>   > 国立病院機構 奈良医療センター

国立病院機構 奈良医療センター

【国立病院機構 奈良医療センター】(奈良県)から看護学生へメッセージ

病院見学は随時対応しています。ぜひお問い合わせしてください。当院は、平成16年12月、国立病院機構西奈良病院と奈良病院が統合し、奈良医療センターとして発足しました。新たにがんなどの急性期医療に対応し、診療機能の充実を図っていくこととしております。


募集職種
  • 看護師
病床数 350床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択


 世界遺産に登録されている「古都奈良の文化財」に含まれる薬師寺が望める風光明媚な場所に当センターはあります。
今まで診療してきました慢性期呼吸器疾患(結核を含む)・重症心身障がい・筋ジストロフィー・神経内科的難病・脳卒中後のリハビリテーション・気管支喘息や肥満といった小児慢性疾患などに加え、新たにがんなどの急性期医療に対応していくためにMRI、CT、リニアック等を導入し、診療機能の充実を図っていくこととしております。
地域の皆さんに、少しでもお役に立つことを念願し、職員一同研鑽に励んでおります。

看護部長からのメッセージ

患者さまの「生きたい」に寄り添い、「生きるチカラ」を支える

一般医療の傍ら、重症心身障がい児(者)、筋ジストロフィー、神経筋難病、結核等の政策医療を担っております。対象となる患者さまは、疾患を抱えながら長い経過をたどられます。限られた療養環境の中で闘病しておられる患者さま・家族等の”生きたい”に寄り添い、”生きるチカラ”を支える看護を実践できるよう日々研鑽しております。特に新採用者に対しては、『国立病院機構看護職員能力開発プログラム』(ACTyナース:art create theory)に基づいて、概ね卒後5年で看護実践できる看護師育成を行っており、更に、平成26年度からは”PNS”を導入し看護実践能力向上に努めております。患者さま・家族等に信頼される看護を一緒に実践しましょう!

先輩からのメッセージ

【国立病院機構 奈良医療センター】(奈良県)の先輩からのメッセージ

平成27年度4月入職 看護師
大谷 尭正

”あたたかい”職場で共に学び、成長していきましょう!

 私は現在、脳神経外科・整形外科・内科の混合病棟で勤務しています。働いて約半年が過ぎ、先輩方のご指導やサポートもあり、少しずつ看護を行えるようになりました。病棟では、教育にパートナーシップ制度を取り入れています。先輩とペアを組み一緒に実践することで、先輩の知識や技術を直接学び、分からないこともすぐに相談でき、安心して看護を行うことができます。
 急性期や慢性期の状態にある様々な疾患を持つ患者さまが入院されています。患者さまに対して病態や個別性から必要な看護とは何かを日々考え、安全・安楽に看護実践が行えるように学びを深めています。まだまだ緊張や不安なことも多くありますが、患者さまの目線で考え、患者さまに安心してもらえる看護の実践を目指していきたいと思います。

【国立病院機構 奈良医療センター】(奈良県)の資料を請求する 【国立病院機構 奈良医療センター】(奈良県)に問い合わせする 【国立病院機構 奈良医療センター】(奈良県)に応募する

国立病院機構 奈良医療センター(奈良県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院