行ったり、経験豊富な先輩方の実学も生で学ぶことができます。普段聞けないことも直接質問でき知識・技術の向上が図れます。研修内容をすぐに業務に活かすことができるのも魅力です。

★インターンシップで看護体験を!!
この研修センターを利用して実際の教育体験ができるインターンシップを看護学生さん向けに毎月開催しています。さらに、希望病院でホンモノの看護体験や若手看護師のリアルな声を聞いていただくこともできます。
《体験者の声》⇒・午前中のシュミレーション研修で、たくさんの看護技術(清拭・洗髪・注射)を体験できて満足でした。・手術室で実際の手術風景を見学する機会があり、腹部にメスを入れる所から縫合する一連の流れを見ることができて大変印象深かったです。など

♪♪♪ あなたのやりたい看護を見つけるために、先ずはインターンシップに来てみませんか?

看護部長からのメッセージ

【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)の看護部長からのメッセージ

錦秀会グループ看護局 局長
福田 悦子

ひとりひとりの生き方に寄り添う看護

私たちは「やさしく生命(いのち)をまもる 」の理念の下、一人でも多くの患者さまに寄り添い、安全で信頼していただけるような看護を目指しております。その為には確かな知識・技術が必要不可欠であり、細やかで、心のこもった教育に力を入れ取り組んでいます。
また7病院2施設を有する大規模法人の良さを生かし、育児・介護と仕事の両立、個々に合った働く環境が選択できる等ワークライフバランス、キャリアアップの充実に努力しております。
是非一度見学にお越しください。

先輩からのメッセージ

【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)の先輩からのメッセージ

大阪府医師会看護専門学校卒業
Kさん

阪和第二泉北病院 2年目看護師

【仕事をするにあたって心掛けていること】
私は、スタッフ間での「報告・連絡・相談」を怠らないように心掛けています。わからない事や不安な事があると、患者様に迷惑を掛けてしまうことがあるので、少しでも自分が不安になり悩んだら先輩看護師や同僚に相談し、何かあった際にはすぐ責任者へ報告するようにしています。他にも、患者様の情報など、些細な事であってもスタッフ間で情報を共有して統一した看護ができるようにすることが大切だと日々感じているので、これからもスタッフ間でコミュニケーションを取り合うことをしっかり意識していきたいです。

【印象に残っているエピソード】
入院時より終末期で意識レベルが低く、酸素マスクをしている患者様がいました。ご家族様は「お風呂が好きなので入れてあげたい!」と希望されておりましたが、入浴できる状態ではなかったので、一緒に全身清拭を行ないました。そして、その数日後に患者様は亡くなられてしまい、私には何もすることができなかったなーと思っていたのですが、ご家族様から「あの時は清拭を手伝わせていただきありがとうございました」とメッセージを頂戴し、何もできていなかったのではなく、少しでもご家族様の心に寄り添う看護ができていたのかもしれないと感じる事ができて嬉しかったです。

【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)の資料を請求する 【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)に問い合わせする 【医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院】(大阪府)に応募する

医療法人錦秀会 阪和住吉総合病院 阪和記念病院 阪和第二泉北病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院